ゴルフクラブの選び方

ユーティリティ

ユーティリティの特徴

アイアンとフェアウェイウッドとの中間に位置するクラブです。

特徴

・フェアウェイウッドよりシャフトが短いため、フェースのスイートエリアにボールを当てやすく強い球を打ちやすい仕様となっています。
・他のクラブと違い、番手以外にも『ロフト角』で細かく区分けされておりすでに持っているクラブセットの『急所』を埋めることができます。

『クラブの芯で球を打つのが苦手…』、『フェアウェイウッドより強い球が打ちたい!』『フェアウェイウッドより操作性が高くて、アイアンより飛ぶクラブが欲しい!』といった方におすすめです。

ロフト角による違いと同等クラブの目安

ロフト角(目安)

同等クラブ

平均飛距離(38-40m/s)

14 - 16度

3W

215 〜 220y

17 - 19度

5W / 2I

195 〜 200y

20 - 22度

7W / 3I

180 〜 185y

23 - 25度

9W / 4I

170 〜 175y

26 - 29度

5I

160 〜 165y

※Wはウッド Iはアイアンを示します

ヘッド形状による違い

ウッド型

ショット時にヘッドが球を掴みやすく、打球が上がりやすい仕様です。
また、ダフりに強い形状です。

アイアン型

コントロール性能が高く、障害物がある状況やラフからのショットに適しています。