ショッピングローン分割払い最長36回まで無金利

アウトドアテーブルのおすすめ26選 ソロやファミリー向けのモノを紹介!

更新日:2024.04.27

アウトドアテーブルのイメージ

バーベキューやキャンプをするときに欠かせないのがアウトドアテーブル。焚き火を囲むほか、リラックスした時間を過ごすときに便利です。

サイズ・素材・機能など、製品によって大きく異なるため、目的に合わせて選ぶのがポイント。そこで今回は、アウトドアテーブルのおすすめアイテムを選び方のポイントとともに紹介します。

アウトドアテーブルの選び方

人数に合わせたテーブルのサイズを選ぶ

アウトドアテーブルの選び方 人数に合わせたテーブルのサイズを選ぶ

アウトドアテーブルを購入する際は、より快適に使用するためにも使用人数に合うモデルかどうかをチェックしておきましょう。使用する人数に対して少し大きめのモデルを選ぶのがおすすめです。

なお、サイズの目安は、ソロキャンプには幅300〜600mm、2人用なら幅700〜900mm、4人用なら幅1,200〜1,400mm、6人用なら幅1,400〜1,700mm程度。6人以上で使用する際は、サブテーブルを用意しておくと便利です。

シーンに合わせてスタイルを選ぶ

料理や食事がしやすい“ハイスタイル”

アウトドアテーブルの選び方 シーンに合わせてスタイルを選ぶ 料理や食事がしやすいハイスタイル

ハイスタイルのテーブルは、自宅のダイニングに近い感覚で使用できるのが特徴です。食事がしやすいのはもちろん、テーブルトップコンロを置いての料理が簡単。高さ調節機能を搭載していれば、ハイ・ローどちらのキャンプスタイルにも対応できます。

チェアとセットになったモデルが発売されており、荷物を1度に運べるのでファミリーキャンプにおすすめです。

くつろぎながら使いやすい“ロースタイル”

アウトドアテーブルの選び方 シーンに合わせてスタイルを選ぶ くつろぎながら使いやすいロースタイル

ロースタイルのアウトドアテーブルは、地面との距離が近いのが特徴です。主に焚き火を楽しむ際に最適なタイプですが、テントやタープ内に設置しても圧迫感なく使用できます。

調理には不向きですが、軽量かつコンパクトなモデルが多いので、ツーリングやソロキャンプにおすすめです。

メンテナンス性や雰囲気に合わせた素材選び

おしゃれな雰囲気を楽しめる“木製”

アウトドアテーブルの選び方 メンテナンス性や雰囲気に合わせた素材選び おしゃれな雰囲気を楽しめる木製

木製のアウトドアテーブルは見た目がおしゃれなのが特徴。キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンにはもちろん、さまざまなシーンに馴染みやすいので、屋内でも使いやすいのが魅力です。

また、使用するごとに味が出るのも木製アウトドアテーブルならではのポイント。なお、ほかの素材のモデルと比較すると重たいので、購入時は重量をチェックするのを忘れないようにしましょう。

軽量で持ち運びしやすい“アルミ製”

アウトドアテーブルの選び方 メンテナンス性や雰囲気に合わせた素材選び 軽量で持ち運びしやすいアルミ製

アルミ製のアウトドアテーブルは軽量なのが特徴で、特にロールタイプに多く採用されています。また、表面が酸化皮膜で覆われているので、腐食に強いのも魅力。汚れを落としやすく、アウトドアテーブルを清潔に保てます。

携帯性に優れているモデルや汚れに強いモデルを探している方は、アルミ製のアウトドアテーブルがおすすめです。

頑丈で耐熱性が高い“ステンレス製”

アウトドアテーブルの選び方 メンテナンス性や雰囲気に合わせた素材選び 頑丈で耐熱性が高いステンレス製参照:ハングアウト

ステンレス製のアウトドアテーブルは熱に強いため、火にかけた鍋やダッチオーブンを直接置けたり、焚き火の近くで使用できたりするのが特徴。また、アルミ製同様に表面が酸化皮膜で覆われていることから、サビに強く汚れを落としやすいのもポイントです。

