令和最初の大掃除 回転モップが8,980円(税込)

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD

タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)、SP (Superior Performance)シリーズ40周年の節目に発売された、大口径でF1.4の明るさを持つ単焦点レンズです。
「究極」を目指し、タムロンが光学技術を結集してつくりあげたレンズの実力に感心しつつ撮影してきました。


sp35mm/f1.4_蕨手の小鳥35mm一本だけを持って、地元の祭りに繰り出しました。街を練り歩いてきたお神輿が、担ぎ手の休憩と共に、馬(神輿をのせる台)の上で休んでいます。神輿に近づいて、蕨手の上に載っている小鳥を、絞り開放で撮ってみました。背景に写るビルのボケ味はさすがf1.4、小鳥が浮き上がって写りました。ニコンZ6にマウントアダプター FTZを使って装着しましたが、相性は問題ありませんでした。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/1600秒
ISO:100
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_一日乗車券作例撮影のため乗車する東京さくらトラム(都電荒川線)の一日乗車券を購入、記念に接写をしました。このレンズはタムロン伝統の90mmF/2.8マクロと同様の設計思想で作られ、前ボケと後ろボケが素直に美しくボケるのが持ち味だそうです。この写真も、前後が素直にボケてまるでマクロレンズで撮影した味わいが感じられます。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/400秒
ISO:100
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_飛鳥山東京トラム(都電荒川線)に乗って飛鳥山公園へ。日差しに力強さがあり、無意識に日陰を選んで園内を歩いていると、飛鳥山の標高を示す岩が見えてきました。絞りを開放付近で撮影すると、柔らかな描写のせいか穏やかな雰囲気に撮れました。飛鳥山は東京都港区の愛宕山に続いて東京23区内で2番目に高い山だそうです。
レンズ: SP 35mm F/1.4 Di USD(Model F045)
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.6
露出時間:1/2000秒
ISO:100
露出補正:-0.7ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_飛鳥山のベンチ公園内にある史跡近く。忘れ去られたかのように放置され、背もたれに草のからまったベンチがありました。ほぼ開放の絞りを選択して撮影すると、柔らかい描写で穏やかに流れる時間まで写しこんでいるかのようです。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.6
露出時間:1/100秒
ISO:100
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_お洒落なレストラン
作例撮影の帰り道、お洒落なレストランを見つけました。日没直後に照明のスイッチが入ったネオンから、外国の雰囲気が漂ってきます。絞り開放で切り取ると、ピントが合ったシャープな部分から、空に向かってなだらかにボケていくクールな写真が撮れました。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/320秒
ISO:100
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_横浜中華街・朝陽門次に作例撮影で訪れたのは横浜・中華街。久々だったので中華街の入り口に立つ『朝陽門』に向かってシャッターボタンを押しました。絞り開放での描写力を確かめるため、光量は十分でしたがあえてf1.4で撮りました。近接だとボケ味が目立ちますが、被写体との距離が離れていると、ボケ味は影を潜め画面全体が引き締まって写っている印象です。色鮮やかな被写体もしっかり表現する描写力を兼ね備えたレンズです。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/8000秒
ISO:100
露出補正:-1.0ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_ミストこの日は猛烈な暑さ。涼を取るため、軒先テントに取り付けたパイプからミストを噴射しているお店がありました。ミストの質感をしっかり捉え、背景の色も鮮やかです。逆光の描写でも、新開発されたBBAR-G2コーティングによって、ゴーストやフレアの発生が抑えらています。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/2.8
露出時間:1/8000秒
ISO:250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_台南小路横浜中華街の表通りから小路を入ったところに、台湾料理のお店が集まる『台南小路』があります。絞り開放で、『台南小路』と書かれた提灯にピントを合わせてシャッターを切ると、前ボケした画面右手前提灯と、小路の奥の自然なボケ具合によって、ピントの合った提灯がよりシャープに浮き上がります。肉眼で見る以上に奥行きを感じさせ、一見何気ない街角を、雰囲気溢れる場所へと変身させる描写力には驚かされました。さすがタムロンが『最高傑作』と自信を持って送り出してきたレンズです。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/8000秒
ISO:100
露出補正:-1.0ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_山下公園でも、f1.4の性能を確かめるべく、絞り開放でスナップ撮影を続けました。人間が普段何気なく見ている視角に近い焦点距離は、35mmレンズの画角に相当するそうです。この写真も実際に見た角度とほぼ同じ自然な画角なのですが、f1.4という明るいレンズが生み出す柔らかいボケ味が、ピントがあった場所のシャープな質感をより引き立てて立体的に表現します。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/8000秒
ISO:100
露出補正:-1.0ステップ
露出モード:絞り優先


カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/5000秒
ISO:100
露出補正:-1.0ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_浮き輪横浜赤レンガ倉庫では、プライベートビーチのイベントが行われていました。砂浜をイメージして砂が敷き詰められた場所の頭上には、カラフルな浮き輪が飾られていました。青空の下で風に揺らめく色鮮やかな浮き輪を、温かみを感じる発色で表現した描写から心地よさを感じます。画質低下につながる諸収差を徹底的に排除したこのレンズは、逆光気味の場面でも描写力は落ちることなクリアです。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/11
露出時間:1/2000秒
ISO:250
露出補正:±0ステップ
露出モード:マニュアル



sp35mm/f1.4_手水舎猛烈な暑さが連日続き体が追いつきません。少しでも涼を求めて、風鈴の音に癒されようと川越氷川神社で開催されている『縁むすび風鈴』に行きました。
鳥居をくぐって、参拝の前に手水舎で手を口を清めます。しっとり濡れた柄杓の底から、ひんやりした清涼感が漂ってくるようです。絞りはf2.2ですが、背景の水のボケ方が柄杓の存在を高めています。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/2.2
露出時間:1/500秒
ISO:250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先



sp35mm/f1.4_風鈴1
境内には色鮮やかな江戸風鈴が2,000個以上かけられていて、風とともに鈴の音が涼を運んできます。
風鈴をタムロン35mmで撮影しながら、まろやかなボケ味と、派手さはないが柔らかい発色から、優しい雰囲気を漂わせるレンズだと感じました。明るい場面でも、光量の足らない場面でも、その場の雰囲気をしっとり表現するレンズではないでしょうか。
カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/5000秒
ISO:250
露出補正:-0.3テップ
露出モード:絞り優先


カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/8000秒
ISO:250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先


カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/3200秒
ISO:250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先


カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/4000秒
ISO:250
露出補正:+0.3ステップ
露出モード:絞り優先


カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/1.4
露出時間:1/3200秒
ISO:250
露出補正:+0.3ステップ
露出モード:絞り優先


カメラ: Nikon Z6(マウントアダプター FTZを使用)
絞り値:f/4
露出時間:1/320秒
ISO:250
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先



ピント面のシャープさは勿論、ボケの描写も前後ともに非常に滑らかで、最高傑作と呼ばれるにふさわしい描写力を随所に発揮してくれました。絞り開放での高い解像力、柔らかな描写を出しつつも色再現は鮮やかといった印象です。
「タムロン SP 35mm F/1.4 Di USD」は、スナップやポートレートなど多用途で圧倒的なパフォーマンスを発揮し特別な1枚を演出します。

  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina