当社指定商品 ポイントアップセール

究極のスナップシューター「RICOH GR III」

2019年3月15日、リコーから待望の「GRIII」が発売。前モデルのGRIIから約3年半が経ち、満を持しての登場です。今回発表の「GRIII」はGRシリーズの基本コンセプトである高画質や速写性、携帯性といったカメラの本質的な価値をさらに強化するため、レンズ、イメージセンサー、画像処理エンジン等の主要デバイス全てを一新した最新モデルになっています。

ハイエンドコンパクトデジタルカメラ 「RICOH GR III」(2019年3月15日発売)

・新開発の高解像GR LENS

・24.2Mの精緻な描写力。APS-Cサイズ大型イメージセンサー

・AF高速化を実現するハイブリッドAFを採用

・独自の手ぶれ補正機構SRを搭載

・高性能を凝縮した小型デザイン

・直感的なタッチ操作が可能な高精細液晶モニター

・画作りの醍醐味を存分に楽しめる「イメージコントロール」

・Bluetooth&無線LANのデュアル通信

RICOH GR III正面画像


RICOH GR III背面画像
RICOH GR III上部画像


RICOH GR III全体画像


 「RICOH GR III」の主な特徴

高解像・高コントラスト。シャープな写りを実現する新GRレンズ

さらなる高画質を目指し、新規構成のGRレンズを開発しました。18.3mm(35ミリ判換算28mm相当)F2.8という焦点距離・明るさはそのまま、4群6枚の薄型光学系を採用。高屈折率低分散ガラス、高精度ガラスモールド非球面レンズを最適配置することで、ディストーションや色収差を極限に近いレベルまで抑制し、高いシャープネスを実現。絞り開放から画像全体でヌケがよく、キレのある描写が得られます。


特集_カメラ_リコー_GR3_07



特集_カメラ_リコー_GR3_08


24.2Mの精緻な描写力。APS-Cサイズ大型イメージセンサー

高解像・広ダイナミックレンジのAPS-Cサイズ相当CMOSイメージセンサー(有効画素数約2424万画素)を搭載。GR II比で約1.5倍に相当する高画素と、高解像のレンズ特性を活かしきるローパスフィルターレス構造により、ディテールまで高精細な描写を実現します。さらにイメージセンサーとレンズを相互に最適化し、高画質を徹底的に追求しました。

特集_カメラ_リコー_GR3_16

高度な画像処理とレスポンスを両立。新開発のGR ENGINE 6

画像処理エンジンは新開発のGR ENGINE 6。GRの本質である高画質性能をさらに高め、より精緻なディテール描写が可能になりました。さらに処理能力の高速化により、高画素のイメージセンサーと多階調の14bit RAWへ対応しました。またオートフォーカスや動画などの機能やレスポンスの向上にも貢献しています。


          

独自の信号処理技術が可能にしたISO 102400の高感度

高画質化を強力にサポートする高性能プロセッサー「アクセラレーターユニット」を新たに搭載。イメージセンサーが出力した信号を、あらかじめ適切に処理して画像処理エンジンに送ります。これによりノイズが低減し、全感度域において優れた解像感や色再現性を実現。最高ISO 102400での撮影を可能としています。

特集_カメラ_リコー_GR3_17

独自の手ぶれ補正機構SRを搭載

広い撮影領域で高画質を引き出す3軸・4段の手ぶれ補正機構[SR]
特集_カメラ_リコー_GR3_18

とっさのスナップ撮影でも手ぶれをおさえた鮮明な画像を記録。GR IIIはより小さくスリムなボディを実現しながら、SR(シェイクリダクション)を搭載しました。角度ぶれと回転ぶれ、3軸方向の補正に対応。補正効果はシャッター速度換算で4段※です。

※CIPA基準。

[ SR ] を活用して偽色・モアレを低減。ローパスセレクター
特集_カメラ_リコー_GR3_19

光学ローパスフィルターの効果を、SRを活用して実現。露光中にイメージセンサーを微少駆動させることで、偽色やモアレを抑制します。解像感を優先するか、偽色・モアレ低減を優先するか、被写体に応じた使い分けが可能。効果は[強][弱]が選択できます。

● シャッター速度が1/1000秒より低速の場合に、十分な効果が得られます。

高性能を凝縮した小型ボディ&機能的デザイン

高機能を搭載しながら、小型化を徹底的に追求。ボディサイズはGR II より一回り小さく、1/1.7型イメージセンサーを搭載したGR DIGITAL IVとほぼ同等です。「携帯する道具」「表現の道具」に徹したミニマルなデザインを採用しつつ、ボタン・ダイヤルのレイアウトなど操作性にもこだわり、軽快なワンハンドオペレーションを実現しています。

特集_カメラ_リコー_GR3_20

像面位相差検出とコントラスト検出のハイブリッドAF

AFシステムは、像面位相差検出およびコントラスト検出のハイブリッド方式です。高速なピント合わせを実現する像面位相差AFと、ピント精度に優れたコントラストAF、それぞれの長所を融合。コントラストAF特有のピントの山を探る動作が減り、スナップシューターに求められる速写性がさらに向上しました。         

高速起動と直感的操作

電源オンから約0.8秒の高速起動
特集_カメラ_リコー_GR3_21

鏡筒の駆動に使用するモーターに高出力タイプを採用し、収納位置から撮影位置までの駆動を高速化。さらに起動中におけるプログラム処理の最適化によって、起動時間を短縮しました。レンズキャップの取り外しが不要のレンズバリア機構も合わさって、突然のシャッターチャンスを逃がさず撮影することができます。

直感的な操作を可能にするタッチパネルとコントロールダイヤル
特集_カメラ_リコー_GR3_22

液晶モニターにタッチパネルを採用。タッチやスライドさせるだけで、AF枠の移動やメニュー操作ができるようになりました。また、再生時はピンチイン/アウトで拡大率を変更したり、フリック操作で前後の画像を確認することも可能です。さらに、十字キー外周にコントロールダイヤルを搭載。カメラをしっかりと構えた状態でも、クイックな操作性を実現しています。

画作りの醍醐味を存分に楽しめる、イメージコントロール

これまでの「画像設定」と「エフェクト」を統合した、新たな仕上がり調整機能を搭載しました。基本となるイメージコントロールは10種。これをベースとしつつ、それぞれ彩度や色相、キー、コントラスト、コントラスト(明部/暗部)、シャープネス、シェーディング、明瞭度、調色、フィルター効果、粒状感※、HDR調効果を調整することにより、思い通りのテイストで仕上げられます。

 ● 調整可能項目は選択したイメージコントロールによって異なります。

※ファームウェアアップデートで対応予定

特集_カメラ_リコー_GR3_23

レンズ先端から6cmまで迫れるマクロモード

レンズ先端から6〜12cmの範囲でAFを行うマクロモード。GR IIにマクロコンバージョンレンズGM-1を装着した場合とほぼ同じ撮影倍率0.35倍を、カメラ単体で実現しました。マクロボタンを押すだけで、豊かなボケを活かした印象的な接写が楽しめます。 

● マクロモードと通常モードの切り替えは手動のみとなります。

● フォーカスが[スナップ][∞]時も、マクロモードに入り、AFが作動します。

特集_カメラ_リコー_GR3_24

多彩な光の演出を可能にするP-TTL自動調光フラッシュ対応

外部フラッシュを使用し、全速同調の撮影が可能です。 プリ発光によって高精度な自動調光を行う、PENTAX P-TTLオートフラッシュ(別売)に対応。バウンスや日中シンクロなどが活用でき、写真表現の幅が広がります。

【対応フラッシュ】

オートフラッシュAF540FGZ II, AF360FGZ II, AF540FGZ, AF360FGZ, AF201FG, AF200FG

特集_カメラ_リコー_GR3_25

21mmの超広角撮影。ワイドコンバージョンレンズ

GR IIIに対応したワイドコンバージョンレンズGW-4(別売)を新開発。装着時、画角が対角約90度(焦点距離21mm相当)となり、強いパースペクティブと広い画角を活かした超広角撮影が可能です。また、手ぶれ補正制御も21mmの焦点距離に対応しています。

● 焦点距離は35ミリ判換算値。ワイドコンバージョンレンズGW-4の装着にはレンズアダプターGA-1(別売)が必要です。

特集_カメラ_リコー_GR3_26


特集_カメラ_リコー_GR3_27


高いコネクティビティと信頼性

スマートフォンとの連携を強化無線LANとBluetoothに両対応
特集_カメラ_リコー_GR3_28

無線LAN機能を搭載。スマートフォンと連携し、専用アプリを使って画像の転送やカメラの遠隔操作などが行えます。また、新たにBluetoothv4.2に対応し、スマートデバイスとの常時接続を実現しました。撮影画像の自動転送設定、スマートフォンから取得した位置情報の記録のほか、カメラの電源がオフの状態でもスマートフォンで画像の閲覧および転送ができるなど、利便性が向上します。

環境に合った明るさと見やすさが得られる、アウトドアモニター
特集_カメラ_リコー_GR3_29

明るい外光下や暗い環境下での最適な視認性が得られる、アウトドアモニター機能を搭載。モニターの輝度調整範囲を通常の設定よりもさらに拡大でき、幅広い状況で素早く選択できます

 GR II との比較

GR III  GR II
レンズ構成 4群6枚(非球面レンズ2枚) 5群7枚(非球面レンズ2枚)
焦点距離・F値 18.3mm (35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8〜F16 18.3mm(35ミリ判換算で約28mm相当)、F2.8〜F16
撮像素子 23.5mm×15.6mm APS-CサイズCMOSセンサー 23.7mm × 15.7mm APS-CサイズCMOSセンサー
 有効画素数 約2,424万画素 約1,620万画素
ISO 100 〜 102400 ISO100 〜 25600
手ぶれ補正 ×
ローパスセレクター SRユニットを用いたモアレ低減機能 (オフ、弱、強) ×
ダストリムーバル 超音波振動による撮像素子クリーニング機能(DR II) ×
記録形式【静止画】 【3:2】6000x4000(L)、4800x3200(M)、3360x2240(S)、1920x1280(XS)【1:1】4000x4000(L)、3200x3200(M)、2240x2240(S)、1280x1280(XS) 【3:2】4928×3264(L)、3936×2608(M)、2912×1936(S)、1280×864(XS)【4:3】4352×3264(L)、3488×2608(M)、2592×1936(S)、1152×864(XS)【1:1】3264×3264(L)、2608×2608(M)、1936×1936(S)、864×864(XS)
 記録形式【動画】 Full HD (1920x1080、60p/30p/24p)、MPEG4 AVC/H.264 (MOV) Full HD(1920×1080、30fps/25fps/24fps)、MPEG4 AVC/H.264
撮影距離範囲 (レンズ先端から)  標準:約0.1m〜∞、マクロモード:約0.06m〜0.12m 標準:約0.3m〜∞、マクロ撮影時:約0.1m〜∞
露出モード プログラムAE、絞り優先AE、シャッター優先AE、マニュアル露出 プログラムAE、絞り優先AE、シャッター優先AE、シャッター&絞り優先AE、マニュアル露出
測光モード 分割測光、中央重点測光、スポット測光、ハイライト重点測光 マルチ、中央部重点、スポット
シャッタースピード 1/4000〜30秒 、バルブタイマー(10秒〜20分)、バルブ、タイム 1/4000 〜 300秒、バルブ、タイム
露出補正 静止画撮影時:±5EV、1/3EVステップ、動画撮影時:±2EV、1/3EVステップ  静止画撮影時:±4EV、1/3EVステップ、動画撮影時:±2EV、1/3EVステップ
画像モニターサイズ  3.0型TFTカラーLCD (アスペクト比3:2) 3.0型 透過型液晶
タッチパネル 静電容量方式 ×
無線LAN  〇 〇 
Bluetooth ×
 使用電池 DB-110 DB-65
電池寿命 撮影可能枚数:約200枚 、再生時間:約180分  撮影可能枚数:約320枚、再生時間:約190分
 大きさ(幅×高×奥) 約109.4(W)×61.9(H)×33.2(D)mm(操作部材、突起部を除く) 約117.0(W)×62.8(H)×34.7(D)mm(操作部材、突起部を除く)
 質量   約257g(バッテリー、SDメモリーカード含む)、約227g(本体のみ) 約251g(電池、SDメモリーカード含む)、約221g(本体のみ) 

「RICOH GR III」アクセサリー

RICOH GR III アクセサリーチャート

 作例

RICOH GR III作例

Av(絞り数値):f5.6

Tv(シャッター速度):1/500秒

ISO感度:100

露出補正:0ステップ


RICOH GR III作例

Av(絞り数値):f3.5

Tv(シャッター速度):1/200秒

ISO感度:100

露出補正:-1ステップ

RICOH GR III作例

Av(絞り数値):f2.8

Tv(シャッター速度):1/80秒

ISO感度:800

露出補正:+0.3ステップ


RICOH GR III作例

Av(絞り数値):f4

Tv(シャッター速度):1/13秒

ISO感度:800

露出補正:-0.3ステップ


RICOH GR III作例

Av(絞り数値):f5.6

Tv(シャッター速度):1/640秒

ISO感度:100

露出補正:-1ステップ

RICOH GR III作例

Av(絞り数値):f2.8

Tv(シャッター速度):1/30秒

ISO感度:800

露出補正:0ステップ

 GRが紡いできた歴史

GRが守り続けるコンセプト

(1)最強のSnap Shooter (2)高画質と携帯性の両立 (3)良いフィードバック使い込むほどに手放せない

RICOH GR 歴史

GRの歴史は、反骨の歴史ともいえます。便利なズームレンズに見向きもせず、広角単焦点を採用し続ける。新製品ラッシュの中でも2年間モデルチェンジをせず、ファームウェアによる機能拡張でカメラの成熟を図る。一見すると地味で無骨、モデルチェンジしても代わり映えしないデザイン。それらは、ブームやトレンドに対してのアンチテーゼでもありました。そのバックボーンにあるのは、写真を愛してやまない人たちの声。その意味では、GRの歴史は、写真を中心に繋がるユーザーと作り手の対話の軌跡です。GRである限り、常に本質を見極めて普遍的な価値を創っていくことを目指した、作り手の情熱の軌跡でもあるのです。