ニコン D800 / D800E

世界最高の3,630万画素の有効画素数を実現!
機動性、耐久性を損なうことなく、スタジオカメラにも匹敵するほどの豊かな表現力。ニコン『D800/D800E』登場!

ニコン D800

ニコン D800

  • 有効画素数36.3メガピクセル。新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー。
  • ISO 50相当(Lo 1)までの減感、ISO 25600 相当(Hi 2)までの増感も可能。
  • 高速、多機能、高性能、画像処理エンジンEXPEED 3搭載。
  • 91KピクセルRGBセンサーにより「光学ファインダー撮影時の顔認識」を実現した、アドバンストシーン認識システム。
  • 画角の異なる2つの撮像範囲を、表現意図に合わせて使い分けできるマルチエリアモードフルHD Dムービー。
  • ガラスペンタプリズム使用、視野率約100%(FXフォーマット)、倍率約0.7 倍の高性能ファインダー。
  • 自動明るさ調整が可能な、約92万ドット、広視野角、強化ガラス採用の3.2 型液晶モニター。
有効画素数
約3630万画素
動画機能
フルHD動画対応(1920×1080 30p)
連写
4コマ/秒
液晶サイズ
3.2型TFT 液晶、約92万ドット(VGA)
記録メディア
SDXC/SDHC/SDカード(UHS-I対応)、コンパクトフラッシュ

完売しました

完売しました

ニコン D800E

ボディ

ニコン

D800E【ボディ(レンズ別売)/デジタル一眼】

ビック特価:266,590税抜

消費税21,327円 税込287,917

ビックポイント:28,791ポイントサービス(税込特価の10%分)

ニコン D800E【ボディ(レンズ別売)/デジタル一眼】をカートに追加する

数量限定16時間出荷5年保証加入可

D800の高い基本性能と機動性を一切損なうことなく、より高い解像感を実現するために設計されたモデルです。

便利でお得なショッピングローン
ただ今ご利用いただくと、12回払いまで
無金利 でとてもお得!
  • 高い基本性能と機動性を一切損なうことなく、より高い解像感を実現するために設計されたモデル
  • 光学ローパスフィルターの働きをなくし、NIKKORレンズからの光をより直接的にフォトダイオードへと導くことで、有効画素数36.3メガピクセルの解像力を最大限に引き出し、高い鮮鋭感が求められる風景や美術品の撮影に適した、極めて解像度が高く立体感のある画像が得られます。
  • その他の機能、性能はD800と同一です。
※撮影画像は、被写体や撮影条件によってモアレや偽色がD800の撮影画像より目立つことがあります。
※光学ローパスフィルターのIR コーティングおよび反射防止コーティングの機能は、D800 と同一です。色再現性も変わりません。

ニコン『D800』外観

image

▼ クリックで大きな画像を表示 ▼

正面

背面

右側面
(AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

左側面
(AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR)

上面

底面

ME-1装着

MB-D12装着

ストロボアップ

SB-910装着

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED装着

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G装着

D800/D800E Digitutor 製品紹介映像

動画を見る
D800/D800E Digitutor の動画を見る
動画を試聴する

ニコン『D800/D800E』主な特長

―高解像度、広い撮像感度域―

新開発ニコンFXフォーマットCMOSセンサー

有効画素数は世界最高※の36.3メガピクセル。新開発のニコンFXフォーマットCMOSセンサー(35.9×24.0mm)がNIKKORレンズのシャープな描写力とあいまって、中判デジタル一眼レフカメラや中判デジタルバックに匹敵するほどの解像感をもたらし、200dpiでA1サイズ(594×841mm)までの引き伸ばしや、トリミングすることを前提とした撮影もできます。また、14ビットA/D 変換と高いS/N 比により、ノイズが少なく、豊かな階調表現を実現。さらに動画についても、36.3メガピクセルがもたらす豊富な情報量を最適に処理し、解像感と鮮鋭感の高いフルHD映像を実現しています。
※2012年2月7日現在。35mmフィルムサイズに準じた撮像素子搭載のレンズ交換式デジタル一眼レフカメラにおいて。

高い解像感とモアレや偽色の低減性能を高次元でバランスさせた光学ローパスフィルター

一般的にデジタルカメラは、微細なパターンの被写体で発生しやすいモアレや偽色を軽減する、光学ローパスフィルターを撮像素子に組み合わせています。しかし、光学ローパスフィルターは、モアレや偽色を抑制する働きをする一方、解像感を低下させるという特性も持っています。D800では、この2つの特性の最適なバランスを見極め、モアレと偽色を効果的に抑えながら、36.3メガピクセルの解像感を引き出します。また、多層構造の光学ローパスフィルターには各レイヤーに反射防止コートを施し、高い透過率を実現。効率的にフォトダイオードに光を取り込み、よりシャープで透明感の高い画像を提供します。

―高画質、高速画像処理―

優れた高速処理能力を実現する画像処理エンジンEXPEED 3

有効画素数36.3メガピクセルのデータを高速で処理するため、画像処理エンジンには、デジタル一眼レフカメラに最適化したEXPEED 3を採用。画質重視で設計したEXPEED 3は、特に色再現性、階調処理、高感度画質に優れており、色回りを抑え、人物の肌色をより忠実に再現します。しかも、画像処理からカードへの記録、画像再生、転送にいたるまでの膨大な量のデータ処理を高速で実行。これにより高感度ノイズ低減やアクティブD-ライティング使用時でも、通常の連続撮影と同じ速さで撮影できます。さらに、1920×1080/30pのフルHD動画にも対応。動画においても、ノイズの少ない豊かな階調表現が可能です。

―アドバンストシーン認識システム―

91KピクセルRGBセンサーでより高精度な自動制御を実現する
アドバンストシーン認識システム

D800は、D4同様アドバンストシーン認識システムを採用しています。システムの要は91Kピクセル(約91,000ピクセル)RGBセンサー。約91,000ピクセルの画素を駆使して撮影シーンを精査し、かつてないレベルの詳細なデータを基に、撮影シーンの色や輝度を厳密に分析し認識します。このシステムはまた、「光学ファインダー撮影時の顔認識」※を実現。厳密に分析し、正確に認識したデータを応用することで、より高精度なオートフォーカス、自動露出、i-TTL 調光、アクティブD-ライティング、オートホワイトバランスなどを実現します。
※ファインダー内の表示で顔認識の制御を確認することはできません。

被写体追尾性能、顔へのピント精度が向上した位相差AF

被写体の色や明るさの情報を使ってピントを合わせる「3D-トラッキング」と「オートエリアAF」。この2つのAF エリアモードは、91KピクセルRGBセンサーの高い解像度により得られる、より正確な情報や被写体認識の向上によって飛躍的に進化しています。「3D-トラッキング」は、91KピクセルRGBセンサーの高い解像度とそれに最適化したアルゴリズムにより、かつてない被写体追尾性能を発揮。より詳細なパターンを認識し、高い精度で安定して被写体を追尾します。「オートエリアAF」は、従来の肌の色を認識する被写体判別とは異なり、顔を認識し、高精度に人物の顔へピントを合わせます。スナップ撮影に非常に有効です。

―広範囲をカバーする低輝度にも強いオートフォーカス―

低輝度環境下での合焦能力を高めた51点AFシステム

有効画素数36.3メガピクセルの高解像度を活かすために、アドバンストマルチCAM-3500FX オートフォーカスセンサーモジュールによる51点AFシステムを採用し、厳格なAFを実現。感度向上と51点すべてのフォーカスポイントでの低ノイズ化を実現し、−2EV(ISO 100・20℃)という月明かり程度の低輝度環境下でもAFが可能です。また中央部15点には、すべてのAF NIKKORレンズで有効な、f/5.6 対応の被写体捕捉性能の高いクロスタイプセンサーを採用しています。さらに、11点(中央部5点+中段左右各3点)のフォーカスポイントはf/8に対応※。1.4×および1.7×テレコンバーター使用時においても、ストレスのないAFを実現しており、超望遠のNIKKORレンズと2×テレコンバーターの組み合わせで合成F値が8になる場合でも、確実なAFが可能です。
※中央の1点はクロスセンサーとして、他の10点はラインセンサーとして機能します。

多彩な被写体に対応するAFエリアモード

D800は被写体に合わせて選べる4つのAF エリアモードを搭載。「シングルポイントAF」は、ピンポイントで被写体にピントを合わせる時に有効。[9点]、[21点]、[51点]からエリアを選べる「ダイナミックAF」は、選択したフォーカスポイントとその周囲のポイントを使って、動く被写体に的確にピントを合わせます。「3D-トラッキング」と「オートエリアAF」は91KピクセルRGBセンサーによるアドバンストシーン認識システムと連動。「3D-トラッキング」では、被写体をより詳細に認識して高精度に追尾し、動く被写体を自由な構図で撮影できます。また「オートエリアAF」は、「ファインダー撮影時の顔認識」により、特に人物撮影で高いピント精度を発揮します。

―プロユースにも対応する本格的な動画機能―

有効画素数36.3メガピクセルを活かした新しいフルHDクオリティー

D800のDムービーは、36.3メガピクセルという高画素による豊かな情報を最適に処理し、解像感・鮮鋭感の高い映像を提供します。また、EXPEED 3により、ブロックノイズを防いで青空の階調も滑らかに表現し、高感度ノイズ低減で暗い場所の動画撮影でも効率的にノイズを抑えます。さらに、撮像素子の動画読み出しレートの高速化で、パン撮影や、列車のような水平に速く動く被写体を撮影する際に発生するローリングシャッターによるひずみも大きく改善しています。1920×1080、30pのフルHDに対応しており、動きを滑らかに表現したい場合などには60p(1280×720)も選べます。映像圧縮にはH.264/MPEG-4 AVC 方式を採用。最長で29分59秒※の動画撮影が可能です。
※ 動画の最長記録時間は、画像サイズ、フレームレート、動画の画質の設定によって異なります。また、微速度撮影の最長記録時間は20分です。

―快適な撮影をサポートする良好な視野―

FXフォーマットで視野率約100%、倍率約0.7倍(※)を実現した光学ファインダー

ガラスペンタプリズム使用のファインダーはFXフォーマットで視野率約100%、倍率約0.7倍※。シャープなピントを自然な見えで確認できるよう設計したファインダースクリーンとあいまって、FX フォーマットならではの大きく明るいファインダー像を提供します。
※50mm f/1.4 レンズ使用、∞、ー1.0m-1のとき

―プロフェッショナルの信頼に応える高度な基本性能―

軽量で堅牢な構造、防塵・防滴ボディー

マグネシウム合金を採用し、D700と同等の堅牢性を保ちながら約10%の軽量化を実現。また、効果的なシーリングを施すことで高い防塵・防滴性も確保しています。

高速・高精度メカニカル駆動制御機構

D800では、シャッター、ミラー、絞りをそれぞれ独立して駆動させる、高速・高精度なメカニカル駆動制御機構を開発。最高約6コマ/秒※1※2(DX フォーマット)の高速連続撮影、D4に匹敵するレリーズタイムラグ約0.042秒※ 1を実現しています。その結果、ライブビュー時にはミラーアップしたままシャッターがきれるほか、ステッピングモーターによる絞り駆動で、動画ライブビュー中のパワー絞りの駆動音を軽減しています。
※1:CIPAガイドライン準拠。
※2:AFモードがAF-C、撮影モードがSまたはM、1/250 秒以上の高速シャッタースピード、MB-D12装着時(EN-EL18、単3形電池使用またはACアダプターを接続)で、その他が初期設定のとき。

高精度、高耐久性シャッター

シャッターユニットは、実装状態で約20万回にもおよぶレリーズテストをクリアー。プロユースに応える高い耐久性を備えています。また、設定されたシャッタースピードと実際の作動スピードとの誤差を、シャッターモニターが常にチェックし自動的に検出。誤差を最小限に抑え、高精度を維持します。

CF/SDメモリーカードダブルスロット

CFカード、SDメモリーカード各1枚を同時にセット可能。CFカードは、より高速なUDMA7にも対応。SDカードは、UHS-I 規格対応のSDHC・SDXCメモリーカードも使用可能です。両方のスロットを使って[順次記録]、[バックアップ記録]、RAW画像とJPEG画像を別々のカードに記録する[RAW+JPEG 分割記録]のいずれかを選べます。カード間で記録画像のコピーも可能。また、動画撮影時には、空き容量が十分なカードが入っているスロットを選択できます。



前のページに戻る