夏の快適、快眠。

じめじめむし暑い季節の不快感は寝具で解決!通気に優れた掛け布団や、ひんやり気持ちいい接触冷感寝具、タオルケットなど、暑い夜を快適に過ごすアイテムで、今年の夏はぐっすり快眠!

夏の寝具って何を選べばいいの?

夏は暑いから何も掛けないで寝る、という方も多いかもしれませんが、夜は昼間に比べ気温も下がり、さらにエアコンでお部屋を涼しくしていると寝冷えにより夏風邪にかかる原因にもなります。ただ、夏用の掛け布団ひとつとっても種類は様々。とにかく暑いのが耐えられない!という方や、夏のムレる感じが嫌い!という方など、お好みや用途に合わせて、おすすめの寝具をご紹介します。

夏物寝具

夏の寝具に求められている3つのポイント

1.通気性

日本の夏で一番気になるのは湿気。通気性の悪い寝具を使うことで、不快感はさらにアップしてしまいます。暑がりさんも寒がりさんも夏は通気性のいい寝具を選んでください。


2.清潔感

人は寝ている間にたくさんの汗をかきます。夏だけでなく冬も汗はかいていますが、夏は特に多くの汗をかきます。常に清潔な状態を保てるように、ご自宅で洗濯できる寝具は重要なポイントになります。


3.ひんやり感

触れたときにヒンヤリと冷たく感じる接触冷感素材を使用した寝具です。人は体の体温が下がったときに眠りに就くことができます。夏に寝付きが悪くなる原因は、体温が下がらない点にもあります。接触冷感寝具はヒンヤリ気持ちいいだけでなく、触れた部分の体温を下げる手助けもするので、なかなか寝付けない方は接触冷感寝具がおすすめです。


 肌掛布団(ダウンケット)

夏のおすすめNo.1 掛け布団!通気性抜群で夜中快適!

せっかく眠りに就いたのに、暑くて夜中に起きてしまうことも・・・。通気性抜群で、布団の中に熱を溜め込みにくい肌掛布団は、睡眠中の寝床環境を快適に保ってくれます。綿100%を使用した側生地や布団カバーのものを選べば、吸湿発散性がよくなり、さらに快適に。エアコンによる寝冷え対策にもおすすめです。

ダウンケット

イチオシ商品>>世界的に名高いポーランド産グースダウン95%使用「PR-310」

抜群の軽さと通気性で湿気の多い夏も爽やかな睡眠を実現。

一番人気の肌掛羽毛布団(ダウンケット)です。シングルサイズよりも大きめの「ワイド&ロング」サイズは、寝返りをうってもずれ落ちにくいので朝までぐっすり。

心地よい眠りと安心をお届けします。


気になる口コミをチェック

★★★★★ コストパフォーマンスが良い(投稿日5/4)

夏用ですがこの季節でも快適です。軽くて寝心地が良いです。デパートだと同じような品質のモノがこの値段では絶対に買えません。

★★★★★ 迷ったらポーランド産ダウン(投稿日11/26)

フランス産ダウンは安価であったので迷いましたが、ポーランド産にして正解でした。とても軽く暖かく秋口まで十分使用できます。購入時は、産地とダウン%によく目を通して。

★★★★★ 再購入です(投稿日10/31)

20年ほど前に生毛工房で同クラスの品を購入し使っていましたが、大分古びてきたので買い換えました。
さすがに新品は一回りふっくらとしています。
今の気候では肌掛け+毛布で寝ていたのですが、新品に替えたら毛布はまだ不要です。
逆に言えば、20年たっても少ししか痩せていないことに驚きました。

こちらもおすすめ

 タオルケット

自宅で洗えていつでも清潔!夏の定番寝具

夏と言えばタオルケットでお休みの方も多いはず。睡眠中の汗をしっかりと吸収し、さらっと爽やか。ご自宅で洗濯できるので、常に清潔にご使用いただけます。

タオルケット

 接触冷感寝具

自然にヒンヤリ。入眠サポートに最適。

触れるとヒンヤリ気持ちいい接触冷感寝具。暑くてなかなか寝付けない方におすすめです。

接触冷感

 麻(リネン)寝具

独特のシャリ感で天然素材ならではの接触冷感を実現。

天然繊維の中で最も熱伝導率が高いので、体温を奪って放熱、自然の接触冷感を実現してくれます。天然素材なので肌にもやさしく、お子さまにも安心してご使用いただけます。湿気の多い日本の夏に、麻は最適な素材と言えます。ご自宅で洗濯も可能。

麻

 こんな寝具もおすすめです


高反発マットレス

通気性が良く、敷き布団内に熱がこもりにくい高反発マットレス。中材が洗えるタイプなら、いつでも清潔。


商品一覧はこちら

い草アイテム

湿度を吸収し、ムレを防止してくれるい草。空気浄化機能もあるので、お部屋がクリーンな空間に。


商品一覧はこちら

抱き枕

掛け寝具が薄くなる夏、横向き寝の方には必須アイテム。接触冷感タイプもあります。


商品一覧はこちら

除湿シート

敷布団やマットレスの下に敷くだけで、寝ている間の湿気を吸収してくれます。センサーの色が変わったら干すタイミング。


商品一覧はこちら