バルク品とは?

『バルク品』とは、ハードディスク、光学ドライブ、メモリモジュールなどでよく見られ、過度な包装パッケージや、付属品類がついておらず(一部付属している商品もある)、簡素なエアキャップに入ったものを言います。
バルク品のメリットはいわゆるパッケージ品(バルク品に対してリテール品とも言う)と比べ価格帯が安いことが一番のメリットです。
また、パッケージ品の場合、初心者向けの安心感を前面に出した商品作りが成されているが(HDDであれば「バックアップツール」、メモリであれば「メーカー製PC対応表」など)、DOS/Vパーツ愛好者、もしくはシステムの組込用途などで、これらの商品を購入したいユーザーにとっては、パッケージ品の付加価値であるプラスアルファの部分は全く必要のない場合が多く、価格の安いバルク品を選ぶケースが増えています。

利点 パッケージ商品に比べ価格が安い。
製品の詳しい仕様がわかる。
欠点 メーカー保証が付いていない。(初期不良時には、新品交換いたします。)
添付ソフトが付いていないものが多い。