決算セール

ホームシアターのおすすめ14選【2019】スピーカーやプロジェクターなどを紹介

更新日:2019.5.31

osusume_home_theater_title

家庭で迫力のある映像と臨場感のあるサウンドを楽しめる「ホームシアター」。テレビのように左右のスピーカーから音を出す「ステレオ」とは異なり、ホームシアターでは前後左右から音で包み込む「サラウンド」方式が人気です。大画面のスクリーンや360度の迫力あるサウンドでお気に入りの作品が視聴可能。
そこで今回は、ホームシアターの選び方とおすすめ商品をご紹介します。

ホームシアターとは

ホームシアターは、テレビやプロジェクターなどの映像機器と複数のスピーカーを用いて、まるで映画館にいるような音響効果を楽しめる機器の組み合わせです。映画館に匹敵するレベルのクォリティの高いデジタルサラウンドが楽しめるモデルも販売しています。また、大迫力の音響が楽しめる環境を家族や友人と独占できるのも魅力的。上映中に会話したり、周囲の目を気にせず笑ったり泣いたりできるので、リラックスした環境で映画を鑑賞できます。

ホームシアター向けのスピーカーの選び方

スピーカーの種類

映像の音を立体的に伝える役目を担っているスピーカーは、ホームシアターには欠かせません。ホームシアターのスピーカーは、5.1chや7.1chなどがあり、形状によって主に2種類に分けられます。複数のスピーカーがケースでまとまっている一体型の「サウンドバー」は、設置の容易さやリーズナブルな価格帯がメリットです。バーチャルサラウンド対応の製品であれば、スピーカーをいくつも設置しなくても立体的なサウンドを楽しめるほか、サブウーファーが付いてくるタイプは、重低音もしっかりと響きます。一方、スピーカーが独立しているモデルは、設置は複雑ですが、スピーカー同士の間隔や音量を個別で調整可能です。部屋の間取りや家具の配置などに合わせてリスニングポイントを調整できます。

サブウーファーをチェック

サブウーファーとは、重低音を補強する箱型のスピーカーです。5.1chと表記がある場合、右にある数字の「.1」がサブウーファーの数を示しています。サブウーファーにもさまざまな種類があり、例えば密閉型は大出力ができるアンプが必要で、場所を取る大型のものが多い一方、低音の反応のよさが長所です。バスレフ型は、ボディに大きな穴があり、空気の力を使って低音を増幅するので、比較的小さなサイズのものでも迫力のある低音を再現することができます。アクション映画など迫力のある音を楽しみたい方はサブウーファーの有無をチェックしましょう。

スピーカーの出力をチェック

迫力のある音響を楽しむうえで欠かせないのが、ホームシアターシステムの出力(W)です。定格出力は継続して出力できるワット数を表し、最大出力は瞬間的に出力できるワット数を示しています。2.1chシステムでは、定格出力100Wあれば問題ありません。迫力のある音を楽しみたい方は最大出力の数字が高いモデルがおすすめです。

音声フォーマットをチェック

映像が持つ本来の音を最大限引き出すには対応しているサラウンド信号を確認しましょう。一般的にホームシアター用のスピーカーは、映像ディスクや放送などに使われる「Dolby Digital」に対応している製品が多数です。さらに「DTS-HD」や「Dolby TrueHD」などのHDオーディオなどの音源に対応しているものは、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

ホームシアター向けのプロジェクター・テレビの選び方

プロジェクターとテレビの比較

コスパの高いプロジェクター

プロジェクターは、投影できる画面の大きさや画質、距離などをチェックしましょう。画面の大きさは、60インチ以下だとディスプレイサイズでコンパクトになってしまうので、80インチ以上の表示が可能なモデルの方が、迫力のある映像が投影可能。ただし、100インチを超えると価格が高くなりがちですが、同じサイズのテレビと比較すると低価格で購入できるメリットがあります。また、プロジェクターからスクリーンに映像を投影する際に必要な投影距離も重要です。投写に必要な距離の範囲が狭いと設置場所が限られ、イメージ通りの大きさや画質で投影できなくなる場合があります。購入前に、使用する部屋の間取りや家具の配置などをしっかりチェックしましょう。

放送番組も楽しめるテレビ

テレビをホームシアターに導入すると、地上デジタル放送や衛星放送などのコンテンツやゲームなどの映像を、ホームシアターで楽しむことができます。迫力のある画像や鮮やかな色彩を楽しみたい画質重視の方は有機ELテレビがおすすめ。ピクセルが1つずつ点灯消灯できるので、引き締まった深みのある黒を再現できます。また、テレビ自体の厚さも液晶テレビの1/10程度とスペースをとりません。その分、価格が高くなりがちなので、コストパフォーマンスを重視するなら液晶テレビがおすすめです。バックライトの点灯する場所が細かく制御できる「部分駆動」に対応したモデルなら、有機ELのような深みのある黒を楽しむことができます。

プロジェクターはスクリーンもチェック

プロジェクターに合ったスクリーンは、写したい画面の大きさと投影距離に合わせて選びましょう。例えば、スクリーンのサイズが100インチ対応の場合は、投影距離の目安は約270〜330cmとなり、この範囲内ならきれいに投影が可能です。また、スクリーンの素材にはマットタイプをはじめ、ビーズ、パール、サウンドスクリーンなどがあります。種類によって保管方法や取り付け方法が異なるので、購入前にチェックしましょう。

ホームシアターとの接続方法をチェック

ホームシアターの接続方法には、HDMIケーブルなどの有線接続や無線接続があります。有線接続であれば、映像と音声を1本のケーブルでまとめて接続できるHDMIケーブル接続がおすすめ。複雑になりがちな配線をすっきりさせることができます。なお、4K映像の転送にはバージョン1.4以降のケーブルが必要なので、ホームシアターと一緒に準備しましょう。一方、無線接続にはWi-Fi接続やBluetooth接続があり、スマートフォンに入っている音楽を無線で転送して楽しめます。

ホームシアターにおすすめのスピーカー

ヤマハ YAS-207B

最大200Wの高出力が可能なサブウーファー付きのサウンドバーです。
ニュースやドラマなどの人物の声を鮮明に再現し、聞き取りやすくする「クリアボイス」機能を搭載。さらに、「DTS Virtual: X」対応で、前後左右に加えて上からの音を再現するバーチャル3Dサウンドを実現します。自宅にいながら映画館のような立体感のある音を楽しめることが魅力です

商品詳細を見る

BOSE Bose Lifestyle 650 home entertainment system Lifestyle 650

5.1chのパワフルで上質なサウンドが魅力的なスピーカーシステム。
接続や音場を調整する「UNIFY」が、テレビやレコーダーなどのソース機器との接続をサポートするので、機械の操作が苦手な方でも安心です。リアスピーカーは無線接続で、配線がすっきりします。また、音量を控えめにしながら楽しめる「ナイトモード」は、集合住宅にお住まいの方にもおすすめです。夜間でもお気に入りの映画やドラマを高音質で楽しめます。

商品詳細を見る

SONY HT-ST5000M

7.1.2chの9つのスピーカーが、立体感のある音響を再現するサウンドバーです。
天面のスピーカーの音を天井で反射して高さを表現する立体音響で臨場感が得られます。オーディオコーデックは、「DTS:X」と「Dolby Atmos」対応で、UHD BDとの相性も抜群。ハイレゾ音源対応で、厚みや深さのあるリアルな音が楽しめます。

商品詳細を見る

JBL Bar Studio

テレビとレコーダーへの接続に便利な「HDMI ARC」対応のサウンドバーです。
2.0chのスピーカーに加え低音を強化するデュアルバスポートを搭載で、臨場感のあるサウンドとパワフルな重低音を実現。また、デフォルトのサラウンドモードに加え、スタンダードやムービーなど5種類のサウンドモードで、自分の好みに合った音響に調整ができます。さらに、付属のブラケットを使用することで壁掛けの設置が可能。環境や家具の配置などに合わせて自由なレイアウトができます。

商品詳細を見る

Denon DHT-S316K

サウンドバーとワイヤレス・サブウーファーがセットになった2.1chのホームシアターシステムです。
中音域と高音域のドライバーを搭載することで、本格的なシアターサウンドを実現。Dolby Digital、DTS、AACのコーデックに対応で、デノン独自のアルゴリズムから生まれたバーチャルサラウンド技術によって、臨場感の溢れる音響を演出します。パワフルな低音が持ち味で、映画や音楽を楽しみたい方におすすめです。

商品詳細を見る

SONY HT-S350

デジタルアンプが音源の劣化を減らし、高品質なサウンドを楽しめるスピーカーです。
初心者向けの低価格モデルでありながら、「S-Master」や「S-Force PROフロントサラウンド」といったソニーが培った独自の音響技術を搭載。視聴者を包み込む音空間の再現性に優れている2.1chのサウンドに対応しています。サブウーファーは横置きもできるので、狭い部屋でも自由な設置が可能です。

商品詳細を見る

おすすめのホームシアター|プロジェクター

エプソン EH-TW650

スポーツ観戦やゲームを楽しみたい方や、これからホームシアターを始めたい方におすすめのプロジェクターです。
鮮やかな発色と明るい画質が楽しめる3LCD方式と、フルHDの解像度できれいな画質を投影可能。明るい部屋でも映画やテレビ、ゲームなどさまざまな映像を楽しめます。また、タテヨコ台形補正機能で、斜めや横からの投写も簡単に補正可能。2.3mで100型の投影ができるので、狭い部屋でも迫力の大画面を楽しめます。

商品詳細を見る

BenQ TK800

4Kの高精細な映像を投影して楽しめる家庭用プロジェクターです。
「フットボールモード」や「スポーツモード」などを搭載しているので、スポーツ観戦好きの方におすすめ。立体感のある映像や鮮やかな映像を楽しむことができます。また、低音の表現に優れた内蔵スピーカーで会場にいるような臨場感のある音が再現可能です。さらに、部屋の明るい照明にも左右されにくい、明るいランプでメリハリある鮮やかな映像が投影可能。60〜300型の大きさで楽しめるので、人の集まるパーティでも活躍します。

商品詳細を見る

POPIN 「popIn Aladdin(ポップインアラジン)」PA18U02VN

popIn Aladdinは、プロジェクター、スピーカー、シーリングライトの3台1役のスマートライトです。
一般的なシーリングライトと同じように取り付けられるので、天井に穴を開けずに設置ができます。動画配信サービスやテレビ番組などをスクリーンや壁面に投影して楽しむことができます。また、内蔵スピーカーの音響は、世界的に支持されているHarman Kardonのスピーカーを搭載。スマートフォンと連携して音楽の再生も楽しめます。

商品詳細を見る

おすすめのホームシアター|大画面テレビ

東芝 65M520X(65V型)

滑らかなグラデーションや細部のディティールを豊かに再現する液晶テレビです。
映像の彩度に合わせて輝度の調整や絵柄に応じてノイズを低減するので、映像が持つ本来の美しさを表現可能。また、BS/CS 4K衛星放送が受信できるチューナー内蔵で、地上デジタル放送では見ることができない映像コンテンツをホームシアターで楽しめます。

商品詳細を見る

東芝 65M520X(65V型)

有機ELパネル特有の高度な映像分析能力による締まりのある黒と、ビビッドなコントラストが特徴です。
被写体に合わせてコントラストを向上させる映像処理能力を搭載しており、白飛びや黒つぶれの少ないリアルな表現を実現。画面を振動させあたかも目の前の映像から音が出ているような、新しい視聴体験ができます。スリムなデザインながら、迫力ある高音質と高画質映像が融合した、ハイスペックモデルです。

商品詳細を見る

おすすめメーカー

SONY

ソニーはさまざまな家電やオーディオ製品の開発で知られており、多彩な製品開発で培った技術を製品開発に活かしています。映像とサウンドのクオリティーを両立させたホームシアターシステムで、シンプルなサウンドバータイプからウーファー付きの本格派まで種類豊富。「Dolby Atmos」、「DTS:X」といった最先端のサウンドフォーマットに対応した製品のラインナップが充実しており、立体的な音の広がりを体験できます。

ヤマハ

ヤマハは、スピーカーやミキサーなど、原音を忠実に再現するオーディオ機器を幅広く開発。ホームシアターシステムでは、高音質・高機能でシアターバー人気の火付け役となった「YSPシリーズ」をリリースし、高く評価を得ました。音響関連の製品ラインアップが非常に豊富なことに加え、楽器作りも手掛けており、音に強いこだわりをもつメーカーです。

BOSE

迫力のある重低音にこだわる音響メーカーのBOSEは、高音質なことはもちろん、デザイン性の高いサウンド機器づくりに定評があります。BOSE独自の「Bose Music」アプリから同社製品のスマートスピーカーをコントロールでき、遠隔操作も簡単。ホームシアターシステムでは、「Soundbarシリーズ」や「Lifestyleシリーズ」が広く支持されています。高い音質と、収納性に優れたスリムなモデルが多いのが特徴です。

売れ筋ランキング

担当者からひとこと

ホームシアターの醍醐味は、何といってもプライベート感です。周囲の観客を気にせず、自宅のリラックスした空間で映画を楽しむことができます。理想のホームシアターを実現するには、目的に合わせて最適なスピーカーやプロジェクター、ディスプレイを選びましょう。

おすすめの関連記事

有機ELテレビのおすすめ9選【2019】厳選したメーカーの人気モデルを紹介

有機ELテレビのおすすめ9選【2019】厳選したメーカーの人気モデルを紹介

HDMIケーブルのおすすめ17選 わかりにくい規格や種類を解説

HDMIケーブルのおすすめ17選 わかりにくい規格や種類を解説

サウンドバーのおすすめ【2019】ヤマハやソニーなど人気メーカーを紹介

サウンドバーのおすすめ【2019】ヤマハやソニーなど人気メーカーを紹介

ドライブレコーダーのおすすめ10選【2019】前後や360°記録できるモデルも

ドライブレコーダーのおすすめ10選【2019】前後や360°記録できるモデルも

防災ラジオのおすすめ10選【2019】ソニー、パナソニックなど人気モデルを紹介

防災ラジオのおすすめ10選【2019】ソニー、パナソニックなど人気モデルを紹介

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめ10選【2019】車やお風呂で映像が楽しめる

ポータブルDVDプレーヤーのおすすめ10選【2019】車やお風呂で映像が楽しめる

Bluetoothスピーカーのおすすめ15選【2019】人気のSONYやBOSEを紹介

Bluetoothスピーカーのおすすめ15選【2019】人気のSONYやBOSEを紹介

ホームシアターのおすすめ14選【2019】スピーカーやプロジェクターなどを紹介

ホームシアターのおすすめ14選【2019】スピーカーやプロジェクターなどを紹介

ヘッドホンのおすすめ16選【2019】ソニーやビーツなど人気メーカーをご紹介

ヘッドホンのおすすめ16選【2019】ソニーやビーツなど人気メーカーをご紹介

電子ピアノのおすすめ10選【2019】エントリーモデルや手軽なキーボードも紹介

電子ピアノのおすすめ10選【2019】エントリーモデルや手軽なキーボードも紹介

有線・ワイヤレス接続イヤホンの選び方【2019】最適なモデルで音を楽しもう

有線・ワイヤレス接続イヤホンの選び方【2019】最適なモデルで音を楽しもう

プロジェクターのおすすめ12選 ビジネスから家庭用まで人気モデルをご紹介

プロジェクターのおすすめ12選 ビジネスから家庭用まで人気モデルをご紹介

Bluetoothイヤホンのおすすめ10選!無線接続で音楽を楽しもう

Bluetoothイヤホンのおすすめ10選!無線接続で音楽を楽しもう

ブルーレイレコーダーのおすすめ16選【2019】人気の全番組録画モデルなどをご紹介

ブルーレイレコーダーのおすすめ16選【2019】人気の全番組録画モデルなどをご紹介

【2019】テレビのおすすめ20選 今人気の4Kや有機ELモデルもご紹介

【2019】テレビのおすすめ20選 今人気の4Kや有機ELモデルもご紹介

人気の記事

【2019】扇風機のおすすめ15選 安いモデルや高級・話題のモデルをご紹介

【2019】扇風機のおすすめ15選 安いモデルや高級・話題のモデルをご紹介

日焼け止めのおすすめランキング20選【2019】紫外線から肌を守ろう

日焼け止めのおすすめランキング20選【2019】紫外線から肌を守ろう

エアコンの畳数別おすすめ12選。メーカーの特徴と部屋の広さに合わせてご紹介

エアコンの畳数別おすすめ12選。メーカーの特徴と部屋の広さに合わせてご紹介

【2019】ヘアアイロンのおすすめ18選 ストレート・カール・2wayのタイプ別に紹介

【2019】ヘアアイロンのおすすめ18選 ストレート・カール・2wayのタイプ別に紹介

【2019】ドライヤーのおすすめランキング18選!速乾モデルなどの人気メーカー商品を紹介

【2019】ドライヤーのおすすめランキング18選!速乾モデルなどの人気メーカー商品を紹介

電動歯ブラシのおすすめ13選【2019】手磨きでは落とせない汚れを落とそう

電動歯ブラシのおすすめ13選【2019】手磨きでは落とせない汚れを落とそう

プロテインのおすすめ12選 ダイエットや筋トレをサポート

プロテインのおすすめ12選 ダイエットや筋トレをサポート

洗濯機のおすすめ10選【2019】縦型・ドラム式などタイプ別にご紹介

洗濯機のおすすめ10選【2019】縦型・ドラム式などタイプ別にご紹介

【2019】テレビのおすすめ20選 今人気の4Kや有機ELモデルもご紹介

【2019】テレビのおすすめ20選 今人気の4Kや有機ELモデルもご紹介

ノートパソコンおすすめモデル9選 失敗しない選び方

ノートパソコンおすすめモデル9選 失敗しない選び方

Bluetoothイヤホンのおすすめ10選!無線接続で音楽を楽しもう

Bluetoothイヤホンのおすすめ10選!無線接続で音楽を楽しもう

【2019年】冷蔵庫おすすめランキング!選びのポイントや容量別商品をご紹介

【2019年】冷蔵庫おすすめランキング!選びのポイントや容量別商品をご紹介

【2019年】電子レンジのおすすめ20選!オーブンレンジのおすすめもご紹介

【2019年】電子レンジのおすすめ20選!オーブンレンジのおすすめもご紹介

掃除機のおすすめ25選【2019】サイクロン式・紙パック式、タイプごとにご紹介

掃除機のおすすめ25選【2019】サイクロン式・紙パック式、タイプごとにご紹介

【メンズ腕時計】年代別おすすめ33選!セイコーやロレックス、オメガもご紹介

【メンズ腕時計】年代別おすすめ33選!セイコーやロレックス、オメガもご紹介