ゴルフクラブの選び方

ドライバー・フェアウェイウッド

シャフトの硬さ

シャフトの硬さの種類

一般的に、メンズクラブは【 R(軟) ・ SR ・ S ・ X(硬) 】の4種類、レディースクラブは【 L ・ A 】の2種類があります。

軟らかいシャフトの特徴

スイングする際にシャフトが「しなる」ので、そのしなりを活かしボールの飛距離が出るといわれています。
また、高弾道のショットが打ちやすくなることも特徴の一つです。スイングスピードが速くない方に向いてます。

硬いシャフトの特徴

シャフトの「しなり」が少ないため、自身のヘッドスピードでボールを飛ばさなければなりません。
そのため、イレギュラーが少なくコントロール性能が高いといわれています。
ヘッドスピードに自信がある方は柔らかいシャフトより硬めのシャフトがおすすめです。

ヘッド体積

ヘッド体積の大きさ

ヘッドが大きいほど、スイートエリアが大きくなり、真っ直ぐ飛んでくれる打点が広がります。
また、ボールが芯から若干外れたとしても、ボールに力がしっかり伝わってくれる利点があります。
反面、操作性が悪くなるといわれており、フェードやドローといったボールの打ち分けが難しくなります。

ヘッドが小さいクラブは、操作性に優れボールをコントロールしやすくなります。
弾道も低弾道になりやすく、直線的な軌道を描きやすくなります。
ただ、スイートエリアが小さくなり安定性が損なわれるため、まだしっかりとボールを芯で捉えられない方には不向きになります。

ロフト角

ロフト角とは

ヘッドを真っ直ぐ地面に置いた際、フェース面が傾いている角度の事を言います。

ロフト角度の違い

角度が大きければ大きいほど、フェースが寝ているような状態になります。
そのため、角度が大きければその分、真っ直ぐに打ってもボールが高く打ち出されようになります。
スイングスピードに自信がなく、飛距離を伸ばしたい方や、ボールが低弾道になりがちな方には、ロフト角が大きいクラブをおすすめします。