ビックカメラ 歳末先取りスペシャル

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

ニコン フルサイズミラーレス「Z7」【第6弾 沖縄】

今回の『Z7』 のレポートは沖縄です。梅雨の真っ只中に訪れたので今ひとつスッキリしない天気でしたが『Z7』を携えて気軽に撮影旅行を楽しんできました。(※撮影は6月中旬)
それではご覧ください。

z7_第6弾_沖縄_沖縄に到着
羽田から2時間30分のフライトを経て窓の下に那覇空港が見えてきました。この日は梅雨の晴れ間で青々とした美しい海を窓から眺めて愉しむんでいると、やがて沖縄本島が近づいてきました。24-70mmを装着したZ7を窓に寄せてシャッターを押すと窓越しでも沖縄の街並みや浅瀬の姿をクッキリ写すことができました。4,575万画素を誇るZ7の本領発揮です。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/7.1
露出時間:1/640秒
ISO:100
露出補正:-0.7ステップ
露出モード:シャッタースピード優先



z7_第6弾_沖縄_市場入り口のポスター
今回の旅行はフリープランだったので空港到着後、まずは腹ごしらえと昼食を取るため那覇市の第一牧志公設市場を目指しました。市場に近づくにつれていつにも増して賑わいを感じたのですが、市場の入場口に貼られたポスターを見てその理由がわかりました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:43mm
絞り値:f/4
露出時間:1/160秒
ISO:900
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_市場周辺のパレード
老朽化に伴い市場を建て替えるため一旦仮設市場に移転することになり、この日がこの場所での最後の営業日だったのです。取材に訪れるマスコミの姿もあり市場周辺ではパレードも行われていました。そのような歴史的な日にZ7と共に立ち会えて光栄でした。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/4
露出時間:1/500秒
ISO:4000
露出補正:+0.7ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_市場の魚
市場には普段と変わらず南国ならではのカラフルな魚が並べられ普段と変わらない活気にあふれていました。Z7のキットレンズでもあるNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sのサイズは携帯するのに程よい大きさで、画質はシャープで発色も申し分なし。狭い市場での撮影にはもってこいの一本でした。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/4
露出時間:1/250秒
ISO:500
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_記念Tシャツ
市場を撮影していると市場関係者の親子が微笑みながらニコニコしながらZ7にポーズを取ってくれました。『残してくれて(写してくれて)ありがとう』。最後の市場の様子をカメラに収めてくれたことに感謝されました。「自分はこの市場を遊び場にして育ってきた。次の新しい市場で自分の子供が同じように育ってくれたら」と微笑みながら、この日を記念して作ったTシャツを誇らしげにZ7に向けてポーズを取ってくれました。Sシリーズ35mm絞り開放で撮影したので背景の柔らかいボケがTシャツを象徴的に浮かび上がらせて雰囲気のある写真となりました。令和と共に新しい時代を歩み始める第一牧志公設市場の明るい未来を男性の笑顔から感じました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
焦点距離:35mm
絞り値:f/1.8
露出時間:1/320秒
ISO:560
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先


z7_第6弾_沖縄_サーターアンダギー
市場からの帰り、行列ができている古いお店がありました。お店の前には揚げたてのサーターアンダギーが積まれています。美味しそうな匂いに釣られてSレンズ35mmので撮影した後に2個買ってその場で食べてしまいました。絞り開放で撮ったので立体感のある描写です。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
焦点距離:35mm
絞り値:f/1.8
露出時間:1/40秒
ISO:280
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先



z7_第6弾_沖縄_シーサー
翌日天気はすっかり梅雨空に戻ってしまいました。断続的に雨が降る中、レンタカーを借りてテーマパークへ。雨に濡れたシーサーが出迎えてくれました。Z7で撮影したシーサーは雨に打たれてしっとりした質感が写しこまれています。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:63mm
絞り値:f/4
露出時間:1/640秒
ISO:140
露出補正:-0.7ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_アフリカマイマイと遭遇
テーマパークの駐車場外に出ると歩道をゆっくり横断する全長10cmであろう大きなアフリカマイマイと遭遇しました。Z7のバリアングルモニターを利用してローアングルで“接近戦”を挑んでみました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:70mm
絞り値:f/4.5
露出時間:1/250秒
ISO:64
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先



z7_第6弾_沖縄_鍾乳洞
この日のお目当ては日本を代表する広大な鍾乳洞を持つ天然記念物の「玉泉洞」。激しく振り続ける雨も鍾乳洞の中では関係ありません。洞窟内は所々照明はあるもののかなり薄暗く、高感度での撮影は避けられません。これはISO5000まで上げて撮影したカット。やや粒子は目立ちますがボディ内手ブレ補正も効いてブレずに鍾乳洞の雰囲気を良く写し出しています。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/4
露出時間:1/10秒
ISO:5000
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_青の泉
30万年かけて作り上げられた「玉泉洞」を奥に進むと澄んだ泉が青く見える「青の泉」にたどり着きました。神秘的な雰囲気を漂わせる青い泉を照明が照らすことによって一段と青味が深まって見えるのですが、Z7で撮影すると実際見るよりもはるかに色鮮やかな泉に写りました。発色が鮮やかで濃淡がクッキリするZ7 の色調は風景撮影でより力を発揮します。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/4
露出時間:1/10秒
ISO:5000
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_ハイビスカス
「玉泉洞」の見学を終えても雨の勢いは止まりません。天気予報を調べると沖縄北部には雨雲が到達しておらず降り出すのにはまだ時間がかかるようだったので、思い切って名護まで花を見るために移動することにしました。到着したときも雨は降っていなかったので35mmf1.8をつけて花の撮影を楽しみました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
焦点距離:35mm
絞り値:f/1.8
露出時間:1/4000秒
ISO:125
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先


z7_第6弾_沖縄_アジサイ
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 35mm f/1.8 S
焦点距離:35mm
絞り値:f/4
露出時間:1/1000秒
ISO:125
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先



z7_第6弾_沖縄_引き潮の海
翌日も朝から激しい雨が降っていましたがせっかく沖縄に来たのだから海に行こう、と急かされるように海に行きました。
ところが、です。豪雨の中、到着した海は引き潮の影響でどんどん海水が引き始め、むき出しになった岩礁がゴロゴロしていてとても美しい海とはいえない光景が広がっていました。それでもせっかくきたのだから、としばらく車の中で雨の止むのを待つこと1時間、ようやく雨が止んでくれました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/10
露出時間:1/160秒
ISO:110
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_引き潮の波
干上がった砂浜を歩いて海水のすぐ側まで近づいて、バリアングルモニターを覗きながら打ち寄せる小さな波を撮影してみました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/10
露出時間:1/320秒
ISO:280
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_ウェディングフォト
薄日が射し始めた砂浜を歩いていると、むき出しになった岩礁のすぐ側でウィエディング姿のカップルが写真撮影を始めました。後で声をかけると香港からの観光客だと答えてくれました。香港では挙式前にウエディングフォトを撮るのが慣例となっているようで、幸せ一杯の雰囲気を漂わせながらいくつかのポーズ写真を撮っていました。雨が止んで薄日が差してきたのはお二人の未来を祝福したのかもしれません。昨日の市場や今日のウエディングフォトはもしかしたら、Z7が連れてきたメモリアルなシーンなのかもしれません。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:38mm
絞り値:f/10
露出時間:1/250秒
ISO:220
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_貝のハートマーク
幸せなカップルと出会った帰り、海辺に面するレストランに立ち寄ると店のわきに貝殻を敷き詰めて作られた大きなハートマークがありました。NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sの目の覚めるようなシャープな描写はレンズキットのお手軽レンズとはいえない本格的な解像力を持っています。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/10
露出時間:1/30秒
ISO:360
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先



z7_第6弾_沖縄_勝連グスク1
沖縄最終日もすっきりしない天気でした。午後の帰京便だったのでレンタカーを借りてうるま市にある世界遺産の勝連グスク(御城)に向かいました。かつて琉球の統一を目論むほどの隆盛を極めたこのグスクも1458年琉球王府軍によって滅ぼされ、今はかすかに聞こえる波の音を受けながら静かに眠りについています。Z7は歴史が刻まれた城壁から伝わってくる重みも写し出しているようです。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/13
露出時間:1/250秒
ISO:400
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先


z7_第6弾_沖縄_勝連グスク2
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/16
露出時間:1/80秒
ISO:400
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先


z7_第6弾_沖縄_勝連グスク3
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/13
露出時間:1/320秒
ISO:400
露出補正:±0ステップ
露出モード:絞り優先


z7_第6弾_沖縄_バナナの木
「勝連グスク」の周辺にはバナナの木も植えられていました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/6.3
露出時間:1/500秒
ISO:400
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先



z7_第6弾_沖縄_さざ波
フライトまでまだ余裕があったので、勝連半島から平安座島を結ぶ海上に建設された4.7kmの海中道路をドライブしました。途中の道の駅で停車し、海を眺めると先日の悪天候の影響の風が海面にさざ波を立てていました。4,575万画素のZ7で撮影すると細かく波立つ海面の様子が細微に映し出されていました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:39mm
絞り値:f/6.3
露出時間:1/2000秒
ISO:400
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_ハート形の突堤
海中道路の途中に道の駅がったので車を停車。駐車場のわきに海に続く小道がありその先には岩があります。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/10
露出時間:1/800秒
ISO:400
露出補正:±0ステップ
露出モード:シャッタースピード優先


z7_第6弾_沖縄_ハートマークの突堤
岩をぐるりと一周してみると、ハートの形に見えるアングルがありました。きっとこの場所が作られて時もハートマークを意識してこの突堤を名所にしたのでしょう。休日は観光客やカップルでにぎわう場所なのでしょうが、この日はほとんど訪れる人もなく静かにたたずんでいました。沖縄旅行の最後にこのかわいらしい突堤をZ7に納めて帰路につきました。
カメラ: Z7
レンズ: NIKKOR Z 24-70mm f/4 S
焦点距離:24mm
絞り値:f/18
露出時間:1/160秒
ISO:400
露出補正:-0.3ステップ
露出モード:絞り優先



今回は沖縄の撮影レビューでしたが、天候に恵まれなかったことが悔やまれます。しかしながら、滞在中はキットレンズと単焦点レンズを携え軽快に撮影できました。その中で高解像度を誇るZ7ならではの描写を随所に見せてくれました。

  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina