ソニー SONY

α7S III【ボディ(レンズ別売)】ILCE-7SM3/ミラーレス一眼カメラ [ボディ単体]

ビック特価

449,900円 (税込)

送料無料
ビックポイント 44,990ポイント (10%)
在庫・納期

発売日以降お届け

ソニー小型・軽量フルサイズミラーレス一眼「α7C」特設ページ 詳しくはこちらからご確認下さい。
数量 1
ご加入頂くと長期保証約款が適用されます。

長期保証とは

ほしいものリストに追加

Sony Authoraized Dealer

ビックカメラはソニー特約店です。ご購入いただいたソニー製品に添付される保証書には、ソニー特約店としての販売証明を付しますので、ご安心ください。

ショッピングローン24回まで無金利!!

ショッピングローンもご利用頂けます

最長24回払いまで金利手数料無料!

月々18,700円からご購入頂けます。

ビックカメラSuicaカード

お探しの商品は見つかりましたか?

α7S III【ボディ(レンズ別売)】ILCE-7SM3/ミラーレス一眼カメラ [ボディ単体]

この商品とイメージが近い商品を探す

検索する

商品の特徴

最高ISO 409600の高感度性能と15+ストップの広いダイナミックレンジ、高精細4K120p動画記録、精度と追従性を高めたAF性能など、撮影性能と機動性を追求した映像クリエイター向けフルサイズミラーレス一眼カメラ

■映像クリエイターの感性に応える、α7Sシリーズ新世代モデル
わずかな光までも描写する圧倒的な高感度性能と、すべての感度域で広いダイナミックレンジを実現するα7Sシリーズの基本コンセプトはそのままに、さらなる表現力を追求するため、有効約1210万画素の裏面照射型CMOSイメージセンサーを新開発。拡張最高ISO感度409600や15+ストップ(*1)のダイナミックレンジに加え、最大4:2:2 10bitの4K 120p(*2)動画記録や、α7Sシリーズとして初(*3)の像面位相差AFに対応。撮影領域のさらなる拡大を可能にします。さらに、AF、画像認識、画質調整、現像といったリアルタイム処理を、新画像処理エンジン「BIONZ XR(ビオンズ エックスアール)」に集約することで、画像処理の遅延時間を短縮するとともに、動画・静止画処理能力を大幅に向上しています。

*1 S-Log3動画撮影時。ソニー内部測定
*2 QFHD(3840×2160)。約10%画角がクロップされます
*3 2020年7月時点、ソニー調べ

■CFexpress Type Aメモリーカードに対応したデュアルスロット
世界初(*4)、CFexpress Type AメモリーカードとSDXCメモリーカードに対応したデュアルスロットを採用(*5)。スロット1(上)、スロット2(下)ともに、新メディアCFexpress Type AメモリーカードとSDXC/SDHCメモリーカード UHS-II/UHS-Iの両方に対応しました。大容量のデータをより高速で記録することができます。特にCFexpress Type Aメモリーカードは、連続撮影や高ビットレート4K動画に最適な次世代メディア。その高速書き込み処理性能で、進化し続けるカメラの静止画・動画の膨大なデータ処理においてもバッファ解放時間の短縮に寄与。ゆとりある撮影を実現します。もちろん従来同様、記録メディア設定メニューから、同時記録、静止画/動画や静止画JPEG(HEIF)/RAWなどの振り分け記録の選択や、リレー記録の設定もできます。

*4 2020年7月広報発表時点。レンズ交換式デジタルスチルカメラにおいて
*5 CFexpress Type Bメモリーカードは使用できません

■フルサイズ領域での4K全画素読み出しや、印象的な表現を可能とする多彩な動画性能
新開発フルサイズイメージセンサーと新画像処理エンジン「BIONZ XR」の搭載で、画素加算のないフルサイズ領域での4K全画素読み出しのほか、10bitのビット深度、4:2:2カラーサンプリング、高効率なMPEG-H HEVC/H.265コーデック対応、All-Intra記録(*6)など高い映像品質を実現。また、最大120pのハイフレームレート動画を4K解像度によるカメラ内記録に対応。4K解像度で最大5倍のなめらかなスローモーションにより、印象的な映像表現が可能になりました。拡大するRAW収録への要望に応え、αシリーズ初(*7)、カメラからHDMIケーブル経由で対応する外部レコーダー(*8)への16bit RAW動画の出力が可能に。ポストプロダクションを前提としたワークフローを高い基本性能でパワフルにサポートします。

*6 ファイルフォーマットメニューでXAVC S-I 4KまたはHDを選択
*7 2020年7月時点、ソニー調べ
*8 ATOMOS社 NINJA Vモニター/レコーダー。2020年7月時点

■動画撮影におけるフォーカスワークの常識を変えるAFシステム
業務用ラージフォーマットカメラ「FX9」譲りのAF性能を搭載。動画撮影時も像面位相差AFが有効。リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFに加えて、プロのフィードバックを反映した細やかなAFトランジション速度、AF乗り移り感度や、直感的な操作、マニュアルフォーカス中のAFサポートにも対応しています。さまざまな撮影条件下で安定したAF性能と多彩なフォーカスワークを提供します。

■長時間連続録画を可能にする新開発の放熱構造
動画撮影中の温度上昇を抑制し、長時間の4K連続録画をサポートするため、設計を徹底的に見直し効率的な放熱構造を実現しました。新開発の放熱構造が、イメージセンサーや画像処理エンジンの駆動に伴う熱を効果的に分散し放熱させることで、小型・軽量ボディを維持しつつカメラ本体内の温度上昇を抑制。これにより1時間を超える高精細4K60p動画の記録(*)を可能にしています。
*ソニー内部測定条件。XAVC S-I 4K 4:2:2 10bit記録、25℃(室温および録画開始時のカメラ温度)、自動電源OFF温度[高]設定、条件によって撮影可能時間は変わります

ソニー(SONY) α7S III 主な特徴

有効約1210万画素の新開発裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R」

α7Sシリーズとしては初めて*となる、裏面照射型の有効約1210万画素35mmフルサイズCMOSセンサーを新開発。α7Sシリーズの特長である高感度・低ノイズ・広ダイナミックレンジはそのままで、感度向上、2倍の読み出し速度を実現。α7Sシリーズ初*の像面位相差AFにも対応しています。

*2020年7月時点、ソニー調べ

ソニー α7S III Exmor R
ソニー α7S III 裏照射構造

一般的な構造

ソニー α7S III 裏照射構造

α7S IIIの裏照射型構造

新画像処理エンジン「BIONZ XR」

従来モデルでは、高性能画像処理エンジン「BIONZ X」とフロントエンドLSIが連携して処理していたAF、画像認識、画質調整、現像といったリアルタイム処理を、新画像処理エンジン「BIONZ XR」に集約することで、画像処理の遅延時間を短縮するとともに、動画・静止画処理能力を大幅に向上。ユーザーインターフェース/ネットワーク/ファイル管理といったメディア処理の負荷を分散することで、リアルタイム処理の負荷の大きさに関わらず、快適な操作レスポンスを実現しました。

ソニーα7S III BIONZ XR

CFexpress Type Aメモリーカードに対応したデュアルスロット

CFexpress Type AメモリーカードとSDXCメモリーカードに対応したデュアルスロットを採用。スロット1(上)、スロット2(下)ともに、新メディアCFexpress Type AメモリーカードとSDXC/SDHCメモリーカード UHS-II/UHS-Iの両方に対応しました。大容量のデータをより高速で記録することができます。特にCFexpress Type Aメモリーカードは、連続撮影や高ビットレート4K動画に最適な次世代メディア。その高速書き込み処理性能で、進化し続けるカメラの静止画・動画の膨大なデータ処理においてもバッファ解放時間の短縮に寄与。ゆとりある撮影を実現します。もちろん従来同様、記録メディア設定メニューから、同時記録、静止画/動画や静止画JPEG(HEIF)/RAWなどの振り分け記録の選択や、リレー記録の設定もできます。

ソニーα7S III ダブルスロットル

撮影の自由度を高めるバリアングル液晶モニター

α Eマウントボディとして初めて、バリアングルタイプの横開き背面モニターを搭載。横方向に176度、上方向180度、下方向90度と自在に可動するバリアングル機構で、手持ちの動画撮影時、ジンバルに搭載している場合や状況記録用の自撮り、また地面すれすれのローポジションでの迫力ある撮影など、静止画・動画撮影を問わず、状況に応じた自由なポジションやアングルでのフレーミングが可能。また、約144万ドット、3.0型の大型のタッチパネル液晶を採用。屋外撮影時の視認性に配慮し、屋外晴天モードや手動設定に対応しています。さらに、タッチトラッキングやタッチフォーカスに加え、新たにメニューやファンクションメニューのタッチ操作が可能になりました。

ソニーα7S III バリアングル

幅広い感度域と、15+ストップの高いダイナミックレンジを実現

色再現性の向上のため、センサーに最新のカラーフィルターを採用。また、センサーの高集光プロセス技術に加え、入射光量に合わせて出力される信号のレベルをセンサー内部で最適化することで、すべての感度領域において高感度・低ノイズ性能を実現。常用ISO感度はα7S IIと比べて低感度側80から102400(静止画、動画共通。静止画拡張時40 - 409600、動画拡張時80 - 409600)へ拡大。加えて、15+ストップ(S-Log3動画撮影時)の広いダイナミックレンジを達成しています。

ソニーα7S III ダイナミックレンジ

FE 85mm F1.4 GM 1/125秒 F9 ISO6400

高精度な像面位相差AF対応センサー

α7Sシリーズとしては初めて(2020年7月時点、ソニー調べ)、像面位相差AFに対応したセンサーを採用。イメージセンサーの撮像画面の約92%に、α9 /α9 IIの693点よりさらに多い、759点の選択可能な位相差測距点を高密度に配置。従来の高感度性能に加えて、像面位相差AF時のフォーカスの安定性と精度向上を実現しています。

ソニーα7S III 像面位相差AFセンサー

新開発イメージセンサーと画像処理エンジンの融合で、かつてない4K動画記録を実現

新開発フルサイズイメージセンサーが実現する広いダイナミックレンジ、高感度性能、高速読み出しによるローリングシャッターの低減に加えて、大容量データのリアルタイム処理に優れた新画像処理エンジン「BIONZ XR」で、全記録モードでの画素加算なしの全画素読み出し動画記録、4K 120p記録、4:2:2 10bitのビット深度やカラーサンプリングなどの圧倒的な映像記録性能を小型ボディに凝縮しました。

編集の自由度を高める16bit RAW出力

拡大するRAW収録への要望に応え、αシリーズ初、HDMIケーブル経由でカメラから対応する外部レコーダーへの16bit RAW動画の出力が可能になりました。また、フルサイズ4264×2408 (16:9アスペクト)、16bitの映像出力が可能で、フレームレート(60p/50p/30p/25p/24p)が設定できます。さらに、XAVC HS 4K/XAVC S 4K/XAVC S-I 4K動画の本体内記録をしながらHDMI経由でRAW映像を出力が可能なうえ、プロキシー記録も選択できます。

ソニーα7S III 16bit RAW動画

基本画質が向上。被写体に最適なクリアな映像を実現

新画像処理エンジンにより、動画撮影時の基本画質も向上。植物の緑や人物の肌など個々に最適な色再現性や質感表現と、撮影光源に左右されない色の安定化や、ポートレートの肌色再現やハイライトの粘り(ロールオフ)が大幅に改善しています。また、動画撮影においても新搭載の「可視光+IRセンサー」を活用し、通常は難しい蛍光灯やLEDなどの人工光源下でも、より正確なホワイトバランスが得られるようAWB性能も進化しました。新開発CMOSセンサーと新画像処理エンジンにより、4K撮影時の動体歪みも大幅に軽減しています。

ソニーα7S III クリアな映像

FE 85mm F1.4 GM 1/125秒 F2.8 ISO320

撮影環境を問わない高速・高精度なAF性能を実現

業務用ラージフォーマットカメラ「FX9」譲りのAF性能を搭載。動画撮影時も像面位相差AFが有効です。リアルタイムトラッキングやリアルタイム瞳AFに加えて、プロのフィードバックを反映した細やかなAFトランジション速度、AF乗り移り感度や、直感的な操作、マニュアルフォーカス中のAFサポートにも対応。さまざまな撮影条件下で安定したAF性能と多彩なフォーカスワークを提供します。

フォーカスワークをサポート

マニュアルフォーカス(MF)での記録中にも、目的に応じたAF動作でフォーカスワークをサポートします。シャッターボタンの半押しやAF-ONボタンを押し下げることで、静止画撮影時同様に最速で被写体を捉えられます。また、タッチフォーカス操作によるAFとカスタムボタンによるリアルタイム瞳AFは、あらかじめ設定した「AFトランジション速度」に応じたピント送りが可能です。

ソニーα7S III フォーカスサポート

「リアルタイム瞳AF」に対応

リアルタイム処理に優れた新画像処理エンジンで、瞳の検出能力がさらに向上。より角度のある横顔や下向き、上向きの顔でも高精度で自動的に瞳にピントを合わせ続けるます。4K 120p含むすべての動画記録モードで使用可能。静止画同様、タッチトラッキングとの併用にも対応。画面内の任意の場所にいる人物をリアルタイムトラッキングで自動追尾、瞳を認識すればリアルタイム瞳AFでの追随が可能です。

ソニーα7S III リアルタイムAF

高性能手ブレ補正「アクティブモード」

手持ち撮影に特に有効な5.5段分の光学式5軸ボディ内手ブレ補正機能を搭載。カメラに内蔵した高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサー、最適化されたアルゴリズムにより、αシリーズボディとしては初めて、手ブレ補正効果を向上させる動画専用の「アクティブモード」に対応。リアルタイム処理能力に優れた新画像処理エンジンが、手ブレ量を高精度に検出し光学的に補正することで、4Kを含む各フォーマットで圧倒的に安定した動画撮影が可能になりました。

ソニーα7S III アクティブモード

デジタルオーディオインターフェースに対応

カメラ本体の「マルチインターフェース(MI)シュー」に、デジタルオーディオインターフェースを追加。これにより、別売のショットガンマイクロホン「ECM-B1M」やXLRアダプターキット「XLR-K3M」との組み合わせで、音声をデジタル信号のままダイレクトにカメラに伝送、劣化のない高音質録音を実現します。また、XLR-K3Mと本機を組み合わせることで、αとして初めてデジタル4chや24bitでの音声収録もサポート。音声の記録フォーマットを、48kHz/16bit 2ch、48kHz/24bit 2ch、48kHz/24bit 4chからメニューで選択できます。従来のMIシュー接続と同様にケーブルフリー・バッテリーフリー仕様のため、αシステムとして動画撮影時の自由度が上がります。

ソニーα7S III デジタルオーディオインターフェイス

カメラ単体で思い通りの表現が可能な「クリエイティブルック」

撮影する静止画、動画を思い通りの雰囲気に仕上げることができる「クリエイティブルック」を新搭載。全10種類のモードがカメラ内にプリセットされており、ユーザーの好みに合わせた画づくりを選べるほか、選択したモードをベースにさらに独自の画づくりを楽しむこともできます。コントラストがありながら落ち着いた発色と印象的な色味の[FL]や、マットで柔らかな質感の[IN]など、色合い、色の濃さ、明るさ、コントラスト、シャープさなど、多くの要素を組み合わせた多彩なモードを搭載しています。細やかな調整を行うことも可能です

ソニーα7S III クリエイティブルック   クリエイティブルック(FL)

ソニーα7S III BIONZ XR

クリエイティブルック(SH)

5.5段の補正効果を実現する光学式5軸ボディ内手ブレ補正

高精度な手ブレ補正ユニットとジャイロセンサーを搭載し、さらに手ブレ補正アルゴリズムの最適化を行うことにより、5.5段の補正効果を実現。また、静止画撮影中の手ブレ補正の効果は、シャッターボタン半押し中およびピント拡大機能やMFアシストによる拡大表示中に、ライブビュー映像で確認することが可能。望遠撮影時やマクロ撮影時など、安定したライブビュー映像を確認しながら快適にフレーミングやピント合わせをすることができます。

ソニーα7S III 5軸手ブレ補正

α7Sシリーズ初となる像面位相差AFを搭載

α7Sシリーズとして初となる、高速・高精度な像面位相差AFを搭載。さらに、進化した画像処理エンジンとの組み合わせで、イメージセンサーの撮像画面のほぼ全域(約92%)に、α9/α9 IIの693点を上回る759点の選択可能な位相差測距点を高密度に配置しました。広範囲からの膨大な被写体情報を、リアルタイム処理に優れた画像処理エンジンがパワフルに処理し、高精度・高密度に分析。高速性と追随性に優れた位相差AFと、高精度なコントラストAFを併用するファストハイブリッドAFシステムが、複雑な動きやスピードに緩急のある動体も高速に捕捉し、粘り強く追随し続けます。コントラストAF時のエリアは425点です。

ソニーα7SIII 像面位相差AF

FE 24-70mm F2.8 GM 1/1000秒 F2.8 ISO2000

約30%性能が向上したリアルタイム瞳AF

α7Sシリーズとして初搭載のリアルタイム瞳AFが、リアルタイム処理に優れた新画像処理エンジンの高い処理能力により、さらに進化。AI技術を活用した認識性能の向上と、ファストハイブリッドAFのアルゴリズム進化により、より角度のある下向き、横向き、上向きの顔に対しても従来システムよりも約30%性能が向上しています。リアルタイムトラッキングとの併用で、動きの激しいスポーツなどのさまざまなシーンでも、安定した追尾が可能です。動画撮影時でも瞳AF(人物)に対応。また、フォーカスする瞳を自動的に選択するだけでなく、右目または左目をあらかじめ指定しておくことができるようになりました。ポートレート撮影時、あらかじめ狙いたい目が決まっている場合などに構図や撮影に集中できます。

ソニーα7SIII リアルタイムAF

リアルタイム瞳AFの動物対応

高度な物体認識技術を用いて瞳を捉え続ける「リアルタイム瞳AF」は犬、猫を中心とした動物の瞳の認識も可能です。あらかじめ検出対象を動物に設定しておくことで、動物の瞳を高速・高精度に自動検出し、追随します。これまでフォーカス枠をピンポイントに合わせることが難しく失敗しがちだった動物の撮影や、ペットの愛らしい瞳を撮影しやすくなります。リアルタイムトラッキングと併用すれば、動きのある動物でも粘り強く追尾可能です。

ソニーα7SIII 動物リアルタイムAF

最高10コマ/秒の高速連写性能

メカシャッター、電子シャッター問わず、AF/AE追随連写は最高約10コマ/秒、ライブビュー方式では最高約8コマ/秒を実現。レスポンスにも優れ、連写中のファインダーやモニターへの表示タイムラグが少なく安定したフレーミングができるので、特に動きの激しい被写体の撮影に有効です。AF-Cかつ連写時に像面位相差AFが使える絞り値の範囲の上限値はF11。また、像面位相差AFに対応したすべてのEマウントレンズで使用できます。

ソニーα7SIII 高速連写

FE 12-24mm F2.8 GM 1/1000秒 F2.8 ISO1600

長時間連続録画を可能にする新開発の放熱構造

動画撮影中の温度上昇を抑制し、長時間の4K連続録画をサポートするため、設計を徹底的に見直し効率的な放熱構造を実現。新開発の放熱構造が、イメージセンサーや画像処理エンジンの駆動に伴う熱を効果的に分散し放熱させることで、小型・軽量ボディを維持しつつカメラ本体内の温度上昇を抑制。これにより1時間を超える高精細4K60p動画の記録を可能にしています。

ソニーα7SIII 放熱構造

長時間の撮影を可能にするスタミナ性能

α7Sシリーズとしては初めて高容量のZバッテリーを採用。新画像処理エンジン、イメージセンサー、回路設計含め、状況に応じて細やかにパワーセーブすることで、消費電力を削減。これにより、1回の充電で撮影可能枚数が510枚と、従来の約1.6倍に向上しました。また、NP-FZ100を最大2個装着可能な縦位置グリップ「VG-C4EM」を装着して、さらに長時間の撮影することが可能です。USB給電も出来るので、撮影状況に合わせてAC電源を使用したりモバイルバッテリーから給電したりと、よりフレキシブルに対応できます。

ソニーα7SIII スタミナ性能

ソニー(SONY) α7S III 動画サンプル

ソニー(SONY) α7S III 静止画サンプル

ソニーα7S3 撮影サンプル

シャッタースピード:1/250秒

絞り値:f/2.8

撮像感度:ISO 400

露出補正:0ステップ

焦点距離:24mm

測光モード:パターン

レンズ:SEL2470GM

ソニーα7S3 撮影サンプル

シャッタースピード:1/320秒

絞り値:f/1.4

撮像感度:ISO 1600

露出補正:0ステップ

焦点距離:50mm

測光モード:パターン

レンズ:SEL50F14Z

ソニーα7S3 撮影サンプル

シャッタースピード:1/1000秒

絞り値:f/2.8

撮像感度:ISO 2000

露出補正:0ステップ

焦点距離:24mm

測光モード:パターン

レンズ:SEL2470GM

ソニーα7S3 撮影サンプル

シャッタースピード:1/1000秒

絞り値:f/2.8

撮像感度:ISO 2500

露出補正:0ステップ

焦点距離:200mm

測光モード:パターン

レンズ:SEL70200GM

仕様詳細

商品名 α7S III【ボディ(レンズ別売)】ILCE-7SM3/ミラーレス一眼カメラ [ボディ単体]
型番 ILCE7SM3
メーカー ソニー SONYメーカーサイトへ
商品コード 8307314
メーカー希望小売価格 オープン価格
メーカー発売日 2020年10月09日
メーカー保証年数 1年

スペック詳細

本体サイズ(H×W×D) mm 約128.9 x 96.9 x 80.8mm、約128.9 x 96.9 x 69.7mm (グリップからモニターまで)
本体重量 約614g(本体のみ)
撮像画面サイズ 35mmフルサイズ (35.6 x 23.8mm)、Exmor R CMOSセンサー
総画素数 約1290万画素
有効画素数 約1210万画素
液晶モニターサイズ 7.5cm (3.0型) TFT駆動 タッチパネル 1440000ドット 角度調整 オープン角:約176°、チルト角:約270°
ビューファインダー 1.6cm (0.64型)電子式ビューファインダー (Quad-XGA OLED)
レンズ 別売
ISO感度 静止画撮影時: ISO80-102400 (拡張: 下限ISO40、上限ISO409600)、AUTO (ISO80-12800、上限/下限設定可能)、動画撮影時: ISO80-102400相当(拡張:上限ISO409600相当)、AUTO (ISO80-12800相当、上限/下限設定可能)
シャッタースピード 静止画撮影時: 1/8000-30秒、バルブ、動画撮影時: 1/8000-1/4 (1/3ステップ)、AUTO 1/60まで、オートスローシャッター1/30まで
記録メディア SDメモリーカード、SDHCメモリーカード (UHS-I/II対応)、SDXCメモリーカード (UHS-I/II対応)、CFexpress Type Aカード
撮影可能枚数 ファインダー使用時: 約510枚、液晶モニター使用時: 約600枚 (CIPA規格準拠)
連続撮影速度 Hi+時: 最高約10コマ/秒、Hi時: 最高約8コマ/秒、Mid時: 最高約6コマ/秒 、Lo時: 最高約3コマ/秒
有効撮影画角 フルサイズ
電源 リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100
付属品 リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100、バッテリーチャージャー BC-QZ1(ACコード長50cm。※ 単売のBC-QZ1のACコード長とは長さが異なります(200cm))、電源コード、ケーブルプロテクター、ショルダーストラップ、ボディキャップ、アクセサリーシューキャップ、アイピースカップ、USB-A - USB-Cケーブル (USB 3.2)

ショッピングガイド

中古商品ページへ移動します
ビックカメラ.comの会員IDをご利用頂くと
スムーズにお買い物ができます
会員IDを利用する
会員IDを利用せずに開く
戻る

  • モーダル用ボタン