グリーン住宅ポイント制度とは

「グリーン住宅ポイント制度」とは、省エネ性能など一定の条件をクリアした住宅を購入したり、リフォームを行ったりすることによってポイントが発行され、そのポイントで商品の交換や追加工事が可能になる制度です。
この制度は、新型コロナウイルス感染症の影響によって落ち込んだ経済の回復のため、また、地球に優しい社会である「グリーン社会」を実現するために創立されました。
なお、発行されるポイントは、満たした条件によって異なり、特例の条件に満たした場合は最大で100万ポイントが付与されるケースもあります。

グリーン住宅ポイントを
もらえる条件とは?

住宅を購入する

住宅を購入するとグリーン住宅ポイントがもらえます

住宅購入の申請区分には、新築住宅の建築や購入、既存住宅の購入、そして賃貸住宅の建築が挙げられます。新築住宅の建築・購入の場合は、契約時に建築1年以内であることや、第三者が未入居の住宅であることなどが条件となり、30万〜100万ポイントが発行されます。
また、既存住宅の購入の場合は、2019年12月14日より前に建築された住宅であること、売買代金が税込100万円以上であることなどが条件で、15〜45万ポイントが発行。
加えて、賃貸住宅の建築の場合は、全戸がトップランナー基準で床面積が40u以上であることなどが条件としてあります。
発行されるポイント数が多いので、引っ越しのタイミングに合わせて生活家電を一気に新しく揃えることもできます。

リフォームする

キッチンのリフォームでもポイントがもらえます

取得したポイントは、商品と交換したり、追加工事の代金として使ったりすることができます。
交換できる商品は、7つの政策テーマに該当するモノが対象となり、“省エネ・環境配慮に優れた商品”や“防災関連商品”、“家事負担軽減に資する商品”などがあります。
家電であれば、冷蔵庫や洗濯機、掃除機をはじめ、テレビやドライヤーなどが対象。また、ノートパソコンや空気清浄機など、コロナ禍での“新たな日常”に必要な商品もラインナップしています。
一方、追加工事の場合は、ワークスペース設置工事や、菌・ウイルス拡散防止工事のような“「新たな日常」に資する追加工事”に加えて、“防災に資する追加工事”がポイント交換の対象となります。

グリーン住宅ポイントの
使い方

取得したポイントは、商品と交換したり、追加工事の代金として使ったりすることができます。
交換できる商品は、7つの政策テーマに該当するモノが対象となり、“省エネ・環境配慮に優れた商品”や“防災関連商品”、“家事負担軽減に資する商品”などがあります。
家電であれば、冷蔵庫や洗濯機、掃除機をはじめ、テレビやドライヤーなどが対象。また、ノートパソコンや空気清浄機など、コロナ禍での“新たな日常”に必要な商品もラインナップしています。
一方、追加工事の場合は、ワークスペース設置工事や、菌・ウイルス拡散防止工事のような“「新たな日常」に資する追加工事”に加えて、“防災に資する追加工事”がポイント交換の対象となります。

どんな商品と交換できるの?

交換商品の一覧を見る

グリーン住宅ポイントの
申請について

取得したポイントを使用するには、郵送や窓口、またはオンラインによる申請が必要になります。申請のスケジュールは国土交通省が公表してるため、締め切り期限までに忘れず行いましょう。なお、締め切りは予算の執行状況に応じて変更する可能性があるので、注意が必要です。
ポイント発行の申請は、基本的には工事が完了した後に行いますが、注文住宅の新築など一部の工事では必要な書類が整っていれば、工事完了前に申請できるケースもあります。
申請内容や申請方法によって手続きが異なるため、充分に確認しておくと安心です。

詳細はこちら