DAPのおすすめ14選 コスパ重視からハイエンドまで厳選

更新日:2019.12.2

DAPのおすすめ

音楽配信サービスを使い、スマートフォンで気軽に音楽を聴く機会が増えていますが、もっと良い音質で音楽を楽しみたいと考える方も増えています。DAPは、音楽専用のプレーヤーが欲しいと考える方に人気のアイテムです。今回は、DAPの選び方や、ハイエンドやハイレゾ対応モデルなどタイプ別のおすすめ商品をご紹介します。

DAPとは

DAPのおすすめ DAPとは

DAPはデジタルオーディオプレーヤー(Digital Audio Player)の頭文字を使用した略称です。プレーヤーの内蔵ストレージやSDカード内に音楽データを入れて、持ち運びながら音楽を聴く目的で使う機器を指します。低価格のMP3プレーヤーから高音質のハイレゾ音源を楽しめるハイエンドモデルまで、豊富なラインアップが特徴。音楽再生に特化した設計で、同じ音源をスマートフォンと比較した場合、DAPのほうが音の厚みや豊かな表現力を再現できます。

DAPの選び方

対応ファイル形式

DAPのおすすめ DAPの選び方 対応ファイル形式

DAPの選び方として最初に挙げられるのが、対応するファイル形式です。音楽のファイル形式には、FLAC、WAV、ALAC、DSS、AIFF、MP3、AACなどさまざまな種類があります。中でもFLAC、WAVに対応したものがハイレゾ対応となり、より高音質な音源を聞くことが可能。音質が良いハイレゾ音源の中でも特に音がなめらかと言われているDSDに対応しているDAPであれば、サンプリング周波数が5.6MHz以上のものを選ぶのが良いです。

容量

DAPのおすすめ DAPの選び方 容量

DAPの容量の大きさは、そのまま保存して聴くことができる楽曲の数や音質に関係します。容量を比較するには、内蔵ストレージのほか、外部メモリー対応の有無とその容量を確認する必要があります。解像度の高いハイレゾ音源は、1曲当たりのデータ量が大きいので、持ち運びたい曲数が多い方はあらかじめ内蔵ストレージの容量や、対応する外部メモリーの容量が大きいものがおすすめです。

Bluetooth接続

DAPのおすすめ DAPの選び方 Bluetooth接続

Bluetooth通信対応のDAPは、ヘッドホンやイヤホンと無線(ワイヤレス)接続が可能です。ケーブルの煩わしさを気にすることなく音楽に集中できます。ハイレゾ音源を楽しむには、通信規格のLDACの対応状況を確認しましょう。DAPと通信するヘッドホンまたはイヤホンがLDACに対応することで、豊かなハイレゾ音源を楽しむことができます。また、Bluetoothレシーバー機能搭載モデルは、スマートフォンやパソコン内の音源をDAPで受信可能。互換性が高いMP3やAACなどの音源を向上して楽しめます。

Wi-Fi接続

DAPのおすすめ DAPの選び方 Wi-Fi接続

iPod Touchやハイエンドモデルなどが搭載するWi-Fi接続機能は、無線ネットワークに接続して音楽ファイルの購入とダウンロードができます。パソコンとケーブルで繋いだり、楽曲のデータを転送したりする手間が無くなるので快適。ストリーミング再生に対応したモデルや音楽配信サイトを使用することで、本体の容量を気にせずさまざまな楽曲を楽しむことができます。

大きさ

DAPのおすすめ DAPの選び方 大きさ

持ち運んで使うことが多いDAPは、本体の大きさが使い勝手に直結します。特徴として、MP3プレーヤーは小型軽量のものが多いですが、高音質や多機能モデルは本体が大きくなりがちです。DAPの大きさはスマートフォンよりも小さいものが多いのでそれほど気になりませんが、ポケットに入れて持ち運ぶ場合は意外と大きく感じることもあるので、大きさはしっかりと確認しましょう。

ヘッドホンアンプの抵抗値

ヘッドホンやイヤホンでDAPの音源を楽しむには、ヘッドホンアンプ部の抵抗値を知ることが大切です。インピーダンスと呼ばれ、単位はΩ(オーム)を使って抵抗値を表示しています。DAPのΩ値とイヤホンやヘッドホンのΩ値が近いのが良いとされ、基本的に抵抗値が高いDAPは、ノイズが入りにくくヘッドホンの能力を最大限に引き出せるのが特徴です。

バランス接続

DAPのおすすめ DAPの選び方 バランス接続

ノイズが少ない音を楽しみたい方は、バランス接続に対応したDAPと、ヘッドホンやイヤホンの組み合わせがおすすめです。バランス接続は、4本の信号線を左右に2本ずつ使用することで、音の信号が混ざる現象を減らし、音質を向上。より豊かなステレオサウンドが楽しめます。なお、バランス接続に使用する端子は、DAPの機種やヘッドホンやイヤホンでプラグの形状が異なるので、購入前に確認が必要です。万が一、端子の形状が合わないときは変換プラグやリケーブルを行い接続しましょう。

DAPのおすすめモデル|ハイエンド

iBasso Audio DX220

DAPのおすすめ iBasso Audio DX220

高音質を保ちながら、高圧縮データが特徴の「MQA」形式に対応したDAPです。
Wi-FiやBluetooth機能を搭載しているのはもちろん、高音質のハイレゾ音源をはじめとする15種類のファイル形式に対応。さまざまなファイル形式で保存されている音楽を高音質で聴くことができます。大容量の64GBの内蔵ストレージに加え、micro SDカードを挿入することで最大2TBの容量を追加して大量の音楽ファイルを持ち運びできます。

SONY「WALKMAN Signature Series WM1」 NW-WM1A BM

DAPのおすすめ SONY「WALKMAN Signature Series WM1」 NW-WM1A BM

日本が世界に誇るSONYブランド「ウォークマン」のハイエンドモデルのDAPです。
筐体やケーブルなど、細部までこだわりぬいて作られています。新しく設計されたフルデジタルアンプを搭載することで従来の約4倍もの高出力が可能。厚みのある音楽を楽しむことができます。さらに、解像度が高いハイレゾ音源やBluetooth接続に対応しており、容量は128GBと大容量。267gと本体がやや重めですが、7時間の充電で連続33時間の再生が可能と、長時間の使用にも向いています。

オンキョー DP-S1A

DAPのおすすめ オンキョー DP-S1A

片手に収まるコンパクトなサイズの小型軽量のDAPです。
ハイエンドモデルでありながら、5万円未満と手を出しやすい価格設定で、ハイレゾ音源やBluetooth、Wi-Fiなどに対応しています。16GBの内蔵ストレージと、拡張スロットを2つ搭載しており、最大528GBまで音楽ファイルを保存可能。ネイティブ再生はもちろん16bitや24bitの音源を32bitに拡張して、よりアナログに近いなめらかな音質にするなど、音質への強いこだわりが詰まっています。

FIIO「M9」FIO-M9

DAPのおすすめ FIIO「M9」FIO-M9

高速動作と低消費電力を両立させた、Wi-FiやBluetoothにも対応しているハイエンドのDAP。
133gの軽さとコンパクトなサイズに、ネイティブ再生やバランス接続などの高音質を楽しめる技術を凝縮。手軽に持ち運んでお気に入りのアーティストの楽曲を楽しめます。本体の容量が2GBしかないものの、micro SDカードスロットを挿入することで、最大2TBの容量を追加可能。ハイエンドモデルとしては手が出しやすい価格に加え、シンプルな造りになっているので使いやすいのが特徴です。

ASTELL&KERN「A&norma SR15」AKSR15DG

DAPのおすすめ ASTELL&KERN「A&norma SR15」AKSR15DG

左右に独立した高性能チップセット「CS43198」を搭載した、クリアなボーカルの再生が特徴のDAPです。
ハイレゾをはじめ、多くの形式の音楽ファイルやネイティブ再生にも対応した高い音質で再生できます。また、USB-AUDIO出力機能を搭載しているため、デジタル入力搭載DACに接続し、保存した楽曲を再生することが可能。斜めに設置された3.3インチのディスプレイは、左右のどちらの手で持っても、最適な位置でグリップしながら操作できます。重さも約154gと軽く持ち運びも便利です。

パイオニア XDP-20

DAPのおすすめ パイオニア XDP-20

側面の角を丸くしたことで手になじみ、操作しやすいラウンドフォルム。
本体のカラーバリエーションもホワイト、ネイビーブルー、ピンクの3種類が用意されているので、自分好みの色を選ぶことができます。ネットラジオやCD音源に対応しているほか、アップサンプリング機能でハイレゾ相当の高音質で楽しむことが可能。自分の好みに合わせたサウンドにカスタマイズできる多彩なサウンドアジャスト機能を搭載しています。

カイン N6ii

DAPのおすすめ カイン N6ii

4つのオペアンプによる高出力の音を楽しめるDAPです。
カスタマイズ済のAndroidを搭載で、Google Playストアを使用して、音楽データやアプリを落として楽しむことも可能です。HiByMusicをダウンロードしたスマートフォンと接続すれば、本製品を操作せずに音量調節やリモート再生ができます。また、ファイル管理やサーチ、プレイリストの作成も可能です。

