天体観測を始めよう!

▲トップへ戻る

天体望遠鏡のしくみ

天体望遠鏡は鏡筒+架台+三脚の組み合わせでできている  
鏡筒 望遠鏡の筒の部分  
屈折式、反射式、カタディオプトリック式鏡筒があります
架台 望遠鏡を三脚に固定する部分。  
「経緯台」「赤道儀」があります。別名「マウント」
三脚 鏡筒を架台に保持するための支え  
鏡筒・架台に合った三脚を選びましょう
ファインダー 望遠鏡についている小望遠鏡です。
まずここで見たい対象を狙って視界にとらえます。
接眼レンズ
(アイピース)
接眼レンズを変えることで望遠鏡の倍率を変えることができます。
天体望望遠鏡のしくみ
天体望遠鏡は、レンズや反射鏡が入っている鏡筒、鏡筒を取り付けて自由に安定して動かせるようにする架台、架台をしっかり支える三脚を組み合わせたものです。
大きな鏡筒を取り付けるためには大型の架台や三脚が必要になります。
持ち運んで使いたいならすべてをコンパクトにまとめることになります。
鏡筒を選ぶ際は、どのような天体観測をしたいのか、天体写真撮影をするのかなど、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

天体望遠鏡は主に3種類のパーツに分かれます

鏡筒

屈折式天体望遠鏡 
使い方がカンタンで初心者にオススメ 
大きなレンズ(対物レンズ)でできた像を接眼レンズで拡大して観察
視界全体が常に安定していてコントラストも良く、あらゆる天体の観測に対応します
保管時の手入れなども特に必要なく、大変扱いやすいです
他形式(反射式、カタディオプトリック式)と比べると、同じ口径でも価格が高くなります
レンズを複数枚使うため、他形式の鏡筒と比べると重くなります
屈折式天体望遠鏡

屈折式天体望遠鏡はこちら



反射式天体望遠鏡 
暗い星まで観測したい中上級者にオススメ 
凹面鏡を使って星の光を集め、斜鏡で反射させて接眼レンズで拡大して観察
中心部の像がシャープで、色収差(像のまわりに色がついてしまうこと)がありません
大口径のものでも、比較的手頃な価格で手に入ります
鏡筒内と外気に温度差があると、筒内気流が発生して像が揺らいでしまうので、天体望遠鏡を室内から外へ移動させたときなどは前もって外気温に慣らす必要があります
× 太陽観測ができません
反射式天体望遠鏡

反射式天体望遠鏡はこちら



カタディオプトリック式天体望遠鏡 
屈折式と反射式のメリットを組み合わせた形式 
屈折式と反射式のメリットを組み合わせた形式で、VMCとVISACの2種類があります。
鏡筒が短く軽量なので、持ち運びや観測が楽にできます
大口径のものでも、比較的手頃な価格で手に入ります
色収差、球面収差、像面湾曲のすべてが、高いレベルで補正されています
× 太陽観測ができません
カタディオプトリック式

カタディオプトリック式天体望遠鏡はこちら



架台

経緯台 
気軽に天体観測をしたい方にオススメ 
鏡筒を上下左右に動かして星を追うことができます
組み立てやすく扱いも簡単
軽量なので持ち運びが楽
フィールドスコープ用架台として使える(一部の機種のみ)
150倍以上の高倍率による長時間観測にはやや不向き
経緯台


赤道儀 
長時間観測や本格的に写真撮影をしたい方にオススメ 
日周運動(地球の自転)に合わせて星を追うことができます。
長時間の星の追尾が可能
高倍率で観測・天体写真撮影に適している
自動導入・自動追尾をはじめ、さまざまな機能をもったタイプがある
動きがやや独特なため扱いに慣れる必要がある
経緯台と比べると重量がある
赤道儀

適正倍率

倍率は接眼レンズを交換する事によって変えられますが、高倍率=高性能ではありません。

【倍率の求め方】

望遠鏡の焦点距離 ÷ 接眼レンズの焦点距離 倍率
望遠鏡の倍率は、計算で求められる範囲ではいくらでも倍率を上げる事が出来ますが、倍率が大きいほどよく見える、という訳ではありません。
むやみに高倍率で見ても対象物がぼやけてしまい、像がはっきりとしません。

口径60mmから100mmまでの望遠鏡でどの程度見えるか 
※空の状態により天体の見え方は大きく変わりますので、下表は目安としてお使いください。
天体 倍率 見え方
40倍〜150倍 50倍で月全体が視野全体に。
70倍以上で無数のクレーターや海の凹凸が見える。
水星 60倍〜100倍 三日月形がわかる。
金星 60倍〜100倍 満ち欠けや大きさの変化がわかる。
火星 90倍〜150倍 大接近の時、うすい模様が見える。
土星 70倍〜150倍 環や本体のしま模様が見える。
150倍以上でしま模様が見える。
二重星 40倍〜150倍 100個以上見える。
変光星 30倍〜50倍 10等級以上のものが約500個見える。
星雲・星団 20倍〜100倍 200個以上見える。
月面

接眼レンズはこちら

初心者にオススメ!天体望遠鏡の選び方

*

700 天体望遠鏡 スペースアイ [屈折式 /スマホ対応(アダプター別売)]

ビクセン Vixen

700 天体望遠鏡 スペースアイ [屈折式 /スマホ対応(アダプター別売)]

ビック特価:18,250(税抜)

税込19,710

1,971ポイント(特価の10%分)

在庫あり

A70Lf 天体望遠鏡 モバイルポルタ [屈折式 /スマホ対応(アダプター別売)]

ビクセン Vixen

A70Lf 天体望遠鏡 モバイルポルタ [屈折式 /スマホ対応(アダプター別売)]

ビック特価:34,130(税抜)

税込36,860

3,686ポイント(特価の10%分)

在庫あり

A80Mf 天体望遠鏡 ポルタ2 [屈折式 /スマホ対応(アダプター別売)]

ビクセン Vixen

A80Mf 天体望遠鏡 ポルタ2 [屈折式 /スマホ対応(アダプター別売)]

ビック特価:41,700(税抜)

税込45,036

4,503ポイント(特価の10%分)

在庫あり

すべての天体望遠鏡を見る

近年ブームとなっている「星景写真撮影」

星は日周運動により動いているため、長時間露光の際は星が線を描いた軌跡になってしまいます。点像で写すにはポータブル赤道儀が必要となります。ポータブル赤道儀と三脚、レリーズ、マニュアル設定が出来るデジタル一眼レフ/ミラーレス一眼があれば、簡単なセッティングで星を点像にした星景写真(=星と景色を一緒に撮影した写真)を撮ることができます。


画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

<火星・土星・アンタレスとめがね橋>

OLYMPUS E-M5MarkII
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

2016年5月10日 AM2:00 群馬県にて ビックカメラ販売員が撮影しました。
ビクセン ポラリエで追尾撮影 82秒 F2.8 ISO1250

※画面右の赤く輝く星が火星、その下の赤い星が「火星の敵」とよばれるさそり座のアンタレス。その左の明るい星が土星です。

撮影のポイント

「星景写真」を成功させるには、構図が重要です。接近中の火星とどの星々を一緒に写すのか、どのような地上の景色を入れるのかによって、作品の印象は大きく変わります。より正確に極軸合わせ(架台を天の北極に向ける)がなされている程、星はきれいな明るい“点”として写り、作品に迫力が出ます。

①天体追尾撮影用の架台(星空雲台・赤道儀)

ビクセン Vixen

星空雲台 ポラリエ(WT)

ビック特価:34,210(税抜)

税込36,946

3,694ポイント(特価の10%分)

在庫あり

星空の動き(地球の自転)に合わせて動く、モーター駆動のカメラ雲台。
三脚の上にカメラを載せて写真を撮ることで、星を点像として撮影することができます。

②レンズヒーター

レンズヒーター360 II

ビクセン Vixen

レンズヒーター360 II

ビック特価:9,540(税抜)

税込10,303

1,030ポイント(特価の10%分)

在庫あり

夜間の星空撮影での注意点は、日中に温まった空気が冷えて生じる「結露」です。カメラレンズを曇らせてしまっては、せっかくのシャッターチャンスも活かせません。あらかじめヒーターでレンズを温めておけば、結露を防止する事が可能です。

③ポーラメーター

ポーラメーター

ビクセン Vixen

ポーラメーター

ビック特価:3,680(税抜)

税込3,974

397ポイント(特価の10%分)

在庫あり

天体撮影のためカメラをセッティングする際は、極軸合わせ(架台を天の北極に向ける)が必要です。ポーラメーターは、水準器、コンパス、傾斜計がひとつになっていて、素早く正確な極軸合わせを可能にします。

④極軸望遠鏡

より正確に極軸合わせをしたい場合は、極軸合わせ専用の望遠鏡を使用します。高い精度で極軸合わせが行われていれば、長時間露光であっても星はきれいな点像で写り、作品の完成度を高めます。

ポラリエ極軸望遠鏡 PF-LII

ビクセン Vixen

ポラリエ極軸望遠鏡 PF-LII

ビック特価:25,750(税抜)

税込27,810

2,781ポイント(特価の10%分)

在庫あり

天体望遠鏡アクセサリー 極軸望遠鏡 PF-LII

ビクセン Vixen

天体望遠鏡アクセサリー 極軸望遠鏡 PF-LII

ビック特価:23,750(税抜)

税込25,650

2,565ポイント(特価の10%分)

在庫あり

⑤一眼カメラ+広角レンズ

天体追尾をしながら長時間露光で撮影をするので、シャッター速度が長め(バルブ機能または数十秒以上)に設定出来る一眼カメラが必要です。また、星空の広い範囲を撮影するため、出来るだけ広角のレンズを使用しましょう。迫力ある満天の星と火星を撮影する事が出来ます。

⑥三脚+レリーズ

架台とカメラを載せる為の三脚が必要です。三脚は出来るだけ剛性の高いものを選びましょう。長時間露光時に風などで揺れてしまうと、星がブレて写ってしまいます。 また、シャッターを押す際のブレを軽減するため、レリーズを使うとより効果があります。