ビックカメラ 歳末先取りスペシャル

カメラ・レンズの選び方や
カメラライフを楽しくする情報発信サイト

Bicphotostyle

Nikon AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

望遠ズームレンズながら、質量680gと驚くほどコンパクトで携行性に優れた「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」。焦点距離70mmから300mmまでの広い範囲をカバーする望遠ズームレンズです。ステッピングモーターを採用したFXフォーマット(フルサイズ)対応の最新「AF-Pレンズ」で、静かで高速、かつスムーズなAFは動画撮影にも適しています。ロケ撮影で急な天候の崩れなどはよくありますが、ついつい準備を怠りがち。そんな時、防塵・防滴に配慮された設計は、撮影者にとって大変心強いレンズです。今回はDXフォーマットカメラを使用してのテストシューティング(35mm判換算105-450mm相当)。不安定な天候と知りつつも果敢に撮影に行ってまいりました!




カメラ: D5600
絞り値:f/5
露出時間:1/200秒
ISO:400
大きな美しいボケ表現は、望遠レンズの醍醐味の1つ。背景に密集する枝葉や樹々は、シンプルな背景色としての色面となり、被写体を容易にクローズアップします。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.3
露出時間:1/100秒
ISO:100
やはり、望遠レンズだからこそ得られる大きな美しいボケ表現ですね。画面が整理され、ポピーの可憐な存在を際立たせてくれます。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/250秒
ISO:100
EDレンズの採用により、ズーム全域において、開放絞りで画像周辺部までの高い解像力を実現しているようです。葉の1枚1枚、空間の厚みとともによく描写されています。




カメラ: D5600
絞り値:f/7.1
露出時間:1/80秒
ISO:100
ワイド端にて、お気に入りのカフェの好きな外観の一部を、歪みのない十分な画角で切り取ってみました。70mmでは、自然な描写を切り取る事ができます。




カメラ: D5600
絞り値:f/5
露出時間:1/160秒
ISO:100




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/80秒
ISO:400
遠くへと走り抜けた学生の後ろ姿を、テレ端にて捉える事が出来ました。




カメラ: D5600
絞り値:f/6.3
露出時間:1/3200秒
ISO:200
高速AF駆動により、唐突に現れる上空の鳥などのピント合わせも問題なく捉えられます。また、ブレの少ない安定したファインダー像で速く動く被写体を追いやすい[SPORT]モードは、スポーツや車、瞬時に動く動物などを捉える時に大いに活用したい撮影モードです。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/800秒
ISO:100
ポピーが咲き誇る畑を散策する人。実にのどかな、5月の爽やかなこの日の気温までもが写し出されました。遠くに見える背景の山々が、望遠レンズの圧縮効果により迫って見えます。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.3
露出時間:1/160秒
ISO:400
雑草だと思っていた小さな野の花に焦点を当ててみると、今まで感じることのなかったような愛しさを感じたりと、レンズを通して気づかされることがたびたびあります。後ろの樹木の圧縮効果を活かして、樹木が野の花を主役として浮き立たせるための背景色となるよう、花の位置を決めています。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/80秒
ISO:400
テレ端ならではの、大きなボケ味を活かしての撮影です。焦点のあった画像周辺部までの開放絞りでの解像力は優れていると感じます。また、浅い被写界深度により生まれる大きなボケは、やはり大きな魅力です。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/25秒
ISO:1600
雨が降り出しそうな空模様。森の中は一気に暗く翳ってきました。小川の向こうにいる被写体をテレ端で狙いましたが、このシャッタースピードでの撮影は困難。しかしながら、風と被写体の動きが止まった時を見計らって、上手くシャッターを切る事ができました。VR モード、4.5段※(CIPA規格準拠)の優れた手ブレ補正効果の助けがあっての撮影でした。手ブレの影響を効果的に軽減してくれるので、低照度の夜景やスローシャッターなどにおける手持ち撮影でも活躍してくれそうです。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/80秒
ISO:500
風も少し出てきたようです。一雨降りそうな気配。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/125秒
ISO:1600
ついに降り出しました。雨滴は容赦無くレンズに降り注ぎます。天候の不安定な日の撮影では、防滴機能は必須機能。「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」は、防塵・防滴に配慮した設計が施されているので、突然の雨にも慌てずに対応できます。EDレンズを採用し、色収差を効果的に低減、光の波長による焦点のズレで発生する色にじみを抑えて、高い描写性能を発揮するとのこと。雨滴による水面の波紋や水の描写等、よく表現されていると思います。




カメラ: D5600
絞り値:f/5.6
露出時間:1/30秒
ISO:400
ワイド端にて、林の深い緑が映り込んだ静かな水面の様子や広さを、十分な画角で切り取る事が出来ました。等倍では静かに水面に降り注ぐ雨滴が、光の粒のように小さく輝いているのが描写されています。


望遠ズームレンズ「AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR」の捉える画角は、かなり守備範囲が広く、実に使い勝手が良い焦点距離と感じます。高性能かつ軽量コンパクト、操作性も非常に良いので、ストレスなく普段使いができそうです。こんなレンズが1本あると重宝します。使用頻度の高い、実に価値ある1本となりそうです。野鳥撮影やスポーツ (SPORTモード採用)、風景、花など、多彩な撮影シーンで望遠レンズを気軽に楽しみたいという方に、自信を持ってオススメできるレンズです!





  • ニコン
  • ニコン
  • オリンパス
  • SONY
  • Panasonic
  • FUJIFILM
  • RICOH/PENTAX
  • SIGMA
  • TAMRON
  • CarlZeiss
  • Leica
  • Tokina