令和最初の大掃除 回転モップが8,980円(税込)

意外と知らない?紫外線・日焼け対策

紫外線は肌に悪いとは知っていますが、夏だけに対策をしていれば大丈夫と思ってはいないでしょうか?
紫外線は1年中降り注いでいます!また、その後の対応を疎かにしてしまうと肌に大きなダメージを与えてしまいます。
しっかりと対策を行い紫外線に負けない肌を作りましょう!!

紫外線のダメージは2タイプ 

紫外線にはUVAUVBの2種類の波長があります。

UVAは皮膚の奥まで浸透し、シワやシミ、たるみの原因を作ります。また季節に関係なく降り注いでいます。

UVBは皮膚の表面に影響を及ぼし、皮膚に炎症を与え日焼けや肌の黒化を引き起こします。季節では5月から8月がピークとなります。

なのでシワやたるみを抑えたい場合はPA値を日焼けや黒シミを防ぐ場合はSPF値を選びましょう。

特集_日焼け_資料2

紫外線の防止効果は「SPF」「PA」を確認

数値が高い方かいいのか? 

数値が高い方が紫外線を防ぎます、しかし一般的に、数値が高くなるほど、 肌に負担がかかります、重要なのは数値の高さでなくその時の用途やご自身の体質で選ぶ事が重要です。
また数値が低くてもこまめに塗りなおす事で紫外線をしっかりと予防出来ます。

生活シーンに合わせた日焼け止めの選び方の目安

日焼け止めの種類 

ビックカメラ厳選日焼け止めはこちら

クリームタイプ

クリームタイプは、肌をしっとりさせながら日焼け対策をしたい方にぴったりです!肌に密着し落ちにくいので、海や川などのレジャーで長く日にさらされるときに活躍します。

ミルク・乳液タイプ

ミルク・乳液タイプは、伸びがよく、肌によくなじむ日焼け止めです。刺激が弱いので化粧の下地としても使える商品がラインアップされており、ちょっとしたお出かけには最適です!多くのメーカーで採用されており、日焼け止めの主流になっています。

ジェルタイプ

のびがよく、さらっとしているのが特徴なのでべたつくのが苦手な方にぴったりの日焼け止めです。

スプレータイプ

手で塗ることなく簡単にお顔や身体に吹きつけることができるタイプです。
他のタイプとあわせて使うと効果的で、また手が届きにくい背中などにも簡単に使えるのでスポーツやレジャー時の塗り直しにとても便利です。

赤ちゃん・子供用

1歳未満お子様には肌の機能が未熟なのでベビー用か敏感肌用の日焼け止めをお選びください。
また敏感肌のお子様には帽子やアームカバーなどを併用して肌を守りましょう!

日焼けをしてしまった場合 

日焼けした肌は紫外線により炎症を起こしひどく敏感な状態です。いつも通りのお手入れだけでは 不十分です。
そのままにしておくと乾燥で肌ごわつき、ハリや弾力が失われ、シワが目立ちやすくなるなど、あらゆる皮膚トラブルのもとになります。
だからこそ早めの対処で大切な肌を守りましょう!

●冷やす

日焼けは軽いやけどと同じです、まずは皮膚のほてりを鎮める事が大切です。

ヒリヒリと痛む場合は皮膚薬で炎症を抑えるのもおすすめです。

それでも、ほてりや痛みが引かない場合は医療機関を受診してください。

●しっかりと日焼け止めを落とす

数値の高い日焼け止めを使っている場合は水ではなかなか落ちません!また、落とすのが不十分ですとニキビ や肌荒れ等の皮膚トラブルを引き起こします。

しかし、日焼けした肌は敏感な状態なので強くこすると肌を傷つけてしまいます。

なので日焼け止めを落とす場合は洗顔料、ボディソープ、クレンジング剤はなるべく肌に優しい商品をご利用ください。

●保湿する

紫外線を浴びた肌は普段の何倍も乾燥し肌の水分が不足しています。

肌のほてりが鎮まり、日焼け止めを落としたらすぐに化粧水や美容液等でいつもより念入りに保湿をしましょう。

ただし、その潤いを逃がしてしまっては意味がありませんので乳液等で油分を与 え水分が逃げないように心がけましょう!

●美白

痛みや赤みがひき、完全に肌の状態が落ち着いたら、普段使っている化粧品にビタミンC配合の化粧品を加えてみてはいかかでしょうか?

ビタミンCにはシミの原因となるメラニン色素生成の抑制や出来てしまったメラニンを還元して細胞を活性化したり、肌のハリのもとになるコラーゲンの生成を 助ける作用もあります。

●日頃のメイク

常に日焼け止めを使っていては肌に負担をかけてしまいます。最近はUV効果ある化粧下地やファンデーションなども多く出ていますので、普段の日常生活などはUV効果のある化粧品で紫外線を抑えてみてはいかがでしょうか?

●体の内側からも

内側からも紫外線対策をしておけば、より肌の健康を促してくれます!リコピンそしてビタミンA、B2、C、Eです。

リコピンやビタミンCは肌に良い抗酸化成分を多く含んでおり、ビタミンB2は皮膚の再生や維持を助けてくれます。

ビタミンAは肌の潤いや抵抗力を上げてくれますが脂溶性のビタミンなので取りすぎには注意してください。

そしてビタミンEは抗酸化作用と血行や代謝を促進してくれますが、こちらも脂溶性のビタミンなので取りすぎには注意してください。