タイピングで重要なのは速度というわけではありません。
今回のイベントでは、親子で楽しみながら自然とキーボードが打てるようになるための方法をご紹介させて頂きます。実際の「パソコン市民講座」では、正しい指の動かし方のほかにも、アルファベット、ローマ字習得もカリキュラムに取り入れています。今回は、映像を交えて正しい指の動かし方を中心に、パソコンスキルの中でも重要なタイピングスキルの上達方法を親子で身につけていくことができます。

2020年度から始まる小学校でプログラミング教育の必修化に加え、ITの目まぐるしい進化の中で子どもの教育過程においてもパソコンを使う機会が増えてきています。鉛筆で学習するのが当たり前なように、大人になったらペンと同じくらいの頻度、もしかしたらそれ以上にキーボードを使う機会は増えます。そんな一生モノのタイピングスキルを子供のうちから身につけるのは自然なことと言えるでしょう。

2019年8月16日・17日・18日の3日間、ビックカメラ池袋本店パソコン館では、最新パソコンを使ったタイピング教室を実施します。なぜ、今タイピングが必要なのか。そして、効率よく上達するための方法を、「パソコン市民講座」や子ども向けプログラミング教室「STAR Programming SCHOOL」を運営する株式会社チアリーの講師から学ぶことができます。
小学生のお子様がいる親子でしたら誰でも無料で参加することができますので、ご興味ありましたら是非ページ下部のフォームからお申し込みください。

開催場所

ビックカメラ 池袋本店パソコン館 6階
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-6-7

参加対象

小学生の親子
※低学年向けと高学年向けの内容で開催時間をわけております

実施時間

1回目 11:00 - 11:40 (低学年向け)※受付終了
2回目 14:10 - 14:50 (低学年向け)※受付終了
3回目 15:35 - 16:15 (高学年向け)※受付終了
※低学年向けと高学年向けで内容がことなるのでご注意ください。
ご好評につき低学年向けの回を追加いたしました!
【追加枠】
8月16日 17:00 - 17:40 (低学年向け)
8月17日 17:00 - 17:40 (低学年向け)

定員

各回10組
※先着順。定員に達し次第締め切りとなります。

お申込方法

事前予約制
※定員に達している場合、ご参加をお断りする場合がありますので、
予めご了承ください。

お申し込みフォームはこちら