炊飯器の選び方

毎日の食事に欠かせない炊飯器。実はご飯の仕上がりは炊飯器が大きく左右するんです!ここでは、マイコン、IH、圧力IH、ガス火など加熱方式の違いや、1合はお茶碗何杯分でどんな容量を選べばいいのか、また主要メーカーごとの特徴の違いを比較していきます。あなたにあった炊飯器を選んで、毎日の食卓をもっと楽しくしてみませんか?

加熱方式の違いで選ぶ

炊飯器の加熱方式は、大きく4つにわかれます。マイコン炊飯器、IH炊飯器、圧力IH炊飯器、ガス炊飯器です。 マイコン炊飯器は、お釜の底の部分を加熱しご飯を炊き上げるため、熱ムラが出来やすいです。しかし、4000円代からご購入できる低価格商品が多いのは魅力的です。 主流になっているのはIH炊飯器です。お釜に巻いたコイルより内釜を発熱し釜全体を包み込むように高温で炊き上げるため、熱ムラがなくおいしく炊きあがります。 今、注目を集めているのが「圧力IH炊飯器」です。圧力鍋のように内釜に圧力をかけて100℃以上の高温でいっきに炊き上げるため短時間でおしく炊きご飯が出来ます。又、圧力をかけることによってねばりがあるもちもちした食感のご飯が頂けます。 電気釜が一般的な現在でもロングランで売れている「ガス炊飯器」。ガス特有の強火力で炊き上げるため「かまど」で炊いたようにおいしいと根強いファンの方々がいらっしゃいます。

マイコン IH 圧力IH ガス火
一覧へ 一覧へ 一覧へ 一覧へ

下からのヒーター加熱で炊き上げるタイプ。炊きムラが出やすいので厚めの釜がおすすめ。

釜に巻いたコイルにより内釜が発熱し高火力で炊き上げるタイプで、長時間の保温が可能です。

IHヒーター+圧力をかけて100℃以上の高温で炊き上げるタイプ。1合約15分〜20分でお米を炊きます。

LPガス用と都市ガス用があり、ガス栓がないと使用できないので注意。ガス火を使って炊き上げます。

火力が弱くムラがでやすいが、他のタイプと比べて低価格

和食に良く合うしゃっきりめの炊き上がり!

日本人好みのもっちりめの炊き上がり!

ガス火をつかって炊き上げるのでかまど炊きに一番近い状態の炊き上がりになると言われています
※設置場所に制限があるので注意

容量別に選ぶ

家族構成や1回に何号ご飯を炊くかを考慮して炊飯器の容量を選んでください。 1番売れている5.5合は種類も一番多いです。最近は3〜3.5合のタイプも人気があります。 通常、炊飯器は例えば3合を炊く場合、5.5合用で3合を炊くより、3合・3.5合用で炊く方がその炊飯器の性能を最大限発揮できます。

3〜3.5合

1〜3人暮らしにおすすめ

一覧へ

5.5合

3〜5人家族におすすめ

一覧へ

6合

4〜6人家族におすすめ

一覧へ

一升

6人家族以上におすすめ

一覧へ
1合はごはん何杯分?

合数別に、約お茶碗何杯分なのかを表にしております。普段の食べる量や、必要な量に応じて炊飯器を選びましょう。必要な合数よりすこし大き目の炊飯器なら、急な来客や作り置き(冷凍など)にも便利です。

1合 3合 5合
ごはん重量 350g 1050g 1750g
お茶碗杯数

2.5

4.5

11.5

メーカー別に選ぶ

炊飯器は各社独自の技術によって様々な特長や内釜の種類があります。 各メーカーの主な特長をご紹介します。お客様に合った商品をお選びください。

メーカー         釜の種類  特徴
パナソニック

「Wおどり炊き」

高速交互対流と可変圧力の2つの合わせ技で、とことんお米をおどらせ“対流”と“圧力” でお米を釜底からしっかりかきまぜ、均一に熱を加えるパナソニック独自の炊飯技術。内・外からの熱対流でおどらせる大火力おどり炊き(高速交互対流) x 激しい沸騰を起こして対流させる可変圧力おどり炊きで、一粒一粒の甘味、旨み、香りをしっかり、丁寧に抽出します。加圧、減圧を細かく制御する機能が新搭載!これによりおどりの効果が向上し、従来品よりおねばの糖度が高まり、ごはんの甘みが10%増しました。

一覧へ
象印

「南部鉄器・極め羽釜」

鉄は、IH加熱と相性がよく、釜内に熱を伝えるのに優れた素材です。炊飯で最も火力が必要な、中パッパの沸とう時に素早く熱が伝わります。 「極め羽釜」の形は、底が浅く、横幅が広くなっています。この形にすることで、全てのヒーター水面との距離が近くなり、釜全体に効率よく熱が伝わります。 驚きの保温力!40時間おいしく保温する「極め保温」。底センサーが細かく火加減をコントロールし、40時間までおいしく保温します。

一覧へ
タイガー

「土鍋IH」

「遠赤効果」+「蓄熱性」激選された土から焼きあげた「プレミアム本土鍋」を使用。新機能「プレミアム本土鍋」+「つや艶内ふた」+「高温蒸らし」のトリプル効果で、お米の粒と粒の間に残った余分な水分をとばし、甘味を凝縮し香りを引き出す「香り炊き」を実現しました。「押麦」「もち麦」をそれぞれおいしく炊き分け、健康的な食卓を応援。独自の炊飯プログラムでニオイを抑制し毎日続けられるおいしさを実現しました。

一覧へ
東芝

「かまど本羽釜」

「羽釜の形」と「大火力」で、芯までしっかり加熱し、旨さを引き出します。上部空間かあるから、大火力による連続加熱・連続沸騰が可能です。真空ポンプがお米の中の空気を追い出し、その隙間から芯まで水を浸透させ、すばやく吸収するため、洗米後すぐに炊飯スイッチを入れてもおいしく炊き上がります。お米の銘柄や料理、気分に合わせてお好みのごはんを自由に楽しめます。食感炊き分け機能「9通り」。きめ細やかな火力制御により、同じ水加減のままでもさまざまな食感や味わいに炊き分けます。

一覧へ
三菱

「本炭釜」

かまどのおいしさを実現!直火ならではの大火力によって、炊飯器と同等のみずみずしさでも、粒感が強調された仕上りに。ごはんの表面を覆っている「保水膜」が一粒一粒をしっかりと包み込み、つやのある食感の良い炊き上がりを実現しました。全国のお米29品種の個性を引き出す「銘柄芳潤炊き」モード搭載!お米の持ち味を吟味して、それぞれの個性をしっかり引き出し極上のおいしさに仕上げる機能です。

一覧へ
日立

「圧力スチーム炊き」

約60℃の高温浸し時間の延長と、圧力スチーム蒸らしの高温化で、ふっくら炊き上げます。浸し時間や温度、蒸らしの時間を調整し、用途に合わせて、しゃっきり・ふつう・もちもちに炊きわけられます。「1合まで」と「2合まで」が設定できる少量炊飯専用ボタンを搭載。少量をおいしく炊くために、さらに細かく加熱制御して、2合を約47分、1合なら約46分で炊き上げます。

一覧へ
炊飯器の主な機能で選ぶ

必要な機能に応じて炊飯器を選びましょう。

スチーム機能

乾燥を防いでつやつやに保温できます。ごはんのパサつきを抑え、保温ご飯のイヤなニオイも防ぎます。

一覧へ

蒸気レス機能

蒸気が出ないため、周囲の壁や家具に蒸気を当てないから、置き場所に困らず快適です。

一覧へ

パンコース

温度設定は炊飯器におまかせ!手作りのパンが楽しめます。

一覧へ

ケーキコース

本格的なスイーツが楽しめる!「ケーキメニュー」搭載の炊飯器。

一覧へ
精米機を使って、もっと自分好みご飯を楽しもう!

精米機とは、玄米についた”ぬか”を剥がし、白米にしてくれる機械です。ご家庭で精米機を使うことで、自分好みのご飯がもっと炊きやすくなりますよ!また、精米機は3分づき、7分づきなど好みのお米にすることが可能です。使う直前に精米すれば鮮度の高い美味しいお米を炊くことができます!

種類 圧力循環式 圧力式 かくはん式
一覧へ 一覧へ 一覧へ
特徴

センサーで確認しながらこすり合わせて最適な精米を行います。

米と米をこすり合わせながら精米します。

米と米をぶつけて精米します。

精米性能

精米温度

低め

高め

低め

小さめ

小さめ

大きめ

お米の劣化

少ない

少ない

多い