クリスマス特集2019

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

ニコン ファンミーティング2018 〜ニコンZ7、Z6タッチ&トライレポート〜

2018年9月1日、2日にベルサール渋谷ファーストにて行われました、ニコンファンミーティング2018に行ってきました。

会場では製品企画者や写真家による貴重なお話が聞けるステージや各製品が体験できるブースがあり、ニコン製品の魅力をたっぷりと楽しめるコンテンツが盛りだくさん。

そして、今回は先日発表になった話題のフルサイズミラーレス、Z7、Z6もお披露目され、実際に手に取れるということもあり多くのお客様で賑わっていました。

<会場入り口のファンミーティングのロゴボード>

<会場に入るとニコンラインナップがドーンとお出迎え>

会場に入ると各ブースとも大盛況。早速、Z7Z6を触ってみましたのでファーストインプレッションを。

まず、手に取ると、その軽さに驚かされます。ミラーレスということでボディは薄く小型に。それでいて、グリップがしっかりしているのでしっかりと握れて、そのバランスのよさから大き目のレンズを装着してもしっかりとホールドできます。

<実際に実機を手に取ってみるとそのホールド性の良さ、ファインダーに感動>

各ボタンの操作性や押した感触などもとても良く感じます。

AFなども軽快で、マウントアダプターFTZを使用してFマウントレンズの使用も高速なAFはそのまま。実用充分に感じます。このあたりは機会があればぜひフィールドでも実写してみたいと思います。

そして、EVFファインダーの自然な見え方も特記に値します。隅々までクリアで見やすく、ピントの山などもはっきりとつかむことができます。今までの光学ファインダーに慣れている方にも違和感ないのではないかと感じます。作品を撮るにあたっての撮影スタイルやプロセスはEVFならではメリットも大きいところですので、この仕上がりは大きな価値があると思います。


<大口径なマウント>

Zシリーズの展示では、すでに発表になっているレンズに加え、レンズロードマップやケース内での展示となりますが、Z58mmF0.95SNoctや24-70mmF2.8、14-30mmF4のモックアップも展示されていました。

Zマウントの特徴を活かしたF0.95を実現する58mmも楽しみですし、14-30mmはかなり小型な印象。フルサイズボディとの組み合わせでとても携帯性もよさそうで、荷物を軽量にしたいシーンなどでかなり活躍してくれそうです。これからのZシリーズラインナップに大きな期待が膨らみます。

その他にもカットモデルなどの興味深い展示も見ることができました。

<各ラインナップのモックアップも展示>

<58mmF0.95Noctのモックも!>

<Z7のカットモデル>

ニコンZ7、Z6の特集ページはこちらからご確認ください。



Zシリーズ以外にも、話題の新製品を手に取ってみる事が出来ました。

なかでも注目は AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR

噂には聞いていましたが実際に見ていると小さい!そして実際に手にとって見ると軽い!

AFも高速で、VRもしっかりと効いています。これは期待ができますね。

大きさ的には70-200クラスのレンズの感覚で、この焦点距離でこの大きさ、重さ、携帯性や取り回しのしやすさ、とても魅力的ですね。航空祭などで1日振り回していても疲労が少なそうです。

筆者、個人的に真面目に購入を検討始めました。


<AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR、この大きさ、軽さは魅力です!>

ニコン AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR 詳細はこちら



そしてもう一つ注目がP1000光学125倍の超望遠3000mmをカバーする超弩級なデジカメです。

アクセサリーのドットサイトDF-M1も装着してみる事ができました。

3000mmの世界、すごいですね!!ぜひこちらもフィールドでその望遠効果を活かした写真や、月などを是非撮ってみたいです!!


<ドットサイトを装着>

<ズームしたところ>

<P900と比べるとこんな感じです>

製品の体験、体感以外にも写真家の方のトークなど、とても興味深い内容でした。Zシリーズについてのセミナーやポートレート撮影体感などもとても参考になります。

プロフィール撮影コーナーやクイズ大会などとても楽しめる内容でした!

会場限定グッズなどの販売もあったのですが、筆者が到着した1日夕方には人気商品のいくつかは売り切れに・・・。


<会場限定グッズも大人気>

<ニコンちゃんがいたるところに>

そんな様子や、真剣に実機に触れ、質問されている姿や各種のコンテンツを笑顔に楽しんでいる様子を見て、多くのお客様からニコンが愛されているのだなあと感じました。私も一ニコンユーザーとして、一体感のあるイベントを楽しみつつ、新たなZマウントシステムの幕開けに期待を膨らましつつ、会場を後にしました。

9/3現在、東京会場は終了しましたが、これから大阪、名古屋、札幌、広島、福岡など、各地でも開催されますので、ニコンファンの皆様、新製品が気になる方、是非行ってみてはいかがでしょうか。

ニコン ファンミーティングの詳細はこちらでご確認下さい。


  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina