令和最初の大掃除 回転モップが8,980円(税込)

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

SONY FE 600mm F4 GM OSS

ソニーが持てる最先端技術を余すことなく投入し、G Masterレンズの名を戴冠した高画質と高解像度を世界最軽量で実現した超望遠レンズのFE 600mm F4 GM OSSを持って羽田空港周辺を散策に向かい、離発着する航空機や空港周辺の公園のまったりした雰囲気をカメラに収めてきました。


FE 600mm F4 GM OSS_着陸態勢最初に向かったのは川崎市浮島町公園。着陸態勢に入り速度を落としながら羽田空港に近づいてくる航空機を浮島町公園から撮影しました。機体には来年の開催の東京五輪をPRするペイントが施されています。大きなロゴ、オリンピックとパラリンピックのマスコットキャラクターの「ミライトワ」「ソメイティ」、機体や翼から出た車輪などをα9に付けた600mmが精緻に捉えて写し出しました。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:200
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_着陸空港に着陸する航空機。背後に羽田空港第1ビルや管制塔が距離感を圧縮されてあたかも密集しているかのように写っています。超望遠レンズは背景をダイナミックに写しこむのが魅力の一つです。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_子猫離陸する飛行機を撮るため城南島海浜公園へ移動しました。
海南島海浜公園に到着して海辺に向かって歩いていると野良猫の集団と遭遇しました。ほとんどの猫は筆者の姿を見るや否や素早く逃げてしまったのですが、一匹の子猫が顔を引きつらせながら身をすくめて動けないでいました。「怖くないよ。大丈夫だよ」と声を掛けながらゆっくりと600mmを持ち上げてシャッターを押しました。さすがに600mm、近寄らなくても子猫を大きく撮ることができます。超望遠レンズのボケ味で背景から浮き上がって、一段とかわいらしい姿が伝わってくるようです。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:1600
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


◇離陸する航空機の連続写真です。
FE 600mm F4 GM OSS_離陸1 
FE 600mm F4 GM OSS_離陸2 
FE 600mm F4 GM OSS_離陸3 
FE 600mm F4 GM OSS_離陸4 
FE 600mm F4 GM OSS_離陸5 
FE 600mm F4 GM OSS_離陸63,040gの重量は数字だけ見ると重そうに見えますが、世界最軽量と謳うだけあり、実際に手にしてみると見た目からくる重量感よりはるかに軽く感じます。実際α9に装着して空港から飛び立つ航空機を狙ってもフレーミングが大きく外れることなくみるみる高度を上げ雲の中に入っていく機体を追い続けることができます。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:125〜820(ISO感度自動設定)
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_雲に包まれながら上昇する航空機離陸後上昇を続け、低く垂れこめた雲に包まれながら高度を上げて機体が小さくなってゆく航空機の姿もピントを合わせて鮮明に写しています。解像度の優れているレンズは, 距離が離れ小さく写っている被写体の姿も鮮明に写し出します。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/5
露出時間:1/2000秒
ISO:125〜820(ISO感度自動設定)
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_飛行機を見つめるカワウ浜辺に近い海に浮かぶ灯浮標(ライトブイ)に一羽のウミウが留まっています。東京湾にいる鵜はほとんどカワウなのだそうですが、このカワウはまるで飛び立つ飛行機を見守るかのように空を見つめていました。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:500
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_飛び立つカワウやがてカワウも飛び立ちました。かなりのスピードでしたが、軽量な600mmは手持ち撮影でカワウの飛行姿を追い続けることができました。ほぼすべてのカットでピントを合わせたα9の能力は素晴らしく、その能力を余すことなく発揮させる600mmもまた素晴らしいレンズだと感じました。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/1600秒
ISO:400
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_カモメカワウが飛んだすぐ後にカモメも飛んできたので続けて600mmで撮影したのですが、これもまたほぼ全カットにピントが来ていました。「α9と600mm」は鳥やスポーツ、飛行機などの撮影に最強の組み合わせかもしれません。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/1600秒
ISO:500
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_浜辺のオブジェ浜辺には組み合わされた流木が立てられ何本ものニラが結び付けられて干されています。何を意味しているのかは不明ですが、砂浜にポツンと立った姿が印象的で600mmで切り取るように撮影しました。背後に写りこんでいる建物は羽田空港第2ビルです。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:640
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_浜辺の親子砂浜では何組もの親子が遊んでいます。平日ですが海辺にはゆったりとした時間が流れていました。超望遠レンズを使用して背景が大きくボケている写真を撮ると、まったり感まで写り込んでいるのでは、と思えてきます。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2000秒
ISO:400
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_出港するコンテナ船
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2500秒
ISO:1000
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_積み込まれたコンテナ海上には海外に向けて大型コンテナ船が次々と出港して行きます。超望遠レンズを使って撮影すると巨大な船体から伝わる迫力が間近に迫ってくるかのように感じます。びっしり積み込まれたコンテナの様子を細微に描写しているレンズの解像度には目を見張りました。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2500秒
ISO:1250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_警戒船大型コンテナ船の脇を警戒船が通り過ぎていきます。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2500秒
ISO:640
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


FE 600mm F4 GM OSS_セブンアイランド愛大型コンテナ船が出港して行く最中、高速ジェット船「セブンアイランド愛」が東京湾に戻ってきました。スピードを落として進むジェット船の後部からは、高熱に熱せられた排気ガスが大量に排出されて、周囲を曇りガラスのように滲ませる様子を600mmの圧縮効果で写し出しています。背後には東京ビックサイトやスカイツリーの姿も凝縮されて写しこまれていて、まさに“超望遠レンズの世界”と呼ぶのにぴったりな写真となりました。
レンズ: FE 600mm F4 GM OSS
カメラ: α9
絞り値:f/4
露出時間:1/2500秒
ISO:400
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


今回は羽田周辺で飛行機をメインに撮影してきました。
α9との組み合わせは「軽快な超望遠撮影」。新光学設計による優れた重量バランスや高速AFが、飛行機は勿論のこと、スポーツや野生動物の撮影などでその性能を発揮します。1.4倍/2倍のテレコンにも対応します。
高額ですが唯一無二の超望遠レンズ「FE 600mm F4 GM OSS」。近日中に第2弾をお届けしたいと思います。


  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina