MINASE 世界80本限定 FIVE WINDOWS予約開始

※3色合計数となります

ビックカメラ独占販売

MINASE 世界80本限定 FIVE WINDOWS予約開始

ミナセ10周年にごく少量のみ作られた幻のパワーリザーブ搭載モデルを世界限定80本にて復活。

“MINASE”とは

「100年後も語り続けることのできる時計を作る」を目標に、世界最高峰の技術、職人の腕を結集させた独立系 国産時計ブランドMINASE(ミナセ)。

日本人の美意識にこだわり、秋田県皆瀬の雪深い山奥で職人たちが精魂を込めて作り上げる時計は、まさに匠の技の集大成と言える。

MINASE(ミナセ)の時計を語るうえで欠かせないのは、研磨の下地処理技術「ザラツ研磨」。匠たちの技を常に纏い、そのあせることのない輝きを持つ。

世界限定80本 FIVE WINDOWS(ファイブウィンドウズ)

※3色合計数となります

本来1色のみだったところをIP加工を施した2色を追加で製作。
ミナセの定番色である青、こだわりの黒、バイヤー一押し色のブラウン×ピンクゴールドを用意。
イオンプレート加工

3色ご用意しました

VM01-R04SD

世界限定20本

FIVE WINDOWS
ブルー

VM01-R04SD

さらに詳しく
VM01-R05KD

世界限定30本

FIVE WINDOWS
ブラック

VM01-R05KD

さらに詳しく
VM01-R03BD

世界限定30本

FIVE WINDOWS
ブラウン×ピンクゴールド

VM01-R03BD

さらに詳しく

“FIVE WINDOWS”とは

FIVE WINDOWS

ケース イン ケース構造が可能にする、時を閉じ込めた小宇宙。

風防・裏蓋・ケース側面に配された5つの窓(FIVE WINDOWS)から、文字盤の圧倒的な立体感と量感を堪能いただけます。

5枚のサファイアガラスを通して覗く世界は、雪見障子や円窓が生けどる日本庭園を彷彿とさせる静謐さがあり、時と共に刻々と移ろう繊細な美を表しています。

ザラツ研磨

ザラツ研磨。それは完璧な鏡面加工を実現するための下地処理。

スイスでもこの技術を持つ職人はほとんどいないという幻の研磨で、MINASEが世界に誇る匠の技の一つです。

一本の時計の中におよそ500 の工程を要する、気が遠くなるような緻密な作業の結晶です。

横窓からの景色

ムーブメント・文字盤・インデックス。

三位一体の立体感を最も愉しめるのが横窓からの景色です。異なる表面処理の金属とサファイアガラスが生み出すハーモニー。

正面からは窺い知れない職人のこだわりをここからご覧いただけます。

ケースインケース構造

唯一無二の立体感をより美しく表現するために、針の先端をほんの少しカーブさせているのがポイント。

また、HiZ シリーズを語るうえで欠かせないケースインケース構造。

独立したムーブメント・文字盤・インデックスを、寸分の狂いもなく重ねることで生まれる究極的な美は、丁寧な磨き込み、粘り強い作業がベースにあるのです。

リュウズのデザイン

リュウズのデザインは円筒形が一般的ですが、HiZシリーズでは多面体を採用しています。

一つ一つの面にザラツ研磨を施すことで、小さなリュウズにも存在感のある輝きを加えました。

新しいMINASEのロゴも配し、細部にもブランドの矜持を刻んでいます。

“ザラツ研磨”、縁の下の力持ち

下地処理の工程数は500 以上

ザラツ研磨を一言で表すとそこに尽きます。
ゆがみのない美しい面を実現するための下地処理。その工程数は500以上。
15 時間以上もの時間を費やします。

世界中を探してもここまでの研磨技術を擁する時計ブランドはほぼありません。

ケースの仕上げ前にこの時間と労力を惜しまないことで、クリアな美しい鏡面加工が実現するのです。

3色ご用意しました

VM01-R04SD

世界限定20本

FIVE WINDOWS
ブルー

VM01-R04SD

さらに詳しく
VM01-R05KD

世界限定30本

FIVE WINDOWS
ブラック

VM01-R05KD

さらに詳しく
VM01-R03BD

世界限定30本

FIVE WINDOWS
ブラウン×ピンクゴールド

VM01-R03BD

さらに詳しく