DAPのおすすめモデル|ハイレゾ対応

ソニー「WALKMAN Aシリーズ」NW-A105HN

美しい高音域再生に不可欠な、高いノイズ除去性能の「S-Master HX」を搭載したモデルです。
ワイヤレスでもハイレゾ音源を楽しめる「LDAC」に対応。今まで録りためた音楽や高音質なデータなど、さまざまな音源を豊かな表現で楽しめます。MP3やCDなどの圧縮音源に加えて、「Apple Music」や「Spotify」などの音楽ストリーミングサービスの楽曲も、ハイレゾ相当にアップスケーリング可能。アーティストの息づかいまで聞こえるようなリアルな音を忠実に再現します。

SHANLING M0-BLUE

DAPのおすすめ SHANLING M0-BLUE

タッチスクリーンを搭載しながらも、非常にコンパクトなサイズでハイレゾ音源にも対応した高機能のDAPです。
本体は、約38gの軽量モデルにもかかわらず、DSD128をはじめとした多くのファイル形式にも対応しており、力強いサウンドを楽しむことができます。また、micro SDカードを利用することで最大512GBまでの音源を保存可能です。LDACにも対応していますので、Bluetooth接続のヘッドホンでもハイレゾ相当の高音質で音楽を楽しめます。

HIDIZS AP80

DAPのおすすめ HIDIZS AP80

サイドボタンとダイヤル、タッチパネルの快適な操作性が魅力のDAPです。
内蔵ストレージは搭載していませんが、最大1TBを認識できるmicro SDカードスロットを搭載。本体が70gと軽量でコンパクトに収まったDAPでありながら、Bluetooth対応モデルでワイヤレスリスニングの環境でも音楽を楽しめます。ハイレゾにも対応しているため高音質であり、イコライザを調整すると自分好みのタイプのサウンドに変更も可能。小さいサイズのDAPですが、パワフルなサウンドで音楽を聴くことができます。

DAPのおすすめモデル|コストパフォーマンス重視

グリーンハウス GHKANART8RD

DAPのおすすめ グリーンハウス GHKANART8RD

たった1台で音楽再生や動画再生、静止画の表示、FMラジオ、ボイスレコーダーの5つの機能を備えたDAPです。
ワイドFM放送の受信が可能で、AMラジオ放送をFMで聞くことができます。内蔵ストレージの容量は8GBで、microSDカードを追加して最大32GBの追加ができ、多くの音楽や映像を楽しむことが可能です。また、内蔵マイクを使用してミーティングや講義などのシーンでボイスレコーダーとして活用できます。

ASTAYER BC-MA01

DAPのおすすめ ASTAYER BC-MA01

高さが80×幅20mmの細長いDAPです。
本体は約19gと軽いので胸ポケットに入れても気になりにくい持ち運びのしやすさが特徴。内蔵ストレージ容量は8GBあり、普段使いとしては問題なく使えます。また、パソコンのUSB Type-Aポートに直接挿せるので簡単に音源データの転送が可能です。ワイドFMにも対応しているため、AMラジオをFM電波のクリアな音質で視聴できます。

グリーンハウス「 KANA Direct 」 GHKANADT8WH

DAPのおすすめ グリーンハウス「 KANA Direct 」 GHKANADT8WH

CDプレイヤーやコンポと繋いで、ダイレクト録音ができるオーディオプレーヤーです。
互換性が高いmp3やWMAファイルに対応しているので、一般的な音源データを楽しむことができます。ラジオ機能は、AM放送が楽しめるワイドFM放送の受信や、、気になるラジオ番組の録音が可能。毎週楽しみにしているラジオ番組を録りためておくことができます。イコライザ機能やリピート・ランダム再生などの機能や、約3時間の充電で連続が約10時間の再生が可能です。

SONY「WALKMAN S310シリーズ」NW-S315K

DAPのおすすめ SONY「WALKMAN S310シリーズ」NW-S315K

コンパクトサイズのDAPとスピーカーがセットになったモデルです。
本体に付属されたヘッドホンなど対応品を使えば、周囲の音をカットできるノイズキャンセリング機能を使えます。また、スピーカーにAC電源をつないで充電をしながら音楽を楽しむことも可能。再生位置を戻すクイックリプレイやA-Bリピート再生などの機能も搭載されているので、語学学習に利用するにも最適です。FLACなどの高音質のファイル形式にも対応しています。

DAPの売れ筋ランキング

ビックカメラ.comでのDAPの売れ筋が気になる方はこちらをチェック。

DAPのランキングを見る

担当者からひとこと

以前はカセットテープやCD、MDなどがポータブルプレイヤーの主流でしたが、高音質を求める方が増え、多くの音楽ファイル形式をカバーするDAPが人気。通勤や通学などの移動中に音楽を楽しむ方が増えています。DAPと言っても音質にもかなりの差があるため、DAPを選ぶときには対応しているファイル形式をはじめ、バッテリーの持ちやメモリー容量などを重視した上で、自分の希望に合ったものを選びましょう。

全てのDAPを見る

おすすめの関連記事