ロボット掃除機 ルンバ プレミアムモデルのルンバ980が2日間限りの特別価格

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2(Model A022)

他社に先駆けての小型軽量化で、手持ち撮影可能な超望遠ズームTAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD (Model A011)は、発売以来、多くの写真愛好家にその機動性と機能性を高く評価されてきました。今回さらに大幅な進化を遂げた新超望遠ズームレンズとしてご紹介させていただくのが、「TAMRON SP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2 (モデルA022)」です。全長・質量は、約260mm・2000g程と、正直、かなりの存在感。しかし、テレ端600mmという焦点距離を考慮すれば、やはり驚くべきコンパクトさではあります。さらに、新モデルG2(A022)では、光学性能の向上・AFの高速化・手ブレ補正効果の強化やフレックスズームロック機構を搭載。さらに専用テレコンバーターの開発や簡易防滴構造を採用するなど、盛りだくさんの機能が進化したため、様々なシーンでの撮影を楽しむことができます。早速、いくつかのシーンで撮影を試みました。それでは、作例をご覧ください。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/9
露出時間:1/640秒
ISO:640
露出補正:-0.33
テレ端600mmでの撮影で、遠くにある背景がグッと圧縮されることにより、背景は、より近景として表現されます。ユニークな構図を狙って撮影ポイントを探すのも楽しいですよ。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/5
露出時間:1/800秒
ISO:200
男の子は、機関車が大好き。お母さんにおねだりして、SLを見にやってきました。ワイド端150mmでの撮影です。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/5.6
露出時間:1/1000秒
ISO:640
露出補正:-0.33
200mm程の焦点距離で撮影しておりますが、画面上のうねるようなホームの曲線が、 電車にも大胆なムーブメントを与え、深い奥行き感を作り出しています。
テレ端側からワイド端までの焦点距離で、表現のバリエーションは非常に多いと感じます。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/8
露出時間:1/400秒
ISO:400
露出補正:+0.33
曇り空の薄暗いコンディションでの撮影です。手持ちテレ端での撮影では、通常であれば、間違いなく振れてしまうところですが、手ぶれ補正の強化により(流し撮り対応においては、4.5段分)、容易に撮影ができました。照度が落ちても、ピントもしっかりと来ており、解像力も十分です。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/6.3
露出時間:1/640秒
ISO:2500
歩道の左横に設置されたマンションの分別収集所の扉にピントを合わせています。絞りを少々絞っておりますが、背景は結構なボケ具合です。画面の奥に見えるはずの歩行者の肩や腕が、圧縮効果によりこちらに迫るように隊列をなして、標準ズームに慣れた目には不思議なインパクトがあります。通常の遠近法での空間認識が、全く通用しない世界が描かれるようです。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/5.6
露出時間:1/250秒
ISO:800
焦点距離300mm程からの撮影です。チョコチョコとよく動き回るカラスにも、しっかりと合焦しており、描写力も素晴らしいです。レンズ鏡筒内部のフォーカスカムやズームカムを改良し、最短撮影距離は220cm。ポートレートの撮影やテレマクロのような撮影もOKです。また、eBANDコーティングのおかげでゴーストやフレアの発生を抑えて、クリアで抜けの良い画質を実現しているとのこと。逆光等での厳しい条件下での撮影にも期待できます。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/6.3
露出時間:1/320秒
ISO:1000
600mm
公園の大きな樹木のトンネルで、前方を行く女性の方の髪や服に木漏れ日がキラキラと輝いています。光がとても美しく、思わず、肩から下げていた機材を構え、600mmのテレ端で1ショット撮らせていただきました。平日にして人の出が結構あり、すれ違う際のレンズでの接触事故が気になりましたが、「SP 150-600mm G2 (Model A022)」には、携帯時に便利なレンズロック機構が付いているので、移動時にも「自重落下」することなく、良好に携帯することができるという安心感があります。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/6.3
露出時間:1/640秒
ISO:800
天候はまだ不安定ですが、今日は清々しい森林浴日和。遠く600mmの焦点距離から1カット撮影させていただきました。操作性は、非常に良いと感じます。前機種と同じくLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズ3枚を使用し、軸上色収差と倍率色収差を排除しているため、抜けの良い画質を実現しています。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/6.3
露出時間:1/400秒
ISO:1000
こちらもテレ端600mmというズーム倍率で、かつズッシリとくるレンズ鏡筒を駆動して、はるか遠くの獲物を狙う様子の鷺を狙います。AF駆動ユニットには、高速かつ精度の高いピント合わせを可能にするリング型超音波モーター「USD(Ultrasonic Silent Drive)」を搭載しており、従来のModel A011に比べて、AF速度、高速で動く被写体への追従など、AF機能が向上しているため、容易に狙いを定めることができます。また、フルタイムマニュアル機構の搭載により、AF撮影時でもフォーカススイッチを切り替えることなくMFでのシビアなピント微調整を行うことが可能です。「10-2.2m」「∞-10m」「Full」という3段階のフォーカスリミッターが付いているので、撮影時のさらなるアシストが可能です。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/6.3
露出時間:1/320秒
ISO:800
かなりの高さの橋から、テレ端にて川面を撮影しました。俯瞰して、これだけ大きくアップした水滴の撮影が可能です。




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/5
露出時間:1/400秒
ISO:800




カメラ: EOS 5D Mark III
絞り値:f/7.1
露出時間:1/100秒
ISO:1000
150mm
前述の水面のテレ端での撮影と同じ場所で、広い川幅のある水面を、ワイド端150mmで撮影しました。1本のレンズで、かなり多様な焦点距離をカバーできます。コントラストも良好で、美しく表現されています。



「TAMRON SP 150-600mm G2 (Model A022)」は、超望遠レンズのために要求される機能性を追求したTAMRONのさらなる企業努力により、あらゆる環境・シーンでの撮影を可能としています。手ブレ補正機構「VC(Vibration Compensation)」を一新し、さらに高い補正効果を実現しています。4.5段分の手ブレ補正効果(VC MODE3使用時)に加えて、流し撮り専用モードを含む3つの補正モードを切り替えるスイッチを搭載。シチュエーションに応じた最適な手ブレ補正モードを選択することが可能です。さらに、航空ショーなど、焦点距離が600mmではやや不足の場合においては、別売の専用テレコンバーター(Model TC-X14/TC-X20)を使用することで、本格的な超望遠の世界を開拓することができます。







  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina