ビックカメラ 歳末先取りスペシャル

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

スナップに最適、マイクロフォーサーズにSUMMILUX登場 LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH

パナソニックより、マイクロフォーサーズの交換レンズの新製品、「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7 ASPH」が登場します。
35mm換算30mm相当とスナップに最適な画角、F1.7と明るさを活かし、室内や夕暮れ時などのシーンで活躍してくれます。ライカの厳しい光学基準をクリアした1本という事もありもちろん画質も高性能。フレアやゴーストを低減するナノサーフェイスコーティング、非球面レンズ3枚も採用、高画質な写りと、ボケ味を楽しめる高品位な1本です。

ゲート
LEICA DG SUMMILUX 作例画像 01
カメラ:パナソニック LUMIX GH4
1/4000 F2.8 -0.3 ISO200
35mm換算30mm相当の広角レンズ、明るいF値でセンサーの小さなマイクロフォーサーズでもぼけ味を活かした撮影が楽しめます。

グラス
LEICA DG SUMMILUX 作例画像 02
カメラ:パナソニック LUMIX GH4
1/400 F2 ISO400
テーブルのグラスを。室内撮影にも最適。グラスの透明感、程よい背景のぼけ味で立体感ある画を写す事が出来ました。

路地裏にて
LEICA DG SUMMILUX 作例画像 03
カメラ:パナソニック LUMIX GH4
1/400 F2 ISO200
路地裏にて。ペットボトルを包む布の繊維のディテール等もシャープに描写。

ランチ
LEICA DG SUMMILUX 作例画像 04
カメラ:パナソニック LUMIX GH4
1/100 F4 ISO400
最短撮影距離は20cm。30oという画角を活かし、被写体に近づきつつ、周囲も入れて。パンズのツヤ、野菜のみずみずしさなども質感もいい感じに。

ワーゲンバス
LEICA DG SUMMILUX 作例画像 05
カメラ:パナソニック LUMIX GH4
1/6400  F1.7  ISO200
開放でもピントを合わせたヘッドライト付近、ライトレンズ等のディテールをしっかりと描写、少々褪せたボディや錆の質感もいい感じです。

その高画質な描写とボケ味、小ささを活かして、街歩きスナップに最適。アナログ感覚な絞り環での絞りの切り替えも、撮影を楽しむ1つの要素。外観も一見、ライカMレンズとも見える高品位な仕上がりで持つ喜びも味わえます。メタルフードやフードキャップも付属しています。
F1.7という大口径ながらこれだけの小ささが実現できるのもマイクロフォーサーズの強み。今回はGH4と組み合わせて撮影しましたが、とても小型な1本、GX7やGM1との組み合わせもより似合うレンズです。とくに小型なGM1とも是非組み合わせてみたいです。
  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina