ゴルフクラブの選び方

アイアン

シャフトの硬さと素材

シャフトの硬さの種類

一般的に、メンズクラブは【 R(軟) ・ SR ・ S ・ X(硬) 】の4種類、レディースクラブは【 L ・ A 】の2種類があります。
素材は主に2種類【スチール】と【カーボン】です。

カーボンシャフトの特徴

重量は軽く、柔らかいシャフトです。
スイングスピードに自信がない方でも、そのしなりと軽さで飛距離を伸ばすことが可能です。

硬いシャフトの特徴

重量は重く、硬いシャフトです。
硬くて重い分、ボールに力が伝わりやすいため、スイングスピードが速い方向けと言えます。

※軽量のスチールシャフトもあります。

ヘッド形状による違い

アイアンのヘッド形状は、大きく3種類あります。

キャビティアイアン

ヘッド面積が大きくスイートエリアが広く、イレギュラーやミスが起こりにくいため、非常に使いやすいい仕様となっています。

初心者から上級者まで、幅広いプレイヤーへおすすめできます。

中空アイアン

ヘッドに厚みがあり、ドライバー等の様な強い弾道になる傾向があります。
重心がヘッドの後方に寄っていて、ボールが上がりやすい特徴があります。

初心者から上級者まで、幅広いプレイヤーへおすすめできます。

マッスルバックアイアン

スイートエリアが狭く、扱うには技術が必要なタイプです。
ボールコントロール性能が高いため、上手に扱うことができればアプローチ等で絶大な力を発揮します。

上級者向けのアイアンです。

ライ角による違い

部位名称

ライ角が大きい物を『アップライト』 小さい物を『フラット』と言います。

自身に合ったライ角のクラブを選ぶ際は、実際に構えて、ボールを打つ必要があります。
図の様にクラブのソール部が地面にぴったりと付いてしまっている場合、スイングした際にヘッドの先方向(トゥ)部分が下がり、地面に干渉してしまう事で減速しインパクトポイントがずれてしまいます。
※トゥダウン現象と呼ばれています。

そのため、クラブを構えた際にトゥが少し浮くくらいのライ角が適正と言われています。
※トゥダウン現象によるライ角の誤差はお客様のスイングスピードにより変わってきます。

①ライ角
ソール(底面)とシャフト軸との間の角度
②トゥ
ヘッドの先方向
③ソール
ヘッドと地面の接する底面
④ソケット(フェルール)
ボーゼル上部のシャフトにかぶせるキャップ
⑤ボーゼル(ネック)
ヘッドとシャフトをつなぐ部分
⑥ヒール
ヘッドのかかと部分
⑦リーディングエッジ
フェースの最も下の部分
⑧トップライン
ヘッドの上面
⑨フェース
ボールの当たる場所
⑩スコアライン
フェースの溝