ニコン Nikon

カメラレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR NIKKOR(ニッコール) ブラック [ニコンF /ズームレンズ]

メーカー価格 316,250円(税込)
         
  • 23%引き
  • 73,490円引き
  •       
ビック特価

242,760円 (税込)

送料無料
ビックポイント 24,276ポイント (10%)
在庫・納期

在庫あり

今から18時間と21分以内のご注文で、
東京都豊島区東池袋」に2020年2月22日土曜日以降のお届け日指定ができます。


『BicPhotoStyle』にてNikonプロカメラマン製品レビュー掲載開始。詳しくはこちらからご確認下さい。
レンズフィルターを使って思い通りの写真を撮りましょう詳細はこちらからご確認ください。
数量 1

在庫のある店舗を探す

長期保証とは

ほしいものリストに追加

カメラ・レンズの買取は安心簡単なラクウル

ショッピングローン24回まで無金利!!

ショッピングローンもご利用頂けます

最長24回払いまで金利手数料無料!

月々10,100円からご購入頂けます。

ビックカメラSuicaカード

商品の特徴

■VR機構を搭載し、NIKKOR初のED非球面レンズを採用
VR機構を搭載した、開放F値2.8一定で、焦点距離24-70mm(DXフォーマットデジタル一眼レフカメラ装着時はFXフォーマット・35mm判換算で36-105mm相当の撮影画角)の標準ズームレンズです。世界最高クラスの画質を追求した最新の光学設計に、手ブレ補正効果4.0段(※)(CIPA規格準拠)のVR機構を新たに搭載。ハードな使用環境を想定した高い堅牢性も備えています。広角から中望遠までの焦点域をカバーしており、報道、広告、スポーツ、ファッション、ブライダル、風景など、多彩なシーンで活躍。プロフェッショナルが求める描写力と高度な仕様を兼ね備えた、高性能大口径標準ズームレンズです。
※NORMALモード。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。

■光学性能に徹底的にこだわり、さらに向上した高い解像力と美しく自然でやわらかいボケ味を両立
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRは、光学性能のバランスが良く画質を極限まで追求できる光学系を採用。NIKKORレンズ初採用のED非球面レンズをはじめ、EDレンズ、非球面レンズ、高屈折率(HRI)レンズを採用し、色収差や各種収差を効果的に補正する最新の光学設計で、最高の画質を追求。従来製品(※)を上回る高い解像力で、画像周辺部までコントラストの高いシャープな描写を提供します。大口径で開放F値2.8と明るく、さらに美しくなった自然でやわらかなボケ味が楽しめます。ナノクリスタルコートの効果で、逆光気味の状況でも、ゴースト、フレアの少ないクリアーな画像が得られます。
※2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。

■色収差補正と各種収差補正を両立する「ED非球面レンズ」
ED非球面レンズは色にじみを効果的に低減するED(特殊低分散)ガラスを使用し、片面または両面に、球面ではない曲面を持つレンズです。EDガラスを使用することで色収差を、非球面とすることで球面収差やディスト―ション(歪曲収差)、コマ収差によるコマフレアを除去するなど、各種収差を良好に補正し優れた描写性能を実現。EDガラスと非球面レンズの収差補正効果がED非球面レンズ1枚で得られるため、レンズの小型化にも貢献します。

■高い手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)、進化したVR機構を新たに搭載
従来製品(※1)にはなかったVR機構を搭載。夕暮れや暗いシーンなどの手持ち撮影で起こりがちな手ブレによる画像やファインダー像のブレを効果的に軽減します。カメラ電源オン直後のVR 性能が向上しており、撮影開始直後からすぐに安定したファインダー像とブレを抑えた画像を提供します。また、レンズ鏡筒内のレイアウトを改良し、スリムな鏡筒デザインを活かしながら、高い光学性能とVR機構の搭載を両立させました。VRモードは[NORMAL]モードと[ACTIVE]モードを搭載。[NORMAL]モードの手ブレ補正効果は4.0段(※2)(CIPA規格準拠)と大きく、撮影者自身が手ブレせずに撮影できる限界のシャッタースピードから4.0段遅くしても、手ブレの影響を受けずに撮影でき、写真表現の幅が拡がります。また、三脚撮影(※3)にも対応。VRをONにしたままでも自動的に三脚ブレを軽減したシャープな画像が得られます。

※1:2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。
※2:NORMALモード。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
※3:三脚の種類や撮影条件によりVRをOFFにした方がよい場合があります。

■より高速・高精度なAFと露出の安定性を確保するAEの実現
SWM(Silent Wave Motor=超音波モーター)とアルゴリズムの改良により、AF速度とAF精度が、従来製品(※)に比べて向上しています。高速かつ正確なAFが、被写体を瞬時に捉える素早いピント合わせを可能にし、プロフェッショナルの厳しい要求に応えます。また、絞り方式には電磁絞り機構を採用。ボディー側からの電気信号でレンズ本体の絞り制御を行い、高速連続撮影時に安定した露出制御が可能です。
※2007年11月発売のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比較。
※このレンズは使用するカメラに制限があります。使用制限があるカメラはメーカーページをご覧ください。

■酷使するプロの撮影環境に応える信頼性と操作性に優れたレンズボディー

■防汚性能に優れたフッ素コートを採用

ゴースト、フレアを低減したクリアーな画像が得られるナノクリスタルコート

ナノクリスタルコートは、ニコンが最先端の半導体露光装置を開発する過程で生み出した、非常に効果的なレンズ反射防止コーティングです。ナノサイズ(1ナノメートルは、1/1,000,000 mm)の極めて微細な結晶粒子からなる超低屈折率層を持ち、可視光域(380 nm〜780 nm)の全領域で、多層膜コーティングなどの従来の反射防止コーティングの限界を超えた、高い反射防止効果を実現。これにより、従来のコーティングでは低減が困難であった赤い光によるゴーストも防止効果を飛躍的に向上しました。さらに、レンズに斜めから入射する光に起因するゴースト、フレアに対しても大きな低減効果を発揮。安定してクリアーな画像が得られます。

左:通常のコーティング/右:ナノクリスタルコート

ナノクリスタルコートは、従来の多層膜コーティングに比べて反射率をさらに低く抑えるとともに、より広い波長域、角度範囲での反射防止を可能としました。フレアやゴーストの低減に非常に効果的です。

色収差補正と各種収差補正を両立する「ED非球面レンズ」

ED非球面レンズは色にじみを効果的に低減するED(特殊低分散)ガラスを使用し、片面または両面に、球面ではない曲面を持つレンズです。EDガラスを使用することで色収差を、非球面とすることで球面収差やディスト―ション(歪曲収差)、コマ収差によるコマフレアを除去するなど、各種収差を良好に補正し優れた描写性能を実現。EDガラスと非球面レンズの収差補正効果がED非球面レンズ1枚で得られるため、レンズの小型化にも貢献します。

EDレンズと非球面レンズそれぞれの収差補正イメージ図

EDレンズ:可視光線を構成する各波長によって異なる特殊分散性を持ち、色収差を低減することが可能

非球面レンズ:レンズ中心周辺から屈折率を連続的に変化させ焦点を1点に絞り、球面収差を抑えることが可能

従来製品との比較

24mm広角側での比較

従来製品(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

70mm望遠側での比較

従来製品(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

高い手ブレ補正効果4.0段(CIPA規格準拠)、進化したVR機構を新たに搭載

従来製品※1(AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)にはなかったVR機構を搭載。夕暮れや暗いシーンなどの手持ち撮影で起こりがちな手ブレによる画像やファインダー像のブレを効果的に軽減します。カメラ電源オン直後のVR 性能が向上しており、撮影開始直後からすぐに安定したファインダー像とブレを抑えた画像を提供します。また、レンズ鏡筒内のレイアウトを改良し、スリムな鏡筒デザインを活かしながら、高い光学性能とVR機構の搭載を両立させました。VRモードは[NORMAL]モードと[ACTIVE]モードを搭載。[NORMAL]モードの手ブレ補正効果は4.0段※2(CIPA規格準拠)と大きく、撮影者自身が手ブレせずに撮影できる限界のシャッタースピードから4.0段遅くしても、手ブレの影響を受けずに撮影でき、写真表現の幅が拡がります。また、三脚撮影※3にも対応。VRをONにしたままでも自動的に三脚ブレを軽減したシャープな画像が得られます。
※1 NORMALモード使用時。35mmフィルムサイズ相当の撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ使用時。最も望遠側で測定。
※2 三脚の種類や撮影条件によりVRをOFFにした方がよい場合があります。
※3 三脚の種類や撮影条件によりVRをOFFにした方がよい場合があります。

VR機構 OFF(イメージ画像)
暗いシチュエーションでシャッタースピードが遅いため手ブレが発生

VR機構 ON(イメージ画像)
遅いシャッタースピードでも手ブレの発生を軽減したシャープな描写

さまざまな撮影で有利な、レンズ内手ブレ補正方式

VR機構の原理

レンズ内でブレを補正するニコンのVR機構は、撮像素子を動かして補正するボディー内補正とは異なり、撮影画像のブレだけなく、ファインダー像のブレも効果的に補正します。ファインダー像が安定しているため、フォーカスポイントを狙った場所に重ねやすく、また、構図を決めるのも容易です。さらに、AFセンサーと測光センサーにもブレの軽減された像が届くので、AFも、測光も高い精度を確保できます。レンズ内でブレを軽減するレンズ内補正方式は、ファインダー越しに被写体を捉える一眼レフカメラにとって最も理にかなった手ブレ補正方式です。

ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR 撮影サンプル

  • シャッタースピード 1/2000秒
  • 絞り値 f/5.6
  • 焦点距離 24mm
  • フォーマット ニコンFXフォーマット
  • 元データを1280×852pixelにリサイズしています
  • © :Chris McLennan
  • シャッタースピード 1/250秒
  • 絞り値 f/2.8
  • 焦点距離 70mm
  • フォーマット ニコンFXフォーマット
  • 元データを1280×852pixelにリサイズしています
  • © :Chris McLennan
  • シャッタースピード 1/60秒
  • 絞り値 f/4
  • 焦点距離 56mm
  • フォーマット ニコンFXフォーマット
  • 元データを1280×854pixelにリサイズしています
  • © :Kate Hopewell-Smith
  • シャッタースピード 1/250秒
  • 絞り値 f/2.8
  • 焦点距離 24mm
  • フォーマット ニコンFXフォーマット
  • 元データを1280×854pixelにリサイズしています
  • © :Kate Hopewell-Smith
  • シャッタースピード 1/50秒
  • 絞り値 f/2.8
  • 焦点距離 70mm
  • フォーマット ニコンFXフォーマット
  • 元データを854×1280pixelにリサイズしています
  • © :Kate Hopewell-Smith

仕様詳細

商品名 カメラレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR NIKKOR(ニッコール) ブラック [ニコンF /ズームレンズ]
型番 AFSVR2470E
メーカー ニコン Nikonメーカーサイトへ
商品コード 3163472
メーカー希望小売価格 316,250円(税込)
メーカー発売日 2015年10月22日
ブラック

スペック詳細

最大径×全長 約88mm×154.5mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
フィルター径 82mm(P=0.75mm)
本体重量 約1070g
画角 【FXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ】84°- 34°20’ 【DXフォーマットのデジタル一眼レフカメラ】61°- 22°50’
レンズ構成 16群20枚(EDレンズ2枚、ED非球面レンズ1枚、非球面レンズ3枚、高屈折率レンズ1枚、ナノクリスタルコートあり、フッ素コートあり)
最小絞り F/22
絞り羽根枚数 9枚(円形絞り)
焦点距離 24mm-70mm
最短撮影距離 0.41m(焦点距離24mm、28mm、70mm)、0.38m(焦点距離35mm-50mm)
最大撮影倍率 0.28倍
付属品 82mmスプリング式レンズキャップ LC-82、裏ぶた LF-4、バヨネットフード HB-74、レンズケース CL-M3
仕様1 ズーミングズームリングによる回転式
仕様2 ピント合わせIF(ニコン内焦)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
仕様3 撮影距離目盛∞〜0.38m

商品レビュー

総合評価

評価点数 4.8

29件の商品レビュー

  • 星5つ

    24

  • 星4つ

    5

  • 星3つ

    0

  • 星2つ

    0

  • 星1つ

    0

商品レビューを書く

ビックカメラグループで購入し、商品レビューをご投稿いただいたお客様にはビックポイントをプレゼントします!

並び替え
絞り込み

登録されたレビューはありません。

商品レビューを書く

閉じる

ビックカメラグループで購入

匿名さんの投稿

評価レビュー
純正は良い

2020年1月2日

VR目的に24-70 2.8Gから乗り換えました。
写りに関しては大きな変化は感じませんが、VRは屋内の手持ちや動画撮影時に重宝しています。
サードパーティ製も考えましたが、やはり純正はピント精度などで信頼がおけて良いと思います。
サードパーティ製よりもやや長さがあり、手持ち時や収納の際などの取り回しには少し気を使うのと、何より価格が圧倒的に高いので星-1ですが、それでも買う価値はあるレンズだと思います。

閉じる

ビックカメラグループで購入

KONAさんの投稿

評価レビュー
スタンダードの王道

2019年11月25日

大きい、使い勝手が…それは万能ではなく勝手は悪い。
た 評判を見ると前の品番でも良いといろんな所で書いてある。

ただこれが王道。
どうせ安いレンズ買っても満たされない。
標準ズームで撮りまくって、腕を磨いて、単焦点、望遠も一番良いレンズ買っていきたい。

参考になった

参考になった:1

購入する

閉じる

ビックカメラグループで購入

horryさんの投稿

評価レビュー
写りは抜群です

2019年11月24日

描写力がよくボケもなかなかです。またレンズの明るさが暗い場面での力を発揮してくれます。難点は、重い事と長い事です。最近勢力を伸ばして来ているミラーレスは、やはりコンパクトさが売り。重さと大きさを我慢出来れば最高のレンズです!

閉じる

ビックカメラグループで購入

hahahaさんの投稿

評価レビュー
大三元

2019年10月10日

本格的にまだ使っておりませんが、とても期待の持てるレンズだと感じます。
手ぶれ補正がどこまで効くのか?よく分かりませんが、使い倒していきたいと思います。
環境によって、ファインダーに光の玉が反射?するときがあります。
この症状は、よく分かりません・・
あとは、長くて重たいので、それなりの気合いが必要かも。

参考になった

参考になった:2

購入する

閉じる

ビックカメラグループで購入

匿名さんの投稿

評価レビュー
ピント爆速、VR効き良し

2019年6月15日

24mmF1.8単焦点を使っていますが、ズームしたいのと他人に撮ってもらう際にVR付きが良いので買いました。
F2.8で比較するとさすがに単焦点のほうが解像します。
ただ、ピントはこちらのほうが爆速です。

VRはしっかり効きます。
重くて長いのがネックです。

フードを付けるとき、斜めだと入っていきません。慣れが必要です。
VRのスイッチは、向かって右からOFF、active、normalが良かったです。
普段使いのnormalが中央だと、ブラインドタッチしたときにどの場所にあるかわかりにくいので。

閉じる

ビックカメラグループで購入

kumakumaさんの投稿

評価レビュー
やはり大三元の一角

2019年4月11日

70−200mm f2.8Eの解像度に圧倒された印象の残る中で、標準ズームを購入。
最初は、望遠ズームほどの感動を得られなかったのですが、やはり絞り方によって印象が違うようです。
 すこしずつ、味がわかってきました。単焦点を使ったことがないので比較はできませんが、やはり解像度は高いと思いますし、持っていて非常にウキウキするレンズです。AFも早いです。
 もう少し使いこなして、持ち味の出る使い方を探求していきたいと思います。

参考になった

参考になった:1

購入する

閉じる

ビックカメラグループで購入

匿名さんの投稿

評価レビュー
かっこいい!

2019年4月5日

初めていいレンズを買いました。重いけどきれいに写り、しばらく楽しみます。

参考になった

参考になった:1

購入する

閉じる

ビックカメラグループで購入

匿名さんの投稿

評価レビュー
さすが大三元

2019年1月6日

重量が1キロということで、なかなか持ち出さずにいましたが、先日ようやく決心して1日使ってみました。AFは素晴らしい速さですし、撮れた写真も満足のいくものばかりで、どうして今まで使わなかったのかと後悔したくらいです。
値段に見合うだけのものはあります。これからメインレンズとしてバンバン使おうと思います。

参考になった

参考になった:1

購入する

閉じる

ビックカメラグループで購入

匿名さんの投稿

評価レビュー
D850ボディとセットで今後の撮影に期待。

2018年6月24日

まだ、十分に使いこなしていない。今後の撮影に期待している。

参考になった

参考になった:1

購入する

閉じる

ビックカメラグループで購入

匿名さんの投稿

評価レビュー
最高レンズ

2018年6月1日

文句なし!最高のレンズだと思います!

ショッピングガイド