特に、長期間使用し続けられるモデルを探している方は、ステンレス製のモデルを検討してみてください。

コンパクトにまとまる“布製”

アウトドアテーブルの選び方 メンテナンス性や雰囲気に合わせた素材選び コンパクトにまとまる布製

布製のアウトドアテーブルは、軽いうえに折りたためばコンパクトに収まるため、持ち運びしやすいのが特徴。ほかの素材のアウトドアテーブルと比較すると安定感には欠けますが、移動のしやすさを重視したいソロキャンパーには最適です。

なお、布製のモデルを使用する際は、重たいアイテムを置くのは避け、小物を置くサブテーブルとして使用するようにしましょう。

重量をチェック

アウトドアテーブルの選び方 重量をチェック参照:コールマン

アウトドアテーブルの重量は、サイズや素材によって変わります。そのため、あらかじめ扱いやすい重さかどうかを確認することが大切です。

軽量性に優れた製品を探している方は、アルミ製をチェックしましょう。ミニサイズだと1kg以下のテーブルもあるため、持ち運びしやすいのがメリットです。キャンプだけでなく、ツーリングや野外フェスでも活躍します。

折りたたみタイプなら持ち運びやすい

アウトドアテーブルの選び方 折りたたみタイプなら持ち運びやすい

機能性と携帯性、両方を求める方におすすめなのが折りたたみタイプのアウトドアテーブル。食事の際は人数分の食器がしっかりと並べられ、使用後はコンパクトに折りたたんで持ち運ぶことが可能です。

かさばらないので小さな車のトランクにも容易に積み込めます。さらに、自宅での収納に困らないので、使い勝手は良好です。

あると便利な機能・仕様をチェック

アウトドアテーブルの選び方 あると便利な機能・仕様をチェック

目的に応じて便利な機能や仕様をチェックすると、より快適にアウトドアテーブルを使いこなせます。収納力の高い製品を探している方は、ラック機能に注目。積み重ねられるため、アウトドアで使用するさまざまなアイテムをスッキリとまとめられます。

また、バーベキューで使えるテーブルを探している方は、コンロや網をセットできる製品がピッタリ。さらに、焚き火台を置ける製品だと焚き火を楽しめます。

アウトドアテーブルの人気メーカー

Coleman(コールマン)

アウトドアテーブルの人気メーカー Coleman(コールマン)

コールマンのアウトドアテーブルは、素材・サイズ・機能など豊富な種類が揃っています。人数や目的に合わせて適切な製品を選べるのがメリットです。バタフライシリーズやナチュラルモザイクシリーズなど、同じデザインでサイズの異なる製品をラインナップしています。

コンパクトに持ち運べるモノやワンタッチで設営できるモノも取り扱っているのが魅力。また、テーブルと椅子がセットになったモデルがあるので、1度に揃えられるのも便利です。

コールマンのアウトドアテーブルを見る

Snow Peak(スノーピーク)

アウトドアテーブルの人気メーカー Snow Peak(スノーピーク)

スノーピークは、キャンプをはじめアパレルやレストランなど、幅広い事業を展開しているメーカーです。

アウトドアテーブルは、天板に天然木や竹の集成材を採用した、木のぬくもりが感じられる製品を数多くラインナップ。本ブランドのバーナーなどが組み込める拡張性に優れたモデルなどもあるので、ぜひチェックしてみてください。

スノーピークのアウトドアテーブルを見る

LOGOS(ロゴス)

アウトドアテーブルの人気メーカー LOGOS(ロゴス)

ロゴスは、テントやタープをはじめとしたアウトドアアイテムを展開、発信する総合アウトドアメーカー。特に、ファミリーキャンプや大人数でのキャンプ・バーベキューに適したモデルが多いのが特徴です。

ロゴスのアウトドアテーブルはおしゃれな製品が多いので、見た目にこだわりたい方に人気があります。また、コスパが高いモデルも多いので、価格を重視したい方にも最適です。

ロゴスのアウトドアテーブルを見る

アウトドアテーブルのおすすめ|1人(ソロ)向け

キャプテンスタッグ UC-501

キャプテンスタッグ UC-501

使わないときはコンパクトに折りたためるのが便利なアウトドアテーブル。本体と脚が一体化しているため、1人でもラクにセットできます。手軽に使えるミニテーブルがほしい方におすすめです。

天板の素材にはアルミを採用しているのがポイント。軽いだけでなく、耐食・耐摩耗性にも優れているので、傷つきにくいのが魅力です。また、付属の収納バッグに入れると、簡単に保管や移動ができます。

展開時サイズ:約幅580×奥行き415×高さ195mm
収納時サイズ:約幅100×奥行き60×高さ550mm
重量:約1.5kg
高さ調節:×

新富士バーナー「SOTO フィールドホッパー」ST-630

新富士バーナー「SOTO フィールドホッパー」ST-630

A4ノートサイズの天板を備えたコンパクトなモデルです。独自のワンアクション構造を採用しているのが特徴。天板を開くだけでスタンドが展開するため、短時間で組み立てられます。登山やトレッキングにもおすすめのアウトドアテーブルです。

天板にアルミ素材を使用しており、重さは約0.395kgと軽量。A4ハーフサイズに折りたたんで持ち運べるなど、携帯性も良好です。

展開時サイズ:約幅297×奥行き210×高さ78mm
収納時サイズ:約幅297×奥行き110×高さ19mm
重量:約0.395kg
高さ調節:×

BUNDOK「IRテーブル」BD-164

BUNDOK「IRテーブル」BD-164

網目の天板が印象的なアウトドアテーブルです。スチール製で、耐久性に優れているのが魅力。熱いダッチオーブンやスキレットも置けるので、料理に使いやすいテーブルを選びたい方におすすめです。

脚を折りたたむことで、コンパクトにできます。持ち運びやすいだけでなく、限られたスペースにもスッキリと収納可能。コスパの良い製品がほしい方に適しています。

展開時サイズ:約幅520×奥行き300×高さ290mm
収納時サイズ:約幅440×奥行き300×高さ25mm
重量:約1.9kg
高さ調節:×

コールマン「ナチュラルモザイク(TM)ミニテーブルプラス」2000026756

コールマン「ナチュラルモザイク(TM)ミニテーブルプラス」2000026756

見た目にこだわりたい方におすすめのアウトドアテーブルです。天板にはナチュラルモザイクデザインを採用しているので、アウトドアシーンを華やかに彩ります。また、高さは約230mmのため、ロースタイルのキャンプを楽しみたい方にピッタリです。

さらに、天板の素材にはアルミが使用されているので、軽量なのもおすすめポイント。折りたたみ式で、収納すればコンパクトに収まります。

展開時サイズ:約幅530×奥行き400×高さ230mm
収納時サイズ:約幅400×奥行き60×高さ265mm
重量:約1.4Kg
高さ調節:×

ロゴス「スタックカラータフテーブル」73189051

ロゴス「スタックカラータフテーブル」73189051

天板がトレーのような形をしたアウトドアテーブルです。のせたアイテムが転がり落ちにくいのがメリット。また、スタック可能なので、ミニラックとして使いたい方にもおすすめです。

スチール製で、耐久性に優れているのが特徴。脚は天板と一体型で安定感があるだけでなく、ワンタッチで開閉できます。また、お手頃価格で手に入るのも魅力です。

展開時サイズ:約幅390×奥行き240×高さ175mm
収納時サイズ:約幅240×奥行き390×高さ40mm
重量:約0.96kg
高さ調節:×

ホールアース「MINI ROLL TABLE」WE23DB49

ホールアース「MINI ROLL TABLE」WE23DB49

シンプルかつシックなデザインが特徴のアウトドアテーブル。黒色一色のため、おしゃれな雰囲気を醸し出しています。見た目にこだわって選びたい方にもおすすめです。

脚を外し、天板を折りたたむと、コンパクトに収納できるのがポイント。また、付属の収納ケースに入れることで、キレイに保管できます。持ち運びやすいため、ソロキャンプにピッタリです。

