イヤホンは、その時代のトレンドに合わせたさまざまなモデルが誕生するオーディオ機器です。イヤホンの選び方も、コスパ重視、高音質・高機能、スポーツ、iPhoneやAndroidなどのスマホ用など目的によって異なります。
そこで、今回はイヤホンの種類や形状、メーカー別にご紹介。希望にあったイヤホン選びをサポートします。

装着方法をチェック

カナル型(耳栓型)

sample

カナル型は、耳栓のように装着することで高い密閉感があるイヤホンです。音漏れがしにくいので、通勤や通学などの外出用に人気。音の厚みや低音域の表現能力が高い装着方法です。

商品一覧

インナーイヤー型

sample

インナーイヤー型は、耳の穴の入り口にはめて装着するイヤホンです。音を発生させるドライバーが大きく、開放感のある高音域の再生が特徴。ただし、音漏れしやすいので電車や飛行機などでは音量に注意しましょう。

商品一覧

耳かけ型(イヤーフック)

sample

耳かけ型は、耳の付け根部分にフックをかけて装着するイヤホンです。装着中の安定感が非常に高くウォーキングやランニングなどのスポーツ用途で人気。耳に入れる部分は、カナル型とインナーイヤー型から選べます。

商品一覧

形状で選ぶ

完全ワイヤレス(フルワイヤレス)タイプ

sample

完全ワイヤレスイヤホンは、ケーブルが一切無いBluetooth接続のイヤホンです。ケーブルが一切なく、装着中の快適さが人気。左右のイヤホンは、付属のケースで充電と収納が可能。ケースのバッテリーが残っていればケースに収納するだけでイヤホンの充電が可能です。

商品一覧

Bluetooth接続タイプ(左右一体・ネックバンド型)

sample

Bluetooth接続タイプは、スマホやパソコンとケーブルでつながずに音を楽しめるイヤホンです。コスパ重視から高音質重視までさまざまな種類がラインアップされているので、自分にあった機能や形状から最適なイヤホンを選べます。

商品一覧

有線接続タイプ

sample

有線接続タイプは、再生機器とケーブルで接続するイヤホンです。無線と違い電池切れや音ズレを起こす心配がありません。1,000円以下の低価格モデルから、ハイレゾ音源対応、ケーブル交換可能なモデルまでさまざまなイヤホンがラインアップされています。

商品一覧

用途をチェック

ハイレゾ音源対応(高音質)

sample

ハイレゾとは「High(高い) Resolution(解像度)」のこと。ハイレゾ音源は「High Resolutionな音源」つまり「高解像度の」のことです。
この高解像度の音楽データの再生に適していて一般的に40kHz以上の高音域再生が可能なものをハイレゾ音源対応イヤホンといいます。

⇒このマークが目印です!

商品一覧

ノイズキャンセリングイヤホン

sample

ノイズキャンセリングイヤホンは、周囲の騒音を低減する機能を搭載したイヤホンです。電車やバスなどの環境音が多い場所でも、お気に入りの音楽や映画などの音に没頭することが可能。さらに、人の声や車の走行音を指定して集音する機能を搭載したモデルも登場しています。

商品一覧

リモコン・マイク搭載イヤホン

sample

首元のケーブルにリモコンやマイクがついたイヤホンです。スマホを持たずに通話や音楽再生、曲送りなどの操作が可能。両手が自由になるので、炊事や掃除をしながら音楽やハンズフリー通話を楽しめます。

商品一覧

スポーツ用・防滴・防水イヤホン

sample

スポーツ用は、安定した装着感に加えて防滴・防水加工がされているモデルがおすすめです。運動中の振動によるイヤホンの落下や、汗の侵入による故障を防ぎます。耳にかけるイヤーフック型は装着中の安定感が高いので人気です。

商品一覧

iPhone用ライトニング端子対応イヤホン

sample

ライトニング端子搭載のiPhoneシリーズに直接接続できるイヤホンです。変換アダプターを使わず接続できるので、配線がスッキリします。さらに、イヤホンにライトニングのメス側の端子を備えているモデルなら、音を楽しみながら充電が可能です。

商品一覧

USB-C端子対応イヤホン

sample

スマートフォンのUSB-C端子に直接接続できるイヤホンです。イヤホンジャック端子が廃止されたモデルでも接続可能。安定したリスニング環境で音楽を楽しめます。

商品一覧

Bluetoothネックスピーカー型

sample

ネックスピーカー型は、肩から耳に向けて指向性の高いスピーカーで音を届けるタイプです。音に包まれているような視聴環境をいつでも楽しむことができます。また、周囲の環境音も聞き取ることができるので、突然の来客や電話の着信音にも対応できます。

商品一覧

リケーブル対応イヤホン

sample

リケーブルとは、イヤホンのケーブルを交換できるタイプのイヤホンです。音質の調整や、ケーブルの長さ調節、断線した時の交換が可能。統一された規格のものや、メーカー専用の規格があるので購入前にチェックするようにしましょう。

商品一覧

骨伝導イヤホン

sample

骨伝導イヤホンは、イヤホンの振動を骨に伝える方式のイヤホンです。聴覚神経に振動を伝えるので耳を塞がずに使用可能。周囲の環境音は耳の鼓膜に伝わるので、ランニングやウォーキングなどを行いながら音楽が楽しめます。

商品一覧

人気のブランド

SONY(ソニー)

SONYは1946年創業の日本を代表するオーディオ・デジタル機器メーカー。製品開発力を活かしたこだわりのものづくりが世界中で高い評価を得ています。さまざまなジャンルの製品で培った技術やノウハウを別の製品で流用することで、SONY製品同士を連動させて楽しめます。

beats(ビーツ)

beatsは2008年にアメリカのカリフォルニア州で創業したオーディオメーカーです。有名アーティストを商品開発に招き、話題性の高いイヤホン・ヘッドホンを多数リリースしています。2014年にはAppleの子会社となりiPhoneシリーズと連動した製品の開発も行っています。

Shure(シュアー)

Shureは1925年にアメリカのイリノイ州で創業しました。世界初の単一指向性マイクを開発し、技術力の高さが評価され様々な製品を発表してきました。イヤホンの販売は2000年代になってからですが、コスパの高さや性能の高さが人気です。

bose(ボーズ)

boseは、1965年にアメリカで創業した、技術開発力に定評のあるオーディオ機器メーカーです。航空業界にも採用されるノイズキャンセリング理論の構築や迫力のある音と本体の小型化の両立など様々な技術を開発。現在はその技術力を活かしオーディオ機器のみならず、産業用機器の開発も行っています。

SENNHEISER(ゼンハイザー)

SENNHEISERは、1945年にドイツで創業したヘッドホンメーカーです。高い製品開発技術によって産み出される製品は、小型でありながら高音質を再現。世界中のオーディオユーザーから支持されています。

audio-Technica(オーディオテクニカ)

audio-Technicaは、1962年に東京都新宿区で創業したオーディオメーカーです。イヤホンだけでなく、レコードやスピーカーなどさまざまな製品を開発・販売。世界的なスポーツイベントでも製品が採用されています。

ブランドで選ぶイヤホン

あなたにおすすめの記事


Bluetoothイヤホンのおすすめ10選!


iPhone・スマホで使えるフルワイヤレスイヤホン おすすめ10選


Bluetooth ブルートゥーススピーカーの選び方・おすすめ


モバイルバッテリーのおすすめ【2019】選びのポイントもご紹介


Google Home のできること、使い方、購入についてご紹介

イヤホン週間売れ筋ランキング

ビックカメラ.comの実際の売れ筋が気になる方はこちらからチェックしてみましょう。