展開時サイズ:約幅350×奥行き350×高さ110mm
収納時サイズ:約幅350×奥行き80×高さ100mm
重量:約0.8kg
高さ調節:×

スノーピーク「オゼン ライト」SLV-171

スノーピーク「オゼン ライト」SLV-171

特に軽いアウトドアテーブルがほしい方にピッタリの製品。A4サイズで重量は約0.27kgと手軽に持ち運べます。携帯性に優れたテーブルを探している方におすすめです。

ワイヤースタンドを取り外すことで、天板が2枚に分かれるのがポイント。コンパクトに持ち運べます。セットするときはワイヤースタンドを天板に引っ掛けるだけなので、すぐに使えるのもメリットです。

展開時サイズ:約幅297×奥行き210×高さ85mm
収納時サイズ:約幅297×奥行き120×高さ25mm
重量:約0.27kg
高さ調節:×

SLOWER「FOLDING TABLE Chapel」

SLOWER「FOLDING TABLE Chapel」

ミリタリーテイストでおしゃれなアウトドアテーブルです。耐荷重は約50kgで、重い荷物を安心して置けるのがメリット。カップホルダーが備わっているので、飲み物をこぼすリスクを抑えられます。

折りたたみ式でコンパクトに収納でき、持ち運びやすいのが魅力。アメリカンな雰囲気のかっこいいデザインなので、インテリアとして部屋で使用するのもおすすめです。

展開時サイズ:約幅480×奥行き490×高さ400mm
収納時サイズ:約幅480×奥行き55×高さ630mm
重量:約2.4kg
高さ調節:×

オガワ「タフメッシュテーブル」1981

オガワ「タフメッシュテーブル」1981

頑丈なアウトドアテーブルがほしい方におすすめの製品。素材はスチール製で、20kgまでのアイテムがのせられます。熱い鍋や食器もそのまま置けるため、食事のときに使いやすいのが魅力です。

高さを265mmと545mmの2段階に調節可能。用途やシーンに合わせて使い分けられます。さらに、2つ折りにして付属のバッグに収納すると、簡単に持ち運べるので便利です。

展開時サイズ:約幅600×奥行き400×高さ265・545mm
収納時サイズ:約幅400×奥行き300×高さ75mm
重量:約2.3kg
高さ調節:○

アウトドアテーブルのおすすめ|2〜4人向け

スノーピーク「ワンアクションローテーブル竹」LV-100TR

スノーピーク「ワンアクションローテーブル竹」LV-100TR

竹製の集成材を使用しているのが特徴のアウトドアテーブル。多層構造なので、耐久性に優れているのが魅力です。ローテーブルのため、椅子に座ってリラックスしたいときに適しています。

2つに折りたたまれた天板を開くと脚も一緒に飛び出すので便利。ワンアクションですぐに使用可能です。また、自動ロックシステムによって最後まで開くと自動的にロックがかかるため、使用中に脚が動く心配もありません。

展開時サイズ:約幅846×奥行き496×高さ400mm
収納時サイズ:約幅846×奥行き248×高さ50mm
重量:約5.5kg
高さ調節:×

ドメティック「バンブーキャンプテーブル」CMP-T4

ドメティック「バンブーキャンプテーブル」CMP-T4

ナチュラルな風合いのおしゃれなアウトドアテーブル。収納ケースを付属しています。鍋やお皿、マグカップなどさまざまなモノを置くことが可能なサイズです。

テーブルを3段階の高さに調節できるのもポイント。椅子の高さや設置する場所に合わせて変更できます。また、フレームの素材にはアルミニウムを採用しており、サビに強いのが特徴です。

展開時サイズ:約幅1,000×奥行き650×高さ480・570・700mm
収納時サイズ:約幅650×奥行き94×高さ505mm
重量:約8.9kg
高さ調節:○

BUNDOK「アルミFDテーブル S」BD-243WB

BUNDOK「アルミFDテーブル S」BD-243WB

高さ調節が可能なアウトドアテーブル。ハイテーブルとローテーブルのどちらでも使えます。また、ハイテーブルのときはガタ付き防止機能によって、安心して使用できるのが魅力です。

天板の落ち着いた木目調のデザインもおしゃれ。アルミ製のため軽量性に優れています。折りたたんで持ち運びやすいのがメリットです。

展開時サイズ:約幅905×奥行き600×高さ400・705mm
収納時サイズ:約幅600×奥行き480×高さ70mm
重量:約3.8kg
高さ調節:○

アイリスオーヤマ WGT-1100

アイリスオーヤマ WGT-1100

3ステップの簡単組み立てで、使い勝手の良いアウトドアテーブルです。本製品は付属している追加テーブル脚を着脱することで、2段階の高さ調節が可能。ハイスタイル時は高さ700mm、ロースタイル時は高さ380mmと、状況に応じた使い分けができます。

天板には、ロールトップ天板を採用しており、コンパクトに収納できるのが魅力。また、重さ約4.5kgと軽量なのもポイントです。小物を置けるメッシュ棚や袋を設置できるフックなど、利便性も良好。持ち運びやすく便利なアウトドアテーブルを探している方におすすめのモデルです。

展開時サイズ:約幅1,100×奥行き700×高さ380・700mm
収納時サイズ:約幅720×奥行き190×高さ150mm
重量:約4.5kg
高さ調節:○

ホールアース「MULTI MESH OVERRIDE TABLE +」WE23DB42

ホールアース「MULTI MESH OVERRIDE TABLE +」WE23DB42

重ねることでラックとしても使えるアウトドアテーブル。メッシュ仕様のラックに天板を付属しているため、用途に合わせて使い分けられるのが便利です。

組み合わせ方で多目的に使えるのがポイント。2セット分購入すると、焚き火囲炉裏テーブルを作れます。簡単にテーブル同士を接続できるほか、連結ロック機能が搭載されているので、安心して使用できるのも魅力です。

展開時サイズ:約幅700×奥行き300×高さ345mm(テーブル1台あたり)
収納時サイズ:約幅700×奥行き300×高さ55mm(テーブル1台あたり)
重量:約1.3kg(テーブル1台あたり)
高さ調節:×

オガワ「3ハイ&ローテーブル タフメッシュ」1990

オガワ「3ハイ&ローテーブル タフメッシュ」1990

高さをHIGH・MIDDLE・LOWの3段階調節できるのが特徴のアウトドアテーブル。メインテーブルやサブテーブルなどさまざまな使い方ができます。天板はスチール製のメッシュ仕様で、熱い鍋やコンロをそのまま置けるため、料理用のテーブルにもおすすめです。

ロック機能が付いており、安心して使えるのがポイント。また、天板を2つに折りたたむとコンパクトに保管できます。付属の収納袋に入れて持ち運べるのもメリットです。

展開時サイズ:約幅900×奥行き600×高さ355・500・600mm
収納時サイズ:約幅610×奥行き460×高さ85mm
重量:約3.9kg
高さ調節:○

ロゴス「Old Wooden 丸洗いダイニングテーブル 9060」73188049

ロゴス「Old Wooden 丸洗いダイニングテーブル 9060」73188049

ヴィンテージ古材風のカラフルな天板がおしゃれなアウトドアテーブルです。華やかな見た目の製品を探している方におすすめ。高さが670mmと350mmに設定できるので、さまざまな用途で使いやすいのが魅力です。

フェノール樹脂天板・ステンレスリベット・アルミパーツという水に強い素材を使っているのもポイント。水で丸洗いできます。

展開時サイズ:約幅900×奥行き600×高さ350・670mm
収納時サイズ:約幅465×奥行き630×高さ70mm
重量:約5.1kg
高さ調節:○

HIGHMOUNT「CASTELMERLINO ハイ&ローキャンパーテーブル100×60」20053

HIGHMOUNT「CASTELMERLINO ハイ&ローキャンパーテーブル100×60」20053

700mmと350mmの2段階で高さ調節できるアウトドアテーブルです。ワンタッチで脚を取り外しできるので、簡単に切り替え可能。また、脚に調節アジャスターを取り付けると、ガタ付きを防止できるのも魅力です。

天板と脚を折りたたむと、コンパクトにまとめられます。限られたスペースにもスッキリと収納できるため、保管しやすいのがメリットです。

展開時サイズ:約幅1,000×奥行き600×高さ350・700mm
収納時サイズ:約幅1,000×奥行き300×高さ120mm
重量:約8.6kg
高さ調節:○

BUNDOK「マルチ焚き火テーブル」BD-239

BUNDOK「マルチ焚き火テーブル」BD-239

細長い4つのミニテーブルを組み合わせることで、さまざまな使い方ができるアウトドアテーブル。サイドテーブルだけでなく、中央が開いた大きなテーブルも作れるため、焚き火を楽しみたい方におすすめです。

脚を折りたたんで収納ケースに入れて持ち運べるのがポイント。携帯性に優れた製品がほしい方にも適しています。

展開時サイズ:約幅830×奥行き680×高さ345mm(テーブル使用時)
収納時サイズ:約幅850×奥行き125×高さ185mm
重量:約7.3kg
高さ調節:×

YOKA「L-TABLE」

YOKA「L-TABLE」

パズルのようにテーブルを組み合わせることができる、アウトドアテーブル。L字型のテーブルが2台セットになっており、合わせ方次第で、長方形や正方形などさまざまな形に変化します。設置場所や目的に合わせて柔軟に使用できるので便利です。

素材には針葉樹合板を採用しているため、木の風合いを感じられるのがメリット。おしゃれな製品を探している方にも適しています。

展開時サイズ:約幅900×奥行き600×高さ300mm(テーブル1台あたり)
収納時サイズ:約幅900×奥行き60×高さ600mm(テーブル1台あたり)
重量:約4.8kg(テーブル1台あたり)
高さ調節:×

コールマン「フォールディングリビングテーブル 90」2000034611

コールマン「フォールディングリビングテーブル 90」2000034611

軽量で持ち運びやすいアウトドアテーブルです。天板は2つに折りたたむことが可能。収納ケースを付属しているので、簡単に持ち運べるうえ、保管しやすいのがポイントです。

高さを410mmと700mmの2段階で調節可能。用途に応じて使い分けられます。また、ワンアクションで設置できるのがメリット。ウッド調のおしゃれなデザインも魅力のひとつです。

展開時サイズ:約幅700×奥行き900×高さ410・700mm
収納時サイズ:約幅360×奥行き900×高さ90mm
重量:約4.5kg
高さ調節:○

アウトドアテーブルのおすすめ|4〜6人向け

ロゴス「丸洗いアジャスタテーブル L」73551001

ロゴス「丸洗いアジャスタテーブル L」73551001

アジャスター機能付きで、好きな高さに設定できるアウトドアテーブル。無段階調節が可能なため、より使い勝手の良い高さに変えられます。また、脚ごとの高さをバラバラにできることで、地面の状態に関わらずテーブルを水平にすることが可能です。

水に強くサビにくい素材を採用しています。丸洗いできるので、汚れてもすぐにお手入れしやすいのがメリット。さらに、食器用洗剤を使用できるので、特に落ちにくい汚れがある場合でも安心です。

展開時サイズ:約幅1,220×奥行き700×高さ540〜810mm
収納時サイズ:約幅225×奥行き775×高さ140mm
重量:約6.5kg
高さ調節:○

スモア「ウッドロールテーブル」SMOrsRT001a

スモア「ウッドロールテーブル」SMOrsRT001a

天板と脚枠に、あたたかみを感じさせる天然ブナ材を使用したアウトドアテーブルです。脚枠に天板をはめ込むだけで簡単に設営可能。アウトドアはもちろん、自宅でも使いやすいモデルです。

滑り止めパーツを備えており、テーブルが揺れにくいのがポイント。また、天板は丸めてコンパクトに収納できます。専用の収納袋を付属しており、持ち運びやすいのも魅力です。

展開時サイズ:約幅1,220×奥行き600×高さ430mm
収納時サイズ:約幅670×奥行き250×高さ200mm
重量:約11kg
高さ調節:×

スノーピーク「ワンアクションテーブルロング竹」LV-015TR

スノーピーク「ワンアクションテーブルロング竹」LV-015TR

折りたたまれた状態から開くだけで設営が可能なワンアクションアウトドアテーブルです。パーツを組み立てたりする必要がないため、セッティングや撤収に手間がかかりません。

天板は竹集成材を使用しており、あたたかみと清潔感があるデザイン。高さ660mmなのでハイスタイルチェアでの使用に丁度良い高さとなっており、天板も広いため4人で囲んでもゆとりあるスペースが確保できます。

展開時サイズ:約幅1,215×奥行き720×高さ660mm
収納時サイズ:約幅1,215×奥行き360×高さ90mm
重量:約13kg
高さ調節:×

キャプテンスタッグ「ビストロフォールディングテーブル」UC-571

キャプテンスタッグ「ビストロフォールディングテーブル」UC-571

アウトドアから日常での使用まで、さまざまなシーンで活躍する多機能テーブル。軽量設計で持ち運びやすく、高さは4段階で調節可能です。ハイテーブルとして使用できるジョイントパイプを付属し、ハイテーブルとしての使用時には、不安定な地面でも安定した設置が行えるアジャスターが使えます。

折りたたむと持ち手つきで、持ち運びしやすいのが特徴。キャンプやレジャー、スポーツ観戦などにおすすめです。

展開時サイズ:約幅1,200×奥行き600×高さ705・605・470・370mm
収納時サイズ:約幅600×奥行き70×高さ600mm
重量:約5kg
高さ調節:○

コールマン「ナチュラルモザイク(TM)リビングテーブル/140プラス」2000026750

コールマン「ナチュラルモザイク(TM)リビングテーブル/140プラス」2000026750

モザイク模様がおしゃれなアウトドアテーブルです。カラフルな見た目の製品を探している方におすすめ。天板には抗菌加工を施しているため、清潔な状態で使いやすいのが魅力です。

4方向から脚を入れて座れる構造がポイント。どこに座っても脚を入れやすく、大人数での使用に適しています。また、4本の脚に安全ロックが備わっているのもメリットです。

展開時サイズ:約幅1,400×奥行き700×高さ400・700mm
収納時サイズ:約幅700×奥行き100×高さ470mm
重量:約5.6kg
高さ調節:○

スノーピーク「ガーデン焚火テーブル LL」GF-052

スノーピーク「ガーデン焚火テーブル LL」GF-052

庭に常設できるのが魅力のアウトドアテーブルです。ステンレスを使用しており、耐久性に優れているのがメリット。中央に焚き火台を設置することで、火を囲んで使用できます。

パーツを差し込むだけで簡単にセットできるのがポイント。さらに、マルチファンクションテーブルを4方向に装着できるため、テーブルの面積を増やせます。焚き火を囲んで料理を楽しみたい方にもおすすめです。

展開時サイズ:約幅1,500×奥行き1,500×高さ405mm
収納時サイズ:-
重量:約46kg
高さ調節:×

自宅の庭・ベランダでもアウトドア気分を楽しめる

自宅の庭・ベランダでもアウトドア気分を楽しめる

アウトドアテーブルが活躍するシーンは、キャンプやピクニックなど屋外だけではありません。自宅の庭に持ち出してバーベキューを楽しめば、気軽にアウトドア気分を味わうことが可能です。

マンション住まいの方なら、ベランダで朝食をとったりワインを飲んだりしてみるのもおすすめ。自宅にいながら非日常が手軽に体験できるので、ぜひ試してみてください。

アウトドアテーブルの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのアウトドアテーブルの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

アウトドアテーブルのランキングを見る

担当者からひとこと

アウトドアテーブルは、サイズや高さが製品によって大きく異なるのが特徴。あらかじめ目的や使用人数などを加味して選ぶのが大切です。さらに、携帯性や収納性に注目することで、持ち運びやすいアイテムをチェックできます。ぜひ本記事を参考に、自分にピッタリのアイテムを見つけてみてください。

すべてのアウトドアテーブルを見る

おすすめの関連記事

アウトドア・ゴルフ 人気